【スポンサードリンク】
  



私は現在、雇われの身で心理カウンセラーをしています。


一時は臨床心理士で独立開業を夢見た時期もありましたが、その夢はまだまだ先に取っておこうと考えています。


よくスクールカウンセラーや非常勤の心理士で独立開業を目指す人がいます。

私もその一人でしたが、その多くは失敗して収入がほとんどない状態でカウンセリングルームを畳むことになります。


その理由ですが、非常勤カウンセラーで独立をする人の多くは、常勤職・正社員で働けないから開業をするのだと思います。


正社員と非常勤(アルバイト)では仕事の責任も内容もスキルアップも雲泥の差があります。


例えば、スクールカウンセラーを週に3回だけして臨床が十分できて、他は研修に積極的に出ている人がいるとします。

一方は、正社員で事務作業がメインで、臨床がほとんどできておらず、仕事が忙しいために研修に出れない人です。


両者を見比べた場合、一見すると前者の方がカウンセリングはできるでしょう。

しかし、開業や生きていく力という点では後者の方が大分スキルは高いです。


正社員で10年以上も務めることができれば、かなり世間や社会というのが理解できます。

また、その中で自分自身の強みや弱みもある程度わかってきます。

特に自分の弱点というのは、正社員として組織の中で働いたことがないとなかなか実感できない部分ではないかと思います。


ある心理士は「スクールカウンセラーだけの経験しかない人は、臨床家として使えないことが多い」と言っています。

スクールカウンセラーは完全に一人職場で誰も教えたり叱ってくれる人がいない状態で、教師からは「専門家」として尊敬される立場になるので、どうしても独りよがりな仕事になってしまいがちです。

また、失敗しても最終的に責任を持つのは教師か学校なので、そんなに責任を持たされることはありません。それで日給が3万円はもらえます。

そういったスクールカウンセラーの仕事しか経験のない人は、臨床家としての社会性やセンスが圧倒的に不足していることが多いというのは私も納得するところです。


独立開業は非常に難しいです。

まず独立開業するのであれば、ある程度の社会性と常識を兼ね備えておく必要があります。

そして、それは実際に組織の中で働かないと身に付くものではありません。


何度も痛い目を見て、その中で向き合って、ようやく身に付くものだと私は思います。


やはり社会人として正社員を10年は経験しておかないと、独立開業しても失敗するだろうと思います。


スポンサーサイト
2017.04.29 Sat l カウンセラーになりたい人へ l コメント (0) トラックバック (0) l top

私は現在発達障害の支援の仕事をさせていただいています。


ただ、なかなか仕事には慣れず、発達障害の支援の難しさを日に日に実感しています。


発達障害の支援が難しい理由についてですが、私自身が彼らを「発達障害」というカテゴリーで見てしまっているところがあるからではないかと思います。


もちろん、「発達障害」という視点で見ることは大切です。

そこに彼らの生きづらさ、適応のしにくさがあり、そこを理解してくためには、発達障害と言う視点は非常に必要だと思います。


しかし、一方で、その発達障害にとらわれ過ぎていた自分もいたと反省しています。


この子自身の苦しさやしんどさに寄り添うという支援、この子がどうすれば楽しく生きれるかという支援、その上でこの子が生きていくために何を伝えていかないといけないかという支援。。。。


もっと幅広く、深く、この子のことを考えていくことがとっても必要なんだと思います。


そのためにはもっと勉強と修行が必要です。

子どものために自分に何ができるか、そして自分がどうあるべきか・・・


これをしっかりと見つめなおして向き合うことが今後の自分に必要なのだと、今の仕事を通して思いました。

今の仕事はまだ2か月も経っていないですが、ようやくスタートが見えてきたような気がします。


毎日何かを持って帰りながら、日々の子どもとの関わりを通して、自分の臨床力と人間性を上げていきたいと思います。


ここまで読んでいただいてありがとうございました。







2017.04.27 Thu l 発達障害 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

今回は愚痴についてです。

愚痴を言うと運気が下がります。
愚痴を言い続けると、イライラや不満が増加し、結果としてメンタルヘルスが悪化するのです。

カウンセリングでは愚痴を言い続けるクライエントが大変多いのですが、どこかで愚痴ではなく「クライエントができること」に転換していかないと、イライラや不満を残したままカウンセリングを終えることになります。
カウンセリング中に愚痴から「できること」に変えていくというのは、カウンセラーの腕の見せ所の一つなのです。

とは言っても、愚痴を言わないまま・・・というのもストレスが溜まってしまうものです。

なので、私個人の意見としては、愚痴は言ってもいいと思っています。
少しの愚痴であれば、友達との話のタネになるし、共有し合うことによってつながりが強固になります。
そのつながりから安心感が出て、今の現状を乗り越える原動力にもつながります。

ただ、愚痴の言い過ぎは禁物。
愚痴はお酒や娯楽とよく似たところがあります。

少量で有れば緩衝材として、人生を楽しく生きるのに役立ちますが、多用してしまうと却って不幸を招きます。
お酒を飲みすぎると気持ち悪くなったり、仕事や人間関係に支障が出るのと同じことです。
また、ギャンブルもたまにはいいですが、毎日ストレス解消代わりに使うと、かえって借金の増加や仕事・人間関係に支障が出てしまいます。
また、怖いのはお酒やギャンブルに依存してしまうと、確実に幸せになることは難しくなるでしょう。

愚痴も同じです。
たまになら、少しであれば、人生の緩衝材としてとっても役立ちます。
しかし、多用し、そこの快感におぼれてしまって、愚痴依存症になると確実に惨めになります。

愚痴は少量で、そしてほどほどに・・・が幸せのコツなのです。
2017.04.25 Tue l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。
久しぶりの投稿です。

今の私は仕事が新しくなってバタバタしています。
また、その中で、神戸研究会と不登校親の会の準備で追われました・・・。
さらに今週の日曜日に事例検討会があり、その発表者なので、その準備でもかなり忙しい日々となりました。

※事例検討会とは、カウンセラーや心理士などの専門家同士で、一つの事例を発表者が発表し、どこが悪かったか、どこが良かったかを検討していく会です。臨床と言うのは本や研修会だけでなく、こうして生の事例に向き合って考えるというのも大切な勉強なのです。

忙しくさせていただいて本当にありがたい限りですが、ブログの更新や研究会・親の会のメールの返信がかなり遅くなってしまいました。もう少し、自分の仕事をしっかりとコントロールできるようにしていかないといけないなと反省しています。

ようやく事例検討会の資料は8割方完成したところです。

しかし、読み返してみると「もっとこういう風にできたんじゃないか」とか「なんでこういう返事をしたんだろう」とか、反省するところばっかりです。

今度の事例検討会で、どんな意見が出るのか、どう私が用意した事例が深まるのか、とっても楽しみにしながら、残りの2割を仕上げていこうと思います。
2017.04.25 Tue l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

今回は怒られたときの気持ちの持ち方についてお話ししたいと思います。

私は基本、怒られることがかなり多い人間です。

それだけ私自身がまだまだ人として完成していないところがあるのだと思います。

以前の私は、怒られると「なんでそういうことを言うんだ」「こいつは俺のことを全くわかっていない」と思い、素直に聴けないところがありました。

その分、プライドだけは無駄に高くて、人の話を聴こうとしないところがあり、そのために周りの人から敬遠されることもしばしばでした。

だからこそ、30過ぎていらない失敗もたくさんしましたし、人間としてダメな部分をたくさん見せられ、凹むことも多々ありました。

今は新しい職場に入りましたが、それでも怒られることはたくさんあります。

ただ、今の私は怒られたというよりも、「教えてもらった」という思いのが方が強いです。

考えないといけないことは、「なぜ、今私が怒られたのか?」という視点で考えることです。

人生に意味がないことは一つとしてありません。

怒られたこと自体に意味があります。

それはおそらく、「あなたはまだ価値があるから、あなたの人間性を高めるために」怒られたのです。

つまり、怒られたのではなく、「あなたにはまだ価値があるから、教えてもらった」という視点で考えていくことです。
こうした考え方は「選択」です。

怒られれば怒られるほど、あなたの人間性は高まります。
そこに感謝をしていくことが大切です。

自分の至らなさを教えてもらったことに感謝をし、そのことを素直に受け取ること。
こうした考えを持つことが、実は怒られたときの、一番の心の持ち方だと私は思っています。

メンタルが弱い人の特徴は、すぐに自分の我が出てしまうことです。
(一概には言えませんが・・・)

「自分はできる」という考えは非常に危険だと思います。

そうした我を取り去り、素直に聴いていく姿勢こそが、実はメンタルを強くする秘訣なのだと私は思います。

まだまだ私自身も修行中です。

その分、自分を磨くことができる機会を頂いていることに本当に感謝です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビクトール・フランクル絶望の果てに光がある [ 諸富祥彦 ]
価格:699円(税込、送料無料) (2017/4/3時点)




↑私の考え方はフランクルの考え方に依拠しています。
人生には意味がある。あなたが生きていること自体が意味がある。
私の座右の銘です。

2017.04.03 Mon l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味