【スポンサードリンク】
  



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
お久しぶりです。
あまりにも長い期間ブログの更新を止めているので、心配をおかけてしている方も多々おられると思います。

ご心配をおかけして申し訳ありません。

ちょっと最近ごたごたしていまして、ブログの更新がなかなかできない状態です。
なので当面の間、ブログを休止させていただきます。

いつも楽しみに読んでおられた方もおられるようで申し訳ない限りです。

ではでは。
失礼いたします。

スポンサーサイト
2015.09.21 Mon l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は久しぶりに選択理論のことについて
書いてみたいと思います。

世の中には外的コントロールが
あふれています。

それは人間自体が
周囲をコントロールしたいという思いを
持っている生き物だからで、

グラッサー自身も
「私たちは外的コントロール依存症だ」
と明言しています。

グラッサーは
「外的コントロールをなくすことが私の使命だ」
と言っていますが、
外的コントロールをなくすことは
まず不可能です。

外的コントロールをなくすことなど、
私たちにはできません。

相手を変えることはできないからです。

じゃあ、何ができるのかと言えば、

○外的コントロールに振り回されない
 生き方を身に着ける。

○外的コントロールを使わない選択をしていく。

です。

しかし、そうした生き方を身に着けていくことは
なかなか困難です。

そのため、選択理論心理学を学び、
ロールプレイを練習していくことで、
外的コントロールに振り回されない生き方を
身に着けていくことが必要なのです。

5月10日は神戸支部の研究会です。

まだまだ空きがありますので、
ご参加の方は田中まで一報ください。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2015.05.07 Thu l 選択理論 l コメント (1) トラックバック (0) l top
こんにちは。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

私は今日はお休みでした。

何とか今の生活に慣れつつあります。

さてさて、今日は休みだったので、
選択理論心理学会 神戸支部のホームページや
ブログの変更などを行っていました。

神戸支部のホームページは
URLを変えています。

なので、前と同じURLでは行くことができなくなりました。

お気に入り登録している方は
お手数ですが、URLの変更をお願いします。

選択理論心理学会 神戸支部のホームページ

はこちらです。

ちなみに中身はほとんど変わっていません(笑)

それから、神戸支部のブログですが、
タイトルのみの変更です。

神戸支部の勉強会については、
引き続きこのブログで更新をさせていただきます。

里見先生が引き続き支部長をされる
尼崎支部ですが、こちらの研究会のご案内は、
私のメーリングリストより、ご案内をさせていただきます。

案内希望の方は、
下記よりメールいただければ、
メーリングリストにご登録いただけます。

join-amasentakuriron.oBK7@ml.freeml.com

それでは、どうぞ今後とも尼崎支部・神戸支部を
よろしくお願いします。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2015.05.05 Tue l 神戸支部のあれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。

いかがお過ごしでしょうか?

今回はお知らせを2点させていただきます。

1.選択理論心理士に合格。
一つはやっと選択理論心理士の
試験に合格したことです。

実は去年に試験を受けたときに
上手くロールプレイができず、
ペンディング扱いになってしまいました。

ペンディングとは、協会が出した課題に取り組んで
協会側がOKと判断したら合格にするという処置です。

まあ、なぜそうなったのかは自分の中である程度、
結論が出ているのですが、再度飯島先生に
コンサルティングをお願いしてペンディングをしていました。

それで何回かロールプレイ指導を行い、
レポートを出した結果、改めて合格した次第です。

最初試験に落ちたときは、
私に協力してくれた方たちに対して、
情けないやら申し訳ないやらで、
本当に辛かったです。

その悔しさをバネにして、ペンディングに取り組んで、
やっと合格してこうした結果を伝えられたことを
嬉しく思います。

2.神戸研究会から神戸支部へ。
今まで私は選択理論心理学会の
尼崎支部の支部長代理として、
神戸研究会のリードを担当してきました。

この度、選択理論心理学会の承認を得て、
神戸研究会から神戸支部へと昇進しました。

そして、晴れて神戸支部の支部長となりました。

これからも選択理論の普及と発展に
尽力してまいりたいと思います。

ちなみに、尼崎支部は引き続き
里見先生が担当されます。

なので、実質上は、
尼崎支部と神戸支部が別れたという形になります。

近々、合間を縫って
新しく神戸支部のホームページとブログを
作成していく予定です。

神戸支部は引き続きブログで案内できますが、

尼崎支部の今後の案内については、
メーリングリストを通して行っていく予定です。

案内希望の方は、
下記よりメールいただければ、
メーリングリストにご登録いただけます。

join-amasentakuriron.oBK7@ml.freeml.com

それでは今後とも尼崎支部と神戸支部を
どうぞよろしくお願いします。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2015.05.04 Mon l 神戸支部のあれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。

大分仕事にも慣れてきて、
ストレスも軽減してきました。

何とか、つぶれず辞めずにいられそうです(笑)

さてさて、
カウンセラーをしている人は、
一般的にはストレスに強い傾向があります。

(もちろん、例外もありますが)


それは、生まれつきというよりも、
後天的な要因が大きいです。


ストレスと言うのは、
単純に嫌なことやプレッシャー
というわけではありません。

このことをしっかりと理解できるようになると、
ストレスにはかなり強くなり、
対処の仕方も柔軟にできるようになります。

また、「人によってストレスの感じ方が違う」
ということも大切な情報です。

「それくらい我慢できるよ」
というアドバイスが、その人には良くても
相手には全く逆効果になることがあります。

だから、「自分はどういうストレスに弱いのか」
ということを知ることは非常に大事なことです。

これを知っておくと、事前に準備ができ、
ストレスの対処できるようになります。

カウンセラーと言う職種の人は、

ストレスのことを理解しており、
自分のことをしっかりと理解しており、
ストレスの対処の仕方を身に着けているため、

だからこそ、ストレスに人一倍強いのです。

そして、カウンセリングでクライエントに
ストレスの対処の仕方について
助言することもできます。

それから、大切なことですが、
ストレスは誰でも学べば、
ある程度強くなることができます。


(もちろん、個人差がありますが・・・)

5月10日の神戸研究会では、
心理テストを行って自己理解を深めます。

そこから選択理論を使って
自分らしいストレスの対処の仕方を
一緒に考えたいと思います。

先着10名までなので、
ご希望の方はお早めに田中まで連絡ください。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


2015.04.24 Fri l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アンチエイジングの意味