【スポンサードリンク】
  



こんばんは。
なかなかブログが更新できずすみません。
先週は妻と東京に行ったり、また新しい職場との調整や研修が重なってしまって、なかなか更新ができませんでした。
東京旅行はとっても楽しかったです。
スカイツリーやジブリの森に行けましたし、とてもよい時間を過ごせました。

東京旅行中にやっとグラッサーのテイクチャージを読破することができました。




正直言うと、今までの選択理論の本と比べて、めちゃくちゃ面白かったです。

個人的にはグラッサー博士の選択理論より読みやすく、「なるほど」と思えるような内容でした。

以下、ちょっと抜粋します。
・もし私たちが自分の人生の舵を取りたければ、いかなる二人も同じ写真を共有することはできないという認識が、周囲にいるすべての人とかかわる際の不可欠な要素とならねばならない。

・うまくやっていけばいくほど、より多くのイメージ写真をまた共有できるようになる。

・効果的な変化を創造する努力をしている私たちにとって、習得するためのもっとも難しいレッスンの一つは、あるものが、わたしの欲しいものと違うという理由で「悪い」というレッテルを貼らないようにすることだ。

・私たちは、真の葛藤を抱えているときに、できるだけ効果的に何もしないでいることが、どれほど価値あることかを理解できていない。

・もし私たちが苦痛や障害を抱えて動けなくなれば、葛藤を抱えている人を支援できないだろう。

・わたしの意見では、私たちが自分の人生の舵を握ろうとしているときに、私たちの行動のなかで、批判は唯一もっとも破壊的な行動だ。

・私たちが惨めになる選択をしても、求めているものが手に入らず、よりよい選択肢があると私たちが信じると濃い、私たちは素早く惨めであることをやめてしまうだろう。

などなど。
上記がどういう意味を持つかは、実際にテイクチャージを読んでいただけるとはっきりとわかるようになります。

また、2月26日にある選択理論研究会では、テイクチャージの「葛藤の解決の仕方」を中心に学びを共有したいと思います。

興味がある方はぜひご参加ください。



スポンサーサイト
2017.02.20 Mon l 選択理論 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。
今日はかなり冷え込んでいますね。私は今から東京に行くのですが、無事に行けるかどうか、帰ってこれるかどうかかなり不安です。

さて、今日お話ししたいのは、「発達障害という言葉に惑わされない」ということです。

特に自閉症スペクトラムやADHDといった一昔前の軽度発達障害と呼ばれる発達障害は、かえって発達障害という診断がついたことで、悪影響を与えてしまったケースが多々あります。

例えば、アスペルガーの空気を読めないという部分ですが、これを「障害だから仕方がない」と放っておくと後々大変なことになります。
しかし、「障害だから直そう」と思うと逆に悪化してしまうところがあります。

この考え方がまずいのは、「障害だから」と障害という視点だけでしか子どもを見ていないところです。

子育て、教育というのは、子どもそのものをしっかりと見つめないとできません。
アスペルガーやADHDの子どもの支援というのは単なるノウハウでは難しいところがあります。
本の通りにやってもうまくいかない・・・なんてことはよくある話です。

それもそのはずで、これらは「本の通りにすれば子どもが上手くいくんだ」という考えと同じことで、本の通りに子育てができるはずがありません。

日々、子どもと接し、その中で子どもとの人間関係を育み、それらを土台にして子育てができるというもの。
発達障害という視点だけで子どもを捉えると、子どもの良いところや思い、頑張っているところなど、その子自身が見えなくなります。

そうなると、子どもとの関係が悪化し、より一層子どもは自分の殻の中に閉じこもるようになります。
これが「障害だから」という考えが非常にまずい理由なのです。

まずは、障害という視点をいったん脇に置いて、その子自身を見つめてみましょう。
その子が今何を頑張っているのか、良いところはどこか、何を思っているのか、それをしっかりと感じ取るようにしましょう。

有能な医師や教師ほど、この感覚が非常に優れています。
その上で発達障害という診断名をうまく使いこなしているのです。

発達障害という診断名は、その子自身の困り感や行き詰っているところを支えるために使うためのものです。
(例えば、診断名が出てお薬を貰うことで子どもが頑張りやすくなった、アスペルガーのところを見て視覚的に捉えるのが得意だから、視覚的な情報を使ってわかるようにしよう・・・など)

しかし、その子の困り感がわからないと、まず何もすることができません。
むしろその子にとって邪魔でしかないのです。

まずは、子どもの困り感を理解することから始めてみましょう。
それが子どものより良い支援につながり、社会性を養うことにもつながるのです。
2017.02.09 Thu l 発達障害 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近になってようやくいろんなことの目途が立ってきました。
明日は妻と久しぶりに東京へ旅行に行ってきます。

この2年間、本当にいろんなことを学ばせていただきました。

一つは自惚れの強かった自分を改める機会を頂いたことです。

思えば、自分自身、自信がなく、甘えの強かったこともあり、その反動でかなり自惚れていました。
本当に反省です。

ずっと一人職場でいて結構カウンセリングでもうまく言っていたので、自分は何でもできる・・・と思っていたのですが、それは大きな間違いでした。

人は周りの人と助け合っていかないと生きていくことはできません。
そこに気づけるかどうか、そうした人間関係を持てるかどうかは、人が幸せに生きていくためには必須条件だと思います。

一人では何もできません。

今日も妻がいてくれて、仕事を頂けて、電車に乗って職場に行くことができて、その他いろんな人たちが支えてくれるから、今日もこうして生きることができるんだと実感しています。

本当に感謝です。

自分が何でもできると思ったら大間違い・・・に気づかせていただいたなあと思います。

もちろん、まだまだのところも多々あります。
周りに感謝をしていくためには、それだけ自分が成長しないといけません。
少なくとも周りに安心感を与えられるような人間にはならないといけませんし、自分の欲望や願望のために生きていっては人に感謝などできません。
自分は一人でできないからこそ、周りに感謝できるよう日々成長していかないといけないと思うのです。

まだまだ至らないところもある、それが周りに申し訳ないと思いながら、日々頑張りたいと思います。

そのために人は生かされているんだとしみじみ思うのです。

明日は夜行バスで東京へ妻と旅行に行ってきます。
いつもお世話になっている妻にせめてもの恩返しをしたいなあと思います。

ではでは、皆様今日も素敵な一日をお過ごしください。
2017.02.08 Wed l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

神戸支部2月の研究会の予定です。

テーマ:葛藤について。
 葛藤の解決の仕方について、グラッサーのテイクチャージを基に考えていきます。参加者はテイクチャージを持参していただけるといいのですが、なくても大丈夫です!!選択理論からみた葛藤の解決の仕方を一緒に学びましょう。



リード:田中勝悟 (臨床心理士・選択理論心理士)

日程:2017年2月26日(日) 13:30~16:00

場所:神戸市勤労会館 304号室(3階)

場所
http://www.kobe-kinrou.jp/shisetsu/kinroukaikan/index.html

JR三ノ宮駅東出口下車で徒歩3分、神戸市中央区役所の隣にあります。
9階建てのビルで5階と6階以外が勤労会館になります。

参加費:1000円

連絡先 (田中勝悟)
(PC)   syougotanaka0209@yahoo.co.jp
(携帯)  s.t09083871385@ezweb.ne.jp

参加希望の方は上記アドレスにメールをしてください。
(携帯・PC)どちらでも可です。
また今回は先着10名のため、なるべくお早目にメールをお願いします
2017.02.04 Sat l 神戸支部のあれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。
久しぶりの投稿です。

先日、コンビニで置いてあった手塚治虫のブッダを立ち読みして、どうしても全部読みたいと思い、ネットで予約しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新装版ブッダ(全14巻セット) [ 手塚治虫 ]
価格:7061円(税込、送料無料) (2017/2/4時点)




感想ですが、むちゃくちゃ面白かったです。

途中、涙が止まらなくなり、手塚治虫先生がどれだけ天才なのかを思い知らされる作品でした。

特にブッダが悟りを開いたころからがすごかったですね。

私が共感した人はアナンダという人物です。

このアナンダは悪魔の洗礼を受けて生まれた人で、常に人を憎み、自分の私欲のために人殺しをしてきた人です。
アナンダは最終的には殺されかけるのですが、そこに現れたブッダが彼を救います。

悪魔からの挑発や誘惑に耐え、アナンダから悪魔を追い払い、救うのです。
その後、アナンダはブッダの弟子になるのですが、彼を待ち受けていたのは、「人殺し」という罪を背負いながら生き続けることと、周りからの非難と報復に耐え続けるという修行です。

途中、ブッダの後継者を探す旅に一人で出るのですが、そこでも「人殺し」という罪のため、行く先々で人々から石を投げられ、リンチにあいながらブッダからの使命を果たすという壮絶な修行に出ます。

心がくじけそうになりながらも、「これはブッダから与えられた修行だ」と心を奮い起こして、最後には後継者を見つけるという大役を見事果たすのです。

最後までブッダの世話をし、最後の時までお供をしていました。

このアナンダの自分の罪と闘っていく生き方は本当に涙なしでは語れません。

「こんな俺がブッダの弟子でいていいのか?」と常に自問自答する姿は、何というか他人ごとには思えなかったのです。

人は生きながら罪を抱えて生きている・・・と私は信じています。
そして罪を償うために、苦しみ、それに耐えていくことで、人は幸せになっていきます。

もしかすると、精神疾患や不幸に多くは罪を償うために、神様がお与えになったものかもしれません。

それに向き合っていくことが人生であり、人の生きる道ではないかと思うのです。

アナンダは好き好んで、悪魔に魅入られたわけではありません。
もし、運命が異なっていたら、もっとより良い生き方があったはずです。それくらいアナンダは純粋でまっすぐなキャラクターとしてブッダでは描かれています。

本当はアナンダが悪いんじゃないけれども、アナンダが前世から受けてきた罪を償うために、神様がそういう運命を与えた・・・ともいえるでしょう。

それに真摯に向き合い、自分の運命に打ち勝ち、ブッダの弟子として一生を終えたアナンダの生き方は、本当に魂が揺り動かされるものがありました。

他にも自分の欲に目がくらんで自滅したダイバータッタ、生きたままオオカミに進んで食われたアッサジ、ブッダの教えを受けながらも復讐で身を滅ぼしたタッタなど、ブッダには本当に魅力的な人物が多かったです。その人たちの生きざまに涙が止まらなかったです。

涙が止まらなかったのは、彼らが抱えている苦労や悩みが、私たち現代人と変わらないからかもしれません。
その人たちに寄り添い、語りかけるブッダの言葉は、私たち現代人がどうすれば幸せになれるかのヒントを一つ一つ授けてくれているような感覚を覚えました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

新装版ブッダ(全14巻セット) [ 手塚治虫 ]
価格:7061円(税込、送料無料) (2017/2/4時点)




手塚治虫のブッダ、現代人にこそ本当に読んでほしい本です。

2017.02.04 Sat l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味