【スポンサードリンク】
  


先日の選択理論心理学研究会の中で、「うつで休職する前に、それを防ぐ方法はなかったのか」という議論がありました。


私たちの人生では、絶えずいろんなことが起こります。


うつで休職したり、夫婦関係がうまくいかなくなって離婚したり、仕事を首になったり、子どものトラブル、ご近所トラブルなどなど。


こうしたことを防ぎたいという気持ちを持つのは至極当然です。


ただ、大切なことですが、選択理論を学んだからと言って、勉強をたくさんしたからと言って、いろんな経験を積んだからと言って、こういう人生上のトラブルをすべて避けることは不可能です。


どこかで人生が崩れてしまって、かなり苦労するってことは誰でもあり得ます。


若いころに成功した人でも、後半になって崩れてしまうというケースは多々あります


だから、「人生で失敗しないように、崩れないように・・・」と思うのではなく、「長い人生、一度くらいは崩れてしまってしんどい思いをしてもいいんじゃないか」と思うのです。


よく子どもに「苦労をさせないように」といろんなことを教えようとしますが、苦労せずに聞いただけの知識と、実際の苦労から得られた知恵とでは雲泥の差があります。


また、苦労をすればするほど、人としての力も育ってきます。


人生はある程度苦しんで、崩れて、しんどい思いをした方がいい。

逆にそのために人生があるんだ。


そういう思いで生きていくことが、楽に生きるためのヒントなんじゃないかなと思います。



スポンサーサイト
2018.01.31 Wed l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top

こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


最近ブログの投稿が頻繁になっていますが、これは予約投稿です。

このブログが公開されているときは、私は仕事をしていると思います。


さてさて、今回は心が強い人についてお話をしたいと思います。


心が強い人というのは、どんな逆境でも耐えられる・・・という人ではありません。

また、どんな手段を使っても他人を不幸に陥れても心が痛まない人でもありません。


心が強い人というのは、いろんなことに感謝ができ、謙虚であって、素直な人のことを言います。


どんだけ自分がつらい状況に陥っても、今生かされていることの感謝ができ、周りへの気配りができ、そして我を出さない生き方ができることを「心の強い人」と言えます。


自分だけのことしか考えないのであれば、いかにうまくいっていようが逆境に強かろうが、それは「心が弱い人」だろうと思うのです。


「心が強い人」というのは、あくまでも我を出さないで、「周りのことを考え続けられる人」だと思います。


そうした人は本当にすごいと思います。


私のカウンセリングの経験からも、我の強い人ほど、すぐにつぶれてしまい、うつ病もなかなか治りません。


一方で、謙虚で周りのことを考えられる人ほど、うつ病はすぐに治ってしまいます。また、周りの人が助けてくれ、そっとやそっとじゃへこたれない強さを持っています。


まあ、そういう私はどうかと言えば、まだまだ我欲が強いので、「心が弱い人」ですね。


日々、生かされていることに感謝しつつ、周りを笑顔にしながら研鑽したいと思います。



2018.01.12 Fri l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top

こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?


カウンセラーとして生きてきましたが、「もう生きるのが嫌だ」と思ったことはたくさんあります。


カウンセラーはメンタルヘルスの専門家ですが、だからといって心を病まないというわけではありません。


そもそもメンタルヘルスを勉強しただけで、心が強くなるのであれば、この世からうつ病なんてなくなっているはずです。


それくらい人生ってしんどいことの連続だと思います。


しんどいこと、苦痛なことを楽にする方法なんてありません。


あるのはただ一つ、乗り切る・乗り越えるということだけです。


そして、乗り越えたときに人としてまた一歩成長し、そして心が強くなっている。


また、つらいことがあったときも、乗り越えることで、自分が成長している。


人生とはそうした連続だと思います。


結論を言えば、人生は自分磨きの連続だということ。


今も私は人生からいろんな磨き粉をいただいて、自分磨きをさせていただいているという感じがあります。


その中で、今できることを選択して、少しずつ成長させていただいている。


そうした考え方をしていくことが心を強くする秘訣なんじゃないかと思います。



2018.01.10 Wed l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top

こんにちは。


いかがお過ごしでしょうか。


今回は鈍感力の身につけ方についてお話ししたいと思います。


カウンセリングに来られる方のほとんどは繊細な方が多いです。


繊細ゆえに必要以上に傷ついてしまい、不安定になってカウンセリングを希望されます。


こういった人たちに対して、いかに鈍感力を身につけるかということもカウンセリングの目的の一つでもあります。


鈍感力を身につける一番の方法は「現実を客観的に理解すること」と「自分の立ち位置をしっかりと確立する」ということです。


例えば、朝挨拶をしたら無視された。

そしてよく見たら、自分以外にはしっかりと挨拶している。

これだけで傷ついてしまう人は結構います。


ええ、私も傷つきます。

嫌われたんじゃないだろうか、何かしてしまったんじゃないだろうか・・・と。


こういう時に無視した人のことを考えれば考えるほど、気持ちがぐるぐるとしてしまい、他のことは考えられなくなってしまいます。


最悪、情緒不安定になってしまい、頭痛や吐き気・胃痛など体になにかしら反応が出てしまうこともあるでしょう。


この時に最初にすることは、「まず耐える」ということです。

そして、よく周りを観察し、客観的な情報を集めるということ。


そうなると、その人がなぜ挨拶を無視するのかがわかってきます。


その人が嫌いな人に対して無視したり、嫌がらせをしてくる人なのかもしれません。

たまたま、その日一週間だけ虫の居所が悪く、あなたにそのはけ口をしていたのかもしれません。

もしかするとあなた以外にもそうした対応をしている人なのかもしれません。

人間的に問題にある人かもしれません。


客観的に現実がわかれば、だんだんとわかってきます。

逆に情報が少なければ、解釈は曖昧となり「わかったつもり」になってしまいます。


大事なのは客観的に情報をしっかりと集め、その人がなぜそうした行動を取っているかを解釈し、理解すること。


「ああ、そうだったのか」とわかってくれば、心に余裕が出てき、その人の嫌がらせもある程度スルーできるようになります。

つまり、鈍感力がアップします。


それから、自分が嫌な思いをしているからと言って、そのストレスを周りにぶつけないようにすることも大切です。


周りの人も大切にする姿勢が必要なのです。

そうすることで、あなたのその場での立ち位置が確立し、あなたに協力してくれる人も増えてきます。


そうするともっと余裕ができ、ある程度傷つくことがあっても、スルーできるようになるのです。


要約すると、

まずは客観的に情報を集め、適切に理解すること。

自分の立ち位置を確立し、仲の良い人を増やすこと。


この2点を作ることが鈍感力を身につけるためにとても必要なことだと思います。


以上、鈍感力の身につけ方でした。






2017.08.20 Sun l メンタルヘルス l コメント (1) トラックバック (0) l top

こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


私は今から不登校親の会のくろーばーのファシリテーターと選択理論神戸研究会の講師のために、三宮まで電車に揺られているところです。


不登校親の会くろーばーについてはこちら


選択理論心理学会 神戸研究会についてはこちら


ありがたいことに仕事はまだ続けさせてもらえています。


辞めたいと思ったことも何度かありましたが、かろうじて仕事を許されている状況に感謝です。


ただ、毎日が忙しいのでブログを更新する時間がなかなか持てないのがつらいところですが、今は感謝の気持ちで乗り切りたいと思います。


私は新しい仕事に就いた際、「まず3か月は頑張ろう」と目標に決めました。


目標を立てる際に、一番してはいけないことは、いきなり高い目標を立てることだと思います。


高い目標を立てると、そこしか見えなくなってしまい、何かトラブルがあった際に足元がすくわれてしまう危険があります。

また、なかなか目標に到達できないと、モチベーションが下がってしまい、やる気を失ってしまいます。


目標は短期で達成しやすいものにすることが大切です。

それをコツコツと歩いていく感じ。

達成できたら、そのことにしっかりと感謝する。


こういう姿勢で取り組むことが大事なんじゃないかと思います。


真面目にコツコツと取り組むことが目標を達成する一番の秘訣だと最近は本当に感じています。





2017.07.09 Sun l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】


    スポンサードリンク
   

アンチエイジングの意味