【スポンサードリンク】
  



こんにちは。


いかがお過ごしでしょうか。


今回は鈍感力の身につけ方についてお話ししたいと思います。


カウンセリングに来られる方のほとんどは繊細な方が多いです。


繊細ゆえに必要以上に傷ついてしまい、不安定になってカウンセリングを希望されます。


こういった人たちに対して、いかに鈍感力を身につけるかということもカウンセリングの目的の一つでもあります。


鈍感力を身につける一番の方法は「現実を客観的に理解すること」と「自分の立ち位置をしっかりと確立する」ということです。


例えば、朝挨拶をしたら無視された。

そしてよく見たら、自分以外にはしっかりと挨拶している。

これだけで傷ついてしまう人は結構います。


ええ、私も傷つきます。

嫌われたんじゃないだろうか、何かしてしまったんじゃないだろうか・・・と。


こういう時に無視した人のことを考えれば考えるほど、気持ちがぐるぐるとしてしまい、他のことは考えられなくなってしまいます。


最悪、情緒不安定になってしまい、頭痛や吐き気・胃痛など体になにかしら反応が出てしまうこともあるでしょう。


この時に最初にすることは、「まず耐える」ということです。

そして、よく周りを観察し、客観的な情報を集めるということ。


そうなると、その人がなぜ挨拶を無視するのかがわかってきます。


その人が嫌いな人に対して無視したり、嫌がらせをしてくる人なのかもしれません。

たまたま、その日一週間だけ虫の居所が悪く、あなたにそのはけ口をしていたのかもしれません。

もしかするとあなた以外にもそうした対応をしている人なのかもしれません。

人間的に問題にある人かもしれません。


客観的に現実がわかれば、だんだんとわかってきます。

逆に情報が少なければ、解釈は曖昧となり「わかったつもり」になってしまいます。


大事なのは客観的に情報をしっかりと集め、その人がなぜそうした行動を取っているかを解釈し、理解すること。


「ああ、そうだったのか」とわかってくれば、心に余裕が出てき、その人の嫌がらせもある程度スルーできるようになります。

つまり、鈍感力がアップします。


それから、自分が嫌な思いをしているからと言って、そのストレスを周りにぶつけないようにすることも大切です。


周りの人も大切にする姿勢が必要なのです。

そうすることで、あなたのその場での立ち位置が確立し、あなたに協力してくれる人も増えてきます。


そうするともっと余裕ができ、ある程度傷つくことがあっても、スルーできるようになるのです。


要約すると、

まずは客観的に情報を集め、適切に理解すること。

自分の立ち位置を確立し、仲の良い人を増やすこと。


この2点を作ることが鈍感力を身につけるためにとても必要なことだと思います。


以上、鈍感力の身につけ方でした。






スポンサーサイト
2017.08.20 Sun l メンタルヘルス l コメント (1) トラックバック (0) l top

こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。


私は今から不登校親の会のくろーばーのファシリテーターと選択理論神戸研究会の講師のために、三宮まで電車に揺られているところです。


不登校親の会くろーばーについてはこちら


選択理論心理学会 神戸研究会についてはこちら


ありがたいことに仕事はまだ続けさせてもらえています。


辞めたいと思ったことも何度かありましたが、かろうじて仕事を許されている状況に感謝です。


ただ、毎日が忙しいのでブログを更新する時間がなかなか持てないのがつらいところですが、今は感謝の気持ちで乗り切りたいと思います。


私は新しい仕事に就いた際、「まず3か月は頑張ろう」と目標に決めました。


目標を立てる際に、一番してはいけないことは、いきなり高い目標を立てることだと思います。


高い目標を立てると、そこしか見えなくなってしまい、何かトラブルがあった際に足元がすくわれてしまう危険があります。

また、なかなか目標に到達できないと、モチベーションが下がってしまい、やる気を失ってしまいます。


目標は短期で達成しやすいものにすることが大切です。

それをコツコツと歩いていく感じ。

達成できたら、そのことにしっかりと感謝する。


こういう姿勢で取り組むことが大事なんじゃないかと思います。


真面目にコツコツと取り組むことが目標を達成する一番の秘訣だと最近は本当に感じています。





2017.07.09 Sun l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top

気持ちの整理がつかない時の対処法についてお話したいと思います。


気持ちの整理がつかない場合は、とにかく気持ちを外に出すことです。


箱をイメージしてみてください。

箱にいろんなものを詰め込んでしまい、どこに何があるのかわからない状態で、箱自体が一杯一杯になっている状態です。

その上に、新たに何かを詰め込もうとすると箱が壊れてしまうかもしれません。


これが気持ちの整理がつかない状態です。


こういう時は、箱の中身をいったん出して、まずは何が入っていたのか、どこにどうあったのかを見てみる必要があります。

そうなると大半はいらないものだったかもしれません。


いらないものを箱から出すだけでもかなり中身はすっきりします。

すっきりすると、箱の中身がよくわかるようになり、今度はちゃんと見えるように整理することができます。


つまり、気持ちをしっかりと吐き出すこと。いったん外に出してしまうこと。

親しい人がいれば相談する、話すといいです。


誰にも話したくない場合、箱がかなりぐちゃぐちゃになっている場合は、いったん紙に書き出す方法もありです。

書き出したものを見て、いらないものに線を引いていくだけで、気持ちがどんどん楽になります。


それでも難しい場合は、カウンセリングを受けるという手もあります。

カウンセリングでしっかりと出すことができれば、自然と気持ちが整理できるようになります。


以上が、気持ちの整理がつかないときの対処法です。

皆さんの参考になれば幸いです。


2017.06.08 Thu l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top

こんにちは。


今回はメンタルヘルスが病みやすい人の特徴について書かせていただきたいと思います。


メンタルヘルスが病みやすい人はどんなイメージがあるでしょうか?

心が弱い人?

すぐにつぶれる人?

自分の意見を出せない人?

我慢する人?


私自身もメンタルがすごく病みやすいところがあるのと、不登校・引きこもりなどの方とお会いすることが多いので、この辺りはかなり真剣に考えることがありました。


結論を言えば、メンタルヘルスが病みやすい人の特徴は、「我が強い人」「自分が強すぎる人」「自分を出そうとしすぎてしまう人」だと私は考えています。


不登校や引きこもりの方の特徴は、とにかく「我が強いこと」です。

日生学園の青田先生風に言えば、「個性が強すぎる」ともいえるでしょう。


我が強い人はとにかく周りとの雰囲気や考えの違いにさらされることになります。

それを敏感に感じてしまうと、今度はその違いが「周りからのプレッシャー」になってしまいます。


さらに、自分を出そうとしても、周りがそれを受け取ってくれるわけではありません。

そうした時に「あの人は私のことを理解してくれない」と思ってしまうと、一層周りとの間に壁ができてしまい、メンタルを悪化してしまうことになります。


選択理論的に言えば、「自分の上質世界に固執している状態」と言えます。


自分の上質世界の固執していると、段々と愛と所属の欲求が満たされなくなり、同時に他の欲求充足をすることが難しくなるのです。


その結果、精神的に不安定になり、メンタルヘルスが悪化してしまいます。


メンタルヘルスが病んでいる人ほど、自分の我に固執してしまう傾向があります。

そうではなく、周りに合わせる、周りのことを考えていけるようになることがメンタルヘルスの改善には必要です。

最初は自分がなくなりそうで怖いと感じるかもしれません。

しかし、一歩踏み出して、周りに合わせる選択、自分ではなく周りのことを考える選択をしてみると、時間はかかりますが、思いのほか心が軽くなることに気づくと思います。



2017.05.09 Tue l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか。

今回は愚痴についてです。

愚痴を言うと運気が下がります。
愚痴を言い続けると、イライラや不満が増加し、結果としてメンタルヘルスが悪化するのです。

カウンセリングでは愚痴を言い続けるクライエントが大変多いのですが、どこかで愚痴ではなく「クライエントができること」に転換していかないと、イライラや不満を残したままカウンセリングを終えることになります。
カウンセリング中に愚痴から「できること」に変えていくというのは、カウンセラーの腕の見せ所の一つなのです。

とは言っても、愚痴を言わないまま・・・というのもストレスが溜まってしまうものです。

なので、私個人の意見としては、愚痴は言ってもいいと思っています。
少しの愚痴であれば、友達との話のタネになるし、共有し合うことによってつながりが強固になります。
そのつながりから安心感が出て、今の現状を乗り越える原動力にもつながります。

ただ、愚痴の言い過ぎは禁物。
愚痴はお酒や娯楽とよく似たところがあります。

少量で有れば緩衝材として、人生を楽しく生きるのに役立ちますが、多用してしまうと却って不幸を招きます。
お酒を飲みすぎると気持ち悪くなったり、仕事や人間関係に支障が出るのと同じことです。
また、ギャンブルもたまにはいいですが、毎日ストレス解消代わりに使うと、かえって借金の増加や仕事・人間関係に支障が出てしまいます。
また、怖いのはお酒やギャンブルに依存してしまうと、確実に幸せになることは難しくなるでしょう。

愚痴も同じです。
たまになら、少しであれば、人生の緩衝材としてとっても役立ちます。
しかし、多用し、そこの快感におぼれてしまって、愚痴依存症になると確実に惨めになります。

愚痴は少量で、そしてほどほどに・・・が幸せのコツなのです。
2017.04.25 Tue l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味