FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

「発達障害」のカテゴリを含む記事


    スポンサードリンク
 

アスペルガーが会話をするときどんなことが起こっているか?

今回はアスペルガー症候群、今では自閉症スペクトラム障害とか広汎性発達障害と言われている人たちのことを書いていこうと思います。私自身、臨床を始めたころは、アスペルガー症候群や高機能自閉症という呼び方が主流でした。    スポンサードリンク  それから広汎性発達障害という用語が表れてきましたが、医者の中には「アスペルガー障害や高機能自閉症の方が見立てがしやすい」という人もいました。私自身も自閉症性ス...

発達障害の人が向いている仕事の探し方

こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。発達障害の人が向いている仕事の探し方についてお話します。発達障害の人は向き不向きが普通の人と比べてかなり落差が激しいのが特徴です。例えば、自閉症スペクトラム障害(広汎性発達障害)の人は、相手の気持ちを察するのが苦手なので、対人関係を基本とする営業職や接客業はかなり不得手です。特にチームワークを必要とする仕事や周りの空気を察知して柔軟に対処しないといけない仕事は...

発達障害の支援が難しい理由

私は現在発達障害の支援の仕事をさせていただいています。ただ、なかなか仕事には慣れず、発達障害の支援の難しさを日に日に実感しています。発達障害の支援が難しい理由についてですが、私自身が彼らを「発達障害」というカテゴリーで見てしまっているところがあるからではないかと思います。もちろん、「発達障害」という視点で見ることは大切です。そこに彼らの生きづらさ、適応のしにくさがあり、そこを理解してくためには、発...

療育とは何か?

こんばんは。いかがお過ごしでしょうか。私は3月より新しい仕事に携わっております。まだまだ慣れない状況が続いていますが、何とか元気でやっている状態です。周りの人たちもいい人が多く、恵まれた環境で仕事をさせていただけることに本当に感謝です。さて、今回は療育についてお話したいと思います。療育とは字の通り、「治療」と「育てる」というのが合体した言葉です。この療育という言葉は10年以上前にはすでに出てきてい...

「発達障害」という診断がつくことの問題点

こんばんは。今日はかなり冷え込んでいますね。私は今から東京に行くのですが、無事に行けるかどうか、帰ってこれるかどうかかなり不安です。さて、今日お話ししたいのは、「発達障害という言葉に惑わされない」ということです。特に自閉症スペクトラムやADHDといった一昔前の軽度発達障害と呼ばれる発達障害は、かえって発達障害という診断がついたことで、悪影響を与えてしまったケースが多々あります。例えば、アスペルガーの空...

Top