【スポンサードリンク】
  



こんばんは。
昨日は尼崎支部の研究会、今日は箱庭療法の勉強会に参加してきました。
箱庭療法の研究会ではスクールカウンセラーの方もおられ、同じ学校現場、一人職場での悩みを話し合うことがありました。
「そっかあ、こういう悩みは他のスクールカウンセラーの方も同じなんだ」とホッとしました。
まあ、ホッとするだけではダメなので、そういう実態があるんだと受け入れて、また今後の臨床を頑張ろうと思います。

ところで、私はカウンセラーとして臨床を続けているのですが、本当に自分の性格・気質にあった理論や師匠を選ぶというのは大切なことだと実感しています。

例えば、私が選択理論をメインにしているのは、選択理論の考え方が私に合っているからです。
師匠も幸い私に合う方でした。
そのため、私の臨床は師匠の影響がかなり強いのですが、それはとりわけ師匠の考え方が私に合っているからです。

私は大学の時は精神分析や、ユング派の臨床を学んだ時期もあったのですが、合わなかったせいか、かなり拒絶反応が出
ました。また傾聴主体のカウンセリングやクライエントを受け入れるやり方も私には合いません。

私は合いませんが、逆に精神分析がとても合う人もいます。
これは相性というか、個人差が大きいので、致し方ないところです。

ただ、全く自分に合わない臨床理論ややり方に従事すると悲惨です
自分に合わないやり方を続けると、当然ですが拒絶反応を起こします。
拒絶反応が起こるというということは、ストレスを感じるということです。
つまり、ストレスを感じながらカウンセリングをすることになります。

こういう人は、わかっていないの半ば強引にカウンセリングをしようとしてしまい、、その結果クライエントを意味もなく傷つけてしまいます。
例えば、クライエントを受け入れるカウンセリングがどうしても合わないという人はいます。そう言う人が、受け入れ方がわからないのにクライエントを受け入れようとすると、カウンセリング自体が苦痛になります。

言い換えれば、子どもの愛し方がわからないのに、子どもを愛そうとするお母さんのようなものです。そんなことを続けると当然ですが、ストレスで心身共に参ってしまいます。そんなお母さんはふとしたきっかけで子どもを怒鳴ってしまい、子どもを傷つけてしまうことが多いのです。
(ちなみに、そうしたお母さんの場合、子どもの愛し方がわかれば簡単に上記の悩みは解決できます。要はその親子に会った愛情の伝え方があり、それを学べばいいだけなのです)

合わないやり方でカウンセリングを続けるということは、ウソのカウンセラーをクライエントの前で演じ続けないといけません。その結果、どこかでストレスが生じ、クライエントを傷つけてしまい、そのことでカウンセラー自身も自己嫌悪に陥る結果になります。

恐らく、カウンセリングが上手でないカウンセラーの大半は、「自分と合わないカウンセリング技法にこだわり続けている人」が多いのではないかと推測しています。

ただ、合わないのであれば、自分に合うやり方を目指せばいいだけです

私は臨床心理士を目指したいという後輩に対して、強く言うのは「自分に合った理論をまずは見つけなさい」ということです。
それくらい自分に合うやり方や師匠を見つけることは大切です。
それだけに10年近くも費やす人も珍しくはありません。

でも、あきらめなければ必ず道は開けます。

もし長年カウンセラーをしていて、「いくら努力してもカウンセリングが上手くならない」と悩んでいる人は、是非一度、自分が師事している考え方や理論が自分に合っているのかどうかを吟味してみる必要があると思います。

ぜひ、あきらめず、自分らしいやり方、臨床理論を見つけていくこと。
そして、一度見つけたら、それにしばらくはしがみついてみること。
それがカウンセリングの上達の近道でもあります。

今回は臨床心理士を目指す学生・院生に向けて書かせていただきました。
皆さんの学びの参考になれば幸いです。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

スポンサーサイト
2014.08.17 Sun l カウンセラーになりたい人へ l コメント (0) トラックバック (0) l top
もうすぐお盆ですがみなさんいかがお過ごしでしょうか?

私は本を読んだり、アフィリエイトに勤しんだりと、まあ悠々自適に過ごしております。

ちなみに時間がある理由はスクールカウンセラーがお休みだからです。
休みなのはいいですが、収入がなくなるので、結構しんどいですね。

自分で選んだこととはいえ、臨床心理士の世界は基本高学歴・低収入です。
なので結婚できない人もたくさんおられるのも現状です。
カウンセラーが国家資格となる話が出ていますが、この現状が改善されることはないでしょう。
看護師や薬剤師のように、どこでも仕事があるという状態にはなかなかならないのではないかと思います。

ちなみに、この現状は非常勤職のみならず、正社員の職に就いた時にも同じことです。
それくらい臨床心理士の仕事は収入面で厳しいのです。

私は臨床心理士を目指す学生に伝えたいことは、できれば学生や院生の時に、稼ぐノウハウを学んでおくべきだと思います。

具体的に言えば、不労所得の方法を学んでおいた方が良いということです。

不労所得とは簡単に言えば、働かなくても得られるお金のことです。
例えば、アフィリエイトが挙げられます。
アフィリエイトはやり方さえ学べばある程度は誰でも稼ぐことはできます。
時間はかかりますが、時間のある大学生の時からアフィリエイトを学んでおくとよいでしょう。
おススメはこの本です。

また、投資も有効です。ただ、投資も勉強と知識と経験が必要です。

当然ですが、働かないで収入を得るのですから、それまでの苦労は当然あります。
講座や教室に行くなど、それ相応の諸経費も必要ですし、興味がない人は全く持ってつまらないと感じるでしょう。

しかし、所得とメンタルはかなりシンクロしているのも事実です。
明日、飢え死にするほど余裕がないのに、良いカウンセリングをすることなどできません。
良いカウンセリングをするためには、安定した収入と、何よりも自分自身が幸せで満たされていることが必要です。

カウンセラーはクライエントが幸せになるのを支える仕事です。
だからこそ、カウンセラー自身が幸せになるんはカウンセラーの責務でさえあると思っています。

その上で、不労所得の知識を知ることはかなり必要ではないかと思うのです。
経済面で安定すれば、クライエントを安定して支える可能性が高くなりますからね。

そのためにも、不労所得のノウハウや知識を学生・院生時代に学んでおいた方が良いと思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.08.12 Tue l カウンセラーになりたい人へ l コメント (6) トラックバック (0) l top
心理カウンセラーは誰でもなれる職業なのか?

たまにですが、「心理カウンセラーになりたい」という方とお話をすることがあります。
中には「この人は絶対に向いていないなあ」という人ともお会いすることがあります。

ただ、そういう人たちに対して、私は「あなたは向いていないよ」ということを伝えることはしません。
カウンセラーとしての現場の事情や実際にあったケース、修羅場などを詳しく丁寧にお伝えするだけです。
特に私が痛い目にあった話をします。

大抵の方は、「そんな大変な仕事は無理だなあ」と現実を知って、他の道を選ばれることも多いです。
カウンセラーの仕事は他の仕事と比べて、良いイメージを持たれやすいようです。
心屋仁之介のセラピーのような、ちょっとした言葉で心がどんどん表れて変わっていくような、そういうイメージがあるのかなあと思います。

しかし、実際は自殺未遂やリストカットなどの危険な場面もあったり、殴られそうになったり、不用意な発言で症状悪化して謝罪しに行ったりすることもあります。のほほんとしているように見えて、結構危ない仕事でもあります。

鈍感な人に勤まる仕事ではありませんが、「傷つきやすいから向いている」という人は間違いなく心を病みます。また「過去の傷が治りきっていない人」もお勧めできません。過去の傷と同じ境遇のクライエントが来た場合、確実に相手を害してしまうからです。

※ちなみに「過去の傷が治る」というのは、例えば虐待されたことを笑顔で気にせず普通に話せるように、昔のことが気にならなくなる状態です。無理やり抑え込むのとは違います。

カウンセラーは「誰にでもなれる仕事」ではありません。
なるのは簡単ですが、カウンセラーであり続けるのは非常に難しい仕事であると思います。


ただ、上記の話を聞いた上で、「いや、だからこそしたいんです。カウンセラーになりたいんです。」という方に対しては心から応援したいと思っています。


良いカウンセラーになるために必要なのは、

修羅場を経験すること、
それを乗り越えるガッツと根性があること、
勉強意欲があること、
良い師匠とカウンセリング理論に出会えること、


です。

ちなみに、多くの著名な臨床家の中には、「あなたはカウンセラーには向いていない」と面と向かって言われた人もいます。
私もたびたび「あなたはカウンセラーに向いていないよ」と遠回しに言われ続けました。
(正確には「仕事を変えた方が良い」ですが・・・)

なので、私は「カウンセラーに向いているかどうか」はそう簡単に決めつけないようにしています。
本当にカウンセラーに向いていないかどうかは、本人が決めるべき」というのが私の持論です。
そして、その人が「良いカウンセラーになりたい」と思っているうちは、出来る限り支えていきたいと考えています。


なお、「カウンセラーになりたいんだけど自分はどうなんかな」と考えておられる方は、こちらをどうぞ。
出張カウンセリングという形になりますが、それでもよければカウンセリングの現実やどうすればなれるかについて余すことなくお伝えさせていただきます。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.03.07 Fri l カウンセラーになりたい人へ l コメント (0) トラックバック (0) l top
今年ももうすぐ終わりを迎えます。

私はこの一年で特に心血を注いだのはアフィリエイトです。
不労所得を得るために、アフィリエイトスクールも行きました。

※アフィリエイトとはブログ内に広告を張り付けて、訪問者が広告をクリックしたり、私が紹介した商品を購入したら自動的に私のところに収益が入るというネットビジネスの一つです。

カウンセラーというのは、とにかくお金が入りません。
なので、結婚や自立を諦めているカウンセラーというのは結構多いのです。また、カウンセラーの仕事の傍らバイトを重ねている人も多いのです。さらに言えば、共働きでなければ家庭を持つことはまあできません。となると、出産・育児は特に難しくなるといえます。

私は既婚者なので、収入のなさは直結して危機的状況に追い込まれることになります。
そして、お金のない危機的状況から、即座に精神的に不安定になってしまい、結果としてクライエントを害してしまうことにもなりかねません。いや、そうなったこと確かにあります。

誤解を恐れずに言えば、カウンセラーにとって大切なのは安定した収入源の確保だと思うのです。カウンセラーが不安定だとより良いカウンセリングはまあできなくなります。

そこで、去年(2012年)は、何とか収入を増やそうと仕事を増やした結果、過労のため車の事故を3度もしました。物損事故のみのため、よかったのですが、修理代にかなりの貯金が消えました(泣)

仕事を増やして、事故を起こして逆に貯蓄が減るのは本末転倒です。

そこで仕事を減らしました。この生活を続けると恐らく死ぬかもしれないと思ったからです。
さらに追い打ちとして、スクールカウンセラーの旅費が削られ、半ば自腹で遠方の地まで行かないと行けなくなりました。ただ、スクールカウンセラーは好きだったし、子どもたちの笑顔を見たかったので、頑張って行くことにしました。

しかし、収入がかなり減ってしまったのです。
また、私は非常勤職なので、休み=無収入につながります。ボーナスも出ないし、これ以上収入が増える見込みが0になってしまったのです。

このままではマズイ・・・。

精神的に大分不安定になった時期です。プライベートでは結構荒れました。
そうですね、今年の6月~8月くらいの辺りです。収入の減少と精神状態は結構比例します。
もちろん、プロとしてクライエントを害するカウンセリングをすることはなかったと思いたいのですが・・・。

ただ、自分の身は自分で守らないといけません。
特にフリーランスは、自分で自分を守れなければ話になりません。

先が見えない不安を打破しようと思い、手を出したのがアフィリエイトです。
目的は不労所得を何とかして得ることです。

※不労所得とは、働かないで得られる収入のことです。アフィリエイトの他に、株の投資やイーポジ戦略などが不労所得に当たります。

当然、働かないで収入を得ることになるので、それができるようになるためにかなりの苦労をすることになります。
また独学でやるのはまず不可能です。
アフィリエイトを独学で大きな利益を出せる人なんてそうそういませんし、いたとしたらよほどの幸運か天才かのどちらだと思います。また地味な作業の連続(ブログの作成など)で、その作業を一人で続けるのもよほど根気がいります。

まあ、私の場合は近くに良いアフィリエイトスクールがあって、そこで一から基礎を身に着けることにしました。
おかげさまでやっとこさ月5千円ほどは稼げるようになってきつつあります。

まだまだこれからですが。

来年はもう少し収益を上げていきたいと思っています。

ちなみに私がアフィリエイトにはまったきっかけは竹内先生のブログに触発されたことです。

アフィリエイトも簡単に儲かるとは言い難いですが、カウンセラーで収入で悩んでいる皆さん方、ぜひ試してみる価値はあるかと思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
2013.12.27 Fri l カウンセラーになりたい人へ l コメント (0) トラックバック (0) l top
これは私個人の意見ですが、私は性格や気質学に精通できていないないとカウンセリングはできないのではないかと考えています。

気質とは、遺伝的に備わっている性格で、一生涯変わらない性格の部分です。
例えば、野心的な性格の人は生まれた時から上手く行かないとイライラすることが多く、人の気持ちを汲む優しい性格の持ち主は生まれた時から周りの人の気持や表情を伺ってから行動することが多かったはずです。

生まれつき性格に良い悪いはなく、大切なのは上手に付き合っていくことです。

また、ある人には「上手く行くと考えれば大丈夫だよ」というアドバイスが有効でも、別の人にはそれが逆にプレッシャーとなる場合もあります。

そのため、相手の気質や性格をカウンセリングの最初の段階で把握するスキルがカウンセラーにはかなり求められているのではないかと思います。

ただ、問題は性格学や気質学を教えてくれる授業はカウンセリングスクールを始めとして、大学や大学院でもほとんどないということです。

精神分析はなぜ人がそのような性格を抱くようになったのか、そのメカニズムについて教えてくれますが、気質については教えてはくれません。
行動療法や認知行動療法は、なぜそのタイミングや状況でそうした行動をとるのかのメカニズムが理解できますが、人によって思考がなぜ異なっているかの説明はしていません。そうした考えや認知をするから、こうした行動が起こるというのが認知行動療法の説明です。

そのため、カウンセリングの本を読むと「?」と思ってしまうような箇所に出くわすことが何度もあります。

例えば、
「ある日、悪いことをしていないのに、急に理不尽に先生に怒られてしまい、それがしこりとなって1週間後に不登校になってしまったA君」というケース。

これは経緯については書かれていますが、その子供の性格・気質については書かれていないため、なぜ起こったのかの説明ができません。

ここで、A君がもともと持っている性格として、見通しがつかないと不安で、その不安から誰か大人や先生に絶えず「これでいい?」と確認を取ろうとするところがあるとします
(選択理論でいえば、生存の欲求が高く、自由の欲求が低いタイプと思います。ちなみにエニアグラムではタイプ6に当てはまると思います)。
こういう気質の人は大人が言ったことをしっかりと守ろうとします。また、叱責されるのが苦手なタイプが多いため、言うことを守ることに非常にエネルギーを使うところがあります。

このようなA君本来の気質があることがわかれば、恐らくA君は先生に怒られないように日々エネルギーを使って、言うことをしっかりと守ろうとしてきたはずです。しかし、先生の勘違いで急に怒られたため、A君としては今までの自分なりのやり方がわからなくなります。
タイプ6の人に対して、「わからない状況」というのはかなりのストレスです。
またこうした状況は初めてのことで非常に混乱してしまい、それでも学校へ行くものの、常にエネルギーを最大限にして過ごし他だろうと思います。そのため、1週間でガス欠を起こして行けなくなった。

こういう風に気質を理解できると、非常に立体的に深みをもってその人を説明することができます。
立体的に見えることで、支援の仕方や支え方にもより一層深みを増すことができます。

ちなみに、こうした知識は大学でも教えてくれないため、ほぼ独学で本を読んだり、ワークショップに参加するしか学ぶ術はないと思います。ただ、カウンセラーを目指している人は必須の知識だと私は日々の臨床業務の中で感じております。

私の場合は選択理論心理学の基本的欲求というのをベースにしていますが、最近はエニアグラムにもはまりつつあります。選択理論の基本的欲求とエニアグラムの関係について、また私の中で整理がつけばブログで書きたいと思います。
↓ ↓ ↓ ↓




ただ、エニアグラムは結構難解なので、もし気質、生まれつき性格について興味がある人は下記の本をお勧めします。非常にわかりやすく気質とその付き合い方について書かれています。入門編としてはばっちりです。
↓ ↓ ↓ ↓


また、選択理論の観点から気質、生まれつきの性格を知りたい人はコチラからどうぞ。
付き合い方や自分の受け入れ方のヒントが見つかると思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
2013.11.02 Sat l カウンセラーになりたい人へ l コメント (3) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味