FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

「カウンセラーになりたい人へ」のカテゴリを含む記事


    スポンサードリンク
 

カウンセラーがすごいのではない。クライエントがすごいのだ。

今回は自戒の念を込めて。カウンセリングでは時折、ものすごい展開を見せるケースがあります。また、カウンセラーが働きかけて、それでクライエントが良くなったというケースというのもあります。その時に、カウンセラー自身が「俺はすごいカウンセラーだ。だって、こんな風にクライエントを解決に導いてやったんだから」と思ってしまうと、それは大きな誤りです。カウンセラーの働きかけによって、クライエントが動いたから、ケー...

発達障害の人でもカウンセラーになれるのか?

発達障害の人でもカウンセラーになれるのか。※ここでの発達障害とはADHD、アスペルガー障害、LDといったひと昔でいう軽度発達障害を指します。    スポンサードリンク  例えば、アスペルガーの人は相手の気持ちに共感することがなかなかできないので、カウンセラーに不向きであるイメージがあります。また、発達障害の人は能力に偏りがあるので、常識的に知っていることを知らなかったり、周りの雰囲気でどうすればい...

ケースワークとカウンセリングの違い

こんにちは。今回はケースワークとカウンセリングの違いについてお話をしたいと思います。どちらも相談支援という枠組みでは同じものなのですが、理論背景や専門性は全く異なります。  まず、ケースワークとは社会福祉士や精神保健福祉士が行うものです。一方でカウンセリングとはカウンセラーが行うものです。ケースワークの基盤は法律です。DV防止法や児童福祉法、障害者福祉法など、福祉の法律に基づいて相談を受けます。その...

カウンセラーになりたいならまずは公認心理師を!!

こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。カウンセラーを目指している人にお会いすることがあるのですが、昔は「カウンセラーになりたかったらどんな資格でもいいですよ」と言っていました。臨床心理士をはじめ、産業カウンセラーやメンタルケア心理士、チャイルドカウンセラーなどはすべて民間資格で、後は信頼性の問題しかありませんからね。その中で臨床心理士が一番信頼性が強く、就職に有利なのですが、費用や労力を考えるとか...

失敗に気づく能力

こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。昨日は職場の歓迎会に参加しました。なかなか有意義な時間を過ごせました。歓迎会でベテランの保育士さんとお話していたのですが、皆さん「よく関わり方を失敗して、反省の毎日です」と言っていて、あんなに上手に関わっているのに、失敗に気づけるセンサーの高さにびっくりしました。プロとして働く上で一番の能力は「失敗に気づけるセンサー」だと思います。例えば、カウンセリングは一対...

Top