【スポンサードリンク】
  



こんにちは。


いかがお過ごしでしょうか。


私は今の仕事とは別に不登校親の会くろーばーの代表をしています。


不登校についてカウンセラーや医師に相談しても、なかなか解決法を提示してくれることはありません。


それは、不登校という問題がかなり難しいから・・・ということではなく、彼らの多くが不登校の原因や解決法を知らないからです。


不登校の原因を家族や学校、つまり外側に求めると解決は難しくなります。


いじめが原因で学校に行けなくなった場合、いじめが解決されれば子どもは間違いなく学校に行けます。

家庭環境に問題があれば、それが改善されば確実に学校に行くことができます。

先生が嫌いだからという理由であれば、先生が変われば学校に行けます。


しかし、不登校の子どもはそうではありません。


いじめられても学校に生き続ける子どもはたくさんいますし、虐待を受けていても学校に行っている子はいます。

教師に問題があったとしても、ほとんどの子どもは学校に行けています。


原因を外側に考えると、確実に不登校の問題は行き詰ってしまいます。


学校や家庭の問題は、実は不登校のきっかけであって、本当の原因は子ども自身にあるのです。


そこを理解できるようになると、不登校の解決法は簡単に見つかります。


ただ一番難しいのは、原因は全ての子どもに当てはまるのですが、解決法は子どもによって全く違うということ。


これは子どもや親の気質、きっかけ、不登校の継続期間などで大きく変わります。


原因について知りたい方は、不登校親の会くろーばーをご覧ください。

また、解決法を知りたい方は、親の会に参加いただければ、一緒に考えることができます。


それでは失礼いたします。


スポンサーサイト
2017.10.08 Sun l 不登校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか。

私は新しい仕事が思いのほか忙しくてブログの更新がままならない状況です。
仕事で役立っている感じが持てるのは非常にありがたいことです。

この「役立っている感じ」というのは不登校や発達障害の支援には非常に大切なことなんですね。

不登校の子どもは学校に行けなくなった、学校に不適応になってしまった時点で「社会の中で役に立っていない」という感覚を強く持っています。

もちろん、その感覚は自分で選んだものであり、周りが働きかけてもなかなか持てるようになるものでもありません。
ただ、ポイントがあるとすれば、同世代の友達同士、年の近いもの同士の関わりでしょうか。

そうした「大切にしたい人」を作ることが不登校支援の大きなポイントになります。

さてさて、明日は不登校親の会くろーばー5回目です。

不登校の子どもと親を応援する会

テーマ :「不登校の子ども理解するコツ」
リード : 田中 勝悟(スクールカウンセラー)
アシスタント:湊 順一郎(不登校の子どもを持つ父親)
日時 : 2017年3月19日 9:30~10:30
場所 : 神戸三宮勤労会館 305号室
参加費: 1000円(部屋代・資料代込み)
対象者: 不登校、引きこもり、ニートの子どもを持つお父さん・お母さん

参加希望者は「お問合せ」よりご連絡ください。
2017.03.18 Sat l 不登校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
お久しぶりです。

久しぶりに記事更新しました。
いろいろと問題や苦しいことはありますが、何とか過ごせている状況です。

本当にいろんな方に迷惑をかけながら生きています。
そんな私を支えてくださっている人たちに感謝です。

さて、最近ですが、昔、不登校になった子どもが爆弾魔になってしまい警察に捕まってしまった事件の紹介をテレビで見ました。

かなり昔の事件なので、不登校について全く理解がなかった時代の話です。

この当事者の子どもは不登校になって本当に苦しかったんだなあと思いました。
苦しかったからこそ、何とか自分を生かさなければと思い、爆弾魔という選択をしてしまったんだと思います。

誰かが、この子の苦しみを理解して、寄り添うことができたら、別の道を選ぶことができたんじゃないかと思うと胸が苦しくなります。

不登校の子どもは、みんなが学校に行かなくって幸せだ!!さぼって幸せだ!!とは思っていません。

学校に行けないことに苦しみや葛藤を抱え込んでいることが多いのです。

そして、その苦しみから逃れるために、学校を上質世界から切り離したり、ゲームに依存したり、最悪は自殺を選んでしまうことになります。

それくらい学校に行けないことは苦しいことなのです。

もちろん、不登校なりたての頃は、そんな気持ちなんて微塵もないでしょう。
しかし、徐々に雪だるまのように学校に行けない自分に嫌悪感を感じ、苦しくなってしまうのです。
その結果、一切感情が出てこないこともあり得ます。

今回、こうした子どもたちに対して、彼らを支える親に対して、私は親の会を立ち上げようと決心しました。
ありがたいことに協力者もいます。本当にありがたいことです。

まだまだ事情により、このブログでは明記できませんが、
興味ある方、参加したい方、また私と会いたいという方はお手数ですが、
右下のメールフォームより一方ご連絡ください。

親の会の日時や内容等をお伝えさせていただきます。

ではでは、どうぞよろしくお願いします。

2016.09.23 Fri l 不登校 l コメント (2) トラックバック (0) l top
不登校支援の仕事を長年続けていますが、
未だに難しいなあと痛感することばかりです。

ちなみに不登校支援には2通りのやり方が
あります。

それは・・・

子どもを直接支援する方法

親力を鍛える方法


です。

基本は親力を鍛えることが第一選択ですが、
状況によっては、子どもに直接アプローチした
方が有効な場合もあります。

具体的には、親の力があまりにも弱すぎたり、
親の力関係なく学校が不登校の原因であると
明らかな場合などです。

こうした場合は、直接子どもにアプローチした方が
いいでしょう。

しかし、本来は親力を鍛えるやり方の方が
確実に子どものためになります。

私がカウンセリングしてこられた方で、
しっかりと親力を鍛えることができた方は
子どもと向き合うのが非常に上手になります。

逆に親力のない方は、子どもから逃げてしまい、
なかなか向き合うことが出来ません。

結果として、子どもの言いなり状態になって
しまいます。

そうなると、子どもの不登校の復帰は
非常に難しくなります。

子どもに行動を見透かされるようになると、
学校復帰はまずできません。

それだけ、親力と言うのは大切です。

ちなみに、親力の基本、根幹は何かと言うと、
「子どもをしっかりと理解する力」
です。

子どもをしっかりと理解できるようになれば、
自ずと「どうすればいいか」わかってきます。

そのため、
私の不登校支援のカウンセリングでは
そのことをしっかりと教える、
つまり、親力を鍛えることを目的として
行うことが多いのです。

しかし、これが非常に難しいことだと
本当に痛感します。

でも、親力が鍛えられないと、
不登校支援は非常に難しくなります。

そして、そういう親が子どもをしっかりと
支えて、不登校を解決するためには
親力を鍛えていくことが大切なのです。

そうした親御さんの力に少しでもなりたいと思い、

不登校の子を持つ親を応援するブログ

を作りました。

恐らく、他の不登校のブログよりも
一番価値のある情報が詰まっていると
自負しております。

不登校支援には何よりも親の理解が
必要なのです。

今月でスクールカウンセラーの仕事は
終わりますが、またどこかで不登校支援には
携わりたいと思っています。

新しい会社でも将来は不登校支援の事業を
作りたいという野望もあります。

(これは採用試験の面接でオーナーに
「将来は不登校支援事業を開拓していいか」
と尋ね、「売り上げがあれば作ってもいい」
と許可を頂いています)

まだまだ不登校支援の方法についても
いろいろと研鑽を積んでいきたいです。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2015.03.04 Wed l 不登校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回の記事は賛否両論あると思います。

私は大学生の頃から不登校の子どもと
関わるボランティアをしていました。

なので、不登校に携わったキャリアは
10年以上あります。

(まあ、ボランティアの経験をキャリアと
いうかはさておいてですが・・・)

最初は不登校の子どもに学校の話を
するのは、行けないと思い、極力その話題を
逸らして、他の話題をするように心がけていました。

そうなると、不思議な話ですが、
誰も学校に行くように
ならないんですよね。


私のやり方が悪いだけかもしれませんが、
学校の話をしなければしないほど、
不登校は改善されない傾向があります。

思えば、私が関わった子で
不登校がよくなった子供は
みな学校の話ができていました。

もちろん、学校の話はある意味
危険です。

下手に学校の話を振ると、
子どもは怒ってその話をする人と
完全に距離を取ります。


そうなると、不登校の改善は
かなり難しくなります。

そうした危険を考えると、
学校の話はしない方が得策です。

ただ、その方向だと確実にプラスには
なりません。

徐々にマイナスに下がっていくでしょう。

なお、最近の私の不登校のカウンセリングでは、
結構踏み込んで学校の話をしたり、
「だからあなたは不登校になったんだよ」
という話をすることがあります。

私が上記の話をすると、
皆さんしっかりと頷いてくれることが
多く、そこから結構進展するケースもあります。

これを早期の段階でできれば、
彼らの登校復帰は早まるでしょう。

が、こういう話はよほど不登校の心理状態を
理解していないとやってはいけないものです。

だからこそ、不登校支援は
理解→支援
の順番なのです。

理解できないうちに早急に学校の話は
しないようにしましょう。

もし、するとしたら、子どもが学校で
どんな気持ちで過ごすのかを
理解しながら聴くことが大切です。

結論を言えば、
子どもがなぜ不登校になったのか
わからないうちは学校の話は
避けた方が良いでしょう。

しかし、

なぜ不登校になったのか
理解できたのであれば、
一度子どもの気持ちに沿って
子どもの気持ちを理解するように
学校の話をした方がいい


ということです。

ちなみに、スクールカウンセラーなど
不登校の子どもに関わるカウンセラーは
これができるくらいのスキルは
持っておくべきでしょう。

以下、おススメ記事です
不登校とは?
不登校の原因
不登校の理解の仕方
不登校の子どもの気持ち
カウンセラーの活用の仕方
親の対応について
支援の仕方



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2015.02.13 Fri l 不登校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味