【スポンサードリンク】
  



こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

最近は「嫌われる勇気」について考えたりしています。



「嫌われる勇気」という言葉を称賛する人と、嫌悪する人の両方がいますね。

私個人の見解としては、「嫌われる勇気」という言葉はどうかなあ・・・って感じです。

だって、嫌われるって相当苦しいですよ。

私は人間関係で、思いっきり嫌われた経験が何度もありますが、あの居場所が思いっきりなくなってしまって、自分でもどうしようもない無力感は相当なストレスでした。

自分を嫌っている人がいるってだけで、かなり苦しいものがあります。

なので、自分から「嫌われる勇気」を持つなんて嫌だというのが私の見解です。

ただ、「人から好かれよう」というのもあまり好きではありません。
人から好かれるようにというのは、これは外的コントロールです。

相手が「自分を好きになるよう」変えていくというニュアンスを含んでいます。
アドラー心理学的に言えば、神経症的な行動です。
これらの共通点は、「自分ではどうしようもできないこと」ばかり見ようとしてしまい、結果としてストレスをため込んでいるということです。

だから、最近は「人から好かれなくてもいい勇気」というぐらいが私にはしっくりきます。

ちなみに、「人に好かれなくてもいい」=「自分勝手に生きていい」という意味ではありません。

人に好かれなくてもいいということは、
今ここで自分にできることを実践していくということ。
人の評価に左右されないで、自分ができることを見つめ続けるということ。


ただし、周りの人の助けになるようにほんの細やかなお手伝いはし続けること。
お互いに助け合うこと。そこに見返りを求めないこと。


上記は全てアドラー心理学でも選択理論心理学でも言われていることです。

まあ、「人に好かれなくてもいい勇気」も「嫌われる勇気」も中身としては一緒なんですけどね。
ただ、ニュアンスとしては「好かれなくてもいい」という方が自分には合っていると思います。

でも、「嫌われる勇気」というのはやはりインパクトがすごいですね。
やはりこういうタイトルというのはマーケティングの世界ではかなり大事だと思いました。
スポンサーサイト
2016.09.30 Fri l アドラー心理学 l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近、リアリティセラピー尼崎支部の研究会に
「アドラー心理学に興味を持った」という人が
来るようになりました。

アドラー心理学は本当に
選択理論心理学に似てますね。

私も選択理論心理学を勉強する機会がなければ、
アドラー心理学をメインに勉強していたでしょう。

アドラー心理学と
選択理論の大きな違いを挙げるとすれば、

一番の違いは、
アドラー心理学は「人間観」に依拠しているのに対し、
選択理論心理学は「脳生理学」に依拠していることです

アドラーは個人の「生き方」に着目しています。
そのための「楽に生きる」「涼しい人間関係」に
焦点を置いた理論を展開しています。

なので、「課題の分離」とか、「共同体感覚」とか、
「3つのタスク」とか、そういう用語が多いです。


選択理論は基本的欲求や上質世界、全行動など、
人間の脳生理学に焦点を当てています。

そのため、人間の行動理解がかなり明確です。

「こういう状況ではこの人はこうなるだろう」
という予測がかなりわかりやすいです。

わかりやすいということは、
その人の気持ちを共感することが容易になる
ということです。

そして理解ができると
どうすればいいかもわかるようになります。

私の感覚だと、
アドラー心理学は生き方の具体的な方法を学ぶのに対して
選択理論心理学は人間理解のポイントを学ぶという感じが
あります。

そのため、
選択理論で人間理解のポイントを学んだ後で、
アドラー心理学で具体的な方法を学ぶと
非常に理解が深まるかと思います。

アドラー心理学にも興味がある人は
どうぞリアリティセラピー尼崎支部の研究会にお越しください。

研究会では、人間の理解のポイントと、
さらにどうすればいいかもじっくりとお話しします。

最近は、私の方が話してばかりというよりも
グループディスカッションを取り入れています。
(もちろん、「話さない」という選択もアリです)

ちなみに、1月17日の研究会では
「外的コントロール」というワードを軸に
人間関係のポイントについて
一緒に考えたいと思います。

どうぞ、参加できる方はお越しください。




↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2015.01.15 Thu l アドラー心理学 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「嫌われる勇気」を読みました。

電車の中の広告で知って、隣にアドラー心理学の単語があり、いつか読んでみようと思っていました。
それで、先日ついに本屋で購入して3日かけて読みました。

ちなみに、本屋に行ってびっくりしたのは、アドラー心理学に関する本が何冊も出ていたことですね。
世間の中で、今アドラー心理学がブームになっているんだろうなと思います。

私自身として、カウンセリングは精神分析やユング心理学、ロジャース、ゲシュタルト療法から入ったのですが、どうもしっくり来ず、このまま臨床家としてやっていいのかどうか非常に悩んでいた時期がありました。
簡単に言えば、わかったようなわからないような、曖昧な中でカウンセリングを行っているという感じです。このままの状態でカウンセリングをすれば絶対病んでしまうだろうなあと思っていました。どうも核となるところが欠けていたのです。

その中で、ボランティア先の人からアドラー心理学を紹介してもらい、そのわかりやすさ、明確さ、「こういう風にすればいいんだ」と見通しの持ちやすさにかなり衝撃を受けたのを覚えています。

しばらくはアドラー心理学やフランクルに没頭していたのですが、当時はあまりアドラー心理学については知られておらず、周りの目は冷ややかなものでした。

中にはアドラー心理学と聞いただけで難色を示す人もいたくらいです。


それから10年近くたち、「やっと時代がアドラー心理学に追いついたのかなあ」と内心喜んでいます。
ただ、自己啓発の分野で盛り上がっているのがちょっと・・・と思います。
アドラー心理学はカウンセリングの中で生まれたもので、できればカウンセラーの方に知ってほしい心理学でもあります。



ちなみに、私は選択理論を学んでいるのですが、その理由はアドラー心理学にとても内容が似ていたからです。
選択理論を学んだ方が「嫌われる勇気」を読めばわかると思いますが、用語を変えると、書いていることがほとんど同じことに気づかされます。

特に、貢献感や共同体感覚というのは選択理論の「欲求充足の概念」ですし、目的論を重視しているるところや、過去と他人は変えられない、だから自分のできることを今ここでしっかりと取り組むこと。特に「誰の問題か」というのは選択理論でいう「責任の概念」そのものです。

あとは子育てや人間の成長の目標としているところも酷似しています。

私が選択理論を学んだのは、たまたま師匠として選んだ人が選択理論のカウンセラーであっただけで、もしアドラー心理学だったらアドラー派のカウンセラーになっていたことでしょう。

一つ違うところがあるとすれば、アドラー心理学は哲学に近いところがありますが、選択理論は脳の働きをベースに理論展開されているところです。
そのため、選択理論の方が理論的にわかりやすいという感じを受けます。

まあ、伝えたいところはアドラー心理学も選択理論もほぼ大差ありません。

私はカウンセリングにはある程度、答えを持っておくべきだと思います。
人には「こうなれば幸せだ」という価値観をカウンセラーは持っておくべきです。
ただ、その価値観・答えに縛られているとクライエントを傷つけてしまうことになるため、それに固執するのはよくありません。柔軟に、クライエントに合わせる形で「答え」を持っておくべきでしょう。

アドラー心理学や選択理論はその「答え」をしっかりと持っているので、その意味でもカウンセラーはぜひ知っておいた方が良いのではないかと思います。

「嫌われない勇気」ではそんな「答え」を学ぶことができます。
カウンセラーの方、必読だと思います。

あと、このような考え方に興味がある方は 日本選択理論心理学会 尼崎支部 の研究会まで一度お越し頂ければと思います。選択理論の考えがベースになりますが、より良い生き方のヒント・知恵を一緒に学びましょう。

    


↑上記はアドラー心理学の初学者にとってはうってつけの本です。
漫画の方はちょっと単純すぎるかな。
非常にわかりやすいので初心者にはかなりお勧めですが、さすがにここまで上手くはなかなか行きません。

アドラー心理学も選択理論もすぐに人生が変わるというよりも、人生が変わる一歩を踏み出すような理論です。
とうぜん、一歩下がって二歩進んでの繰り返しですし、その中で徐々に自分の人生を効果的にコントロール術を学んでいくような理論であると思います。
だからこそ、仲間と一緒に学び続けることが大切であると思うのです。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.07.14 Mon l アドラー心理学 l コメント (3) トラックバック (0) l top
心理カウンセラーの田中勝悟です。

前回の記事(アドラー心理学と選択理論の共通点)を書いていて、何人かの方から「アドラー心理学と選択理論の相違点も書いてほしい」と言われました。


そうですね・・・
まず私がなぜアドラー心理学ではなく選択理論心理学をメインにしたかというと、尼崎支部長の師匠の影響が大きいですね。本当にそれだけのことで、多分師匠がアドラー心理学の人だったら、アドラー心理学をメインに勉強していたはずです。

アドラー心理学ではよく誤解されている概念が多々ありますが、一番有名なのは劣等感コンプレックスでしょう。
そのため、アドラー心理学は劣等感ですべてを説明する理論だと誤解されがちです。
アドラーは劣等感について、
劣等性、劣等感、劣等感コンプレックス、と分けて捉えています。

劣等性とはただ単に事実として「あの人は自分よりもできている」というものです。
劣等感はその劣等生を意識している状態です。
そして、劣等感コンプレックスは「あの人よりできていない自分はダメだ」と考え込んでしまう状態です。

例えば、私が「Aさんよりも話ができない」んだという事実があったとします。
これは単にAさんより「話ができない」事実を話した劣等性の状態です。
そこで私が「Aさんより話ができないんだ」と意識し始めたとします。これが劣等感を感じている状態です。
さらに「Aさんより話ができない。つまり私は話ができない人だから人間としてダメなんだ」
と劣等感に引きずられて、人生を全てその視点でとらえてしまったとします。
この状態が劣等感コンプレックスの状態です。

この理論で非常に重要なのは、事実と想像をしっかりと分けるという視点です。
アドラーは思い込みと単なる事実とを分けて考えることが重要だと話し、そのための概念が劣等感です。

これは選択理論でいう知覚のシステムに相当すると思います。
そのためリアリティセラピーでも事実と想像を分けるという取り組みはかなり重視されています。


また、共同体感覚という概念もアドラー独特のものです。
共同体感覚とは難しい概念ですが、簡単に言えば私たちが所属している仲間(共同体)が有している感覚という意味です。アドラーは私たちが行動をするための指針として、社会に貢献していくことが大切だとし、共同体感覚を受けとる感性を育てていくことが大切だと話しています。

この辺りは選択理論でいう「愛と所属の欲求を満たすことが大切」「グループの上質世界を把握しよう」という考え方によく似ていると思います。


さらに、一番の特徴はライフスタイル分析という考え方です。アドラーは目的論を重視しており、人間は目的に沿って生きていくとされています。そして、人間の一生はただ周りの影響で変わるのではなく、その中で自分の目的に合うように行動を起こしていくとしています。この人がどんな目的に沿って生きてきたのかを理解しようとする姿勢がライフスタイル分析という考え方です。

これは「人は最善の行動を常に選択している」「上質世界」の概念に近いと考えています。
私はカウンセリングの際はこのライフスタイル分析を行うことが少なくありません。非常にクライエントの人生が理解しやすくなりますし、クライエントも理解されているという感じを受けやすいようです。


まあ、選択理論とアドラー心理学は理論の枠組みや背景こそ違うものの、内容はほとんど同じものです。
ただ、共同体感覚やコンプレックスなど、相違点はあります。
私個人としては選択理論にアドラーの考え方をプラスすることでさらにクライエントに益のでるカウンセリングができるような感じがあります。

詳しくは下の本をお読みいただけると良いと思います。
下の野田先生の本はアドラー心理学を非常にわかりやすく豊富な事例を持って説明されています。
特に下記の本はアドラー心理学が家族関係と教育に有効だというのがわかると思います






↓のボタンをどれか一つクリックしていただけると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
2013.04.07 Sun l アドラー心理学 l コメント (0) トラックバック (0) l top
心理カウンセラーの田中勝悟です。

今回はアドラー心理学について書いてみたいと思います。

アドラー心理学は私がとても大好きな心理学の一つです。
これはあまり知られていないことですが、ロジャースの来談者中心療法、フランクルのロゴテラピー、エリスの認知療法などはアドラーの影響を多く受けています。

私は大学院の時にとある施設にボランティアに行っていたのですが、そこで知り合った人からアドラー心理学と良い本を教えてくれました。それが初めてのアドラー心理学の出会いだったのですが、その時の衝撃は今でも忘れません。

今までは精神分析と来談者中心療法を中心に学んでいたのですが、アドラーの単純明快な理論、わかりやすい介入の仕方、ユーモアたっぷりのカウンセリングはとても魅力的でした。

しばらくはアドラー心理学を夢中になって勉強していた時期もありました。

その中で選択理論と出会い、選択理論を中心に学ぶようになりました。
本当に選択理論とアドラー心理学は良く似ています。

まず、両者とも目的論、つまり「人間は目的を持って生きている」という視点に基づきます。

また、人は常に新しい選択をすることができ、人生を自分の力で変えることができるという考え方です。

さらに、どちらも人が成長する、または病気を治すには自ら行動を起こすしかないとし、今より良いやり方を見つけることを奨励しています。

他にも家族や親子関係にも応用が可能なこと、教育的な面が強いこと、自分よりも相手や社会に貢献していくことで幸せになりやすいことなど、多くの面で共通点があります。
(さすがにアドラー心理学の共同体感覚といった概念は選択理論にはありませんが)

私は初めて選択理論とアドラー心理学を見比べてみて、その共通点の多さにびっくりしました。
どちらも私の感覚に非常にフィットしていますし、今でもアドラー心理学の勉強はします。

またカウンセリングでもアドラー心理学の考えは結構使いますし、それでかなり上手く行ったものも多々あります。

興味ある方は以下の本を読んでみることをお勧めします。

↑わかりやすくまとめられています。
専門家、一般の方どちらでも楽しめると思います。



↓のボタンのどれか一つをクリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村カウンセラーブログランキング
2013.04.06 Sat l アドラー心理学 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味