【スポンサードリンク】
  



こんにちは。

実は今日は仕事が休みです。

なので、さきほどスタイルシートを変更しました。


久しぶりにHTMLやCSSをいじったので、やり方を忘れてしまい、1時間ほどかかってしまいました(汗


スタイルシートを変更した1番の理由は、文字のフォントが小さくて読みにくかったからです。


そのため、フォントを大きくして来られた方が読みやすいようにと考え、変更しました。


拙いブログですが、今後とも「カウンセラーのつぶやき」をどうぞよろしくお願いします。


スポンサーサイト
2017.07.28 Fri l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

最近、家の家計を少しでも軽くしようと考えています。


その中で、まずはお風呂の水から節約しようと思い、クマガイの湯美人を購入しました。



昨日届いたので、さっそく使いました。


私が湯美人を選んだのは、入れておくだけでお湯がきれいになるので、お風呂の水替えが3日に一回で済むのと、ゲルマニウムが入っているので、ゲルマニウム温浴が家でできるからです。


また、年間で10万近くの節約ができるというのも魅力的でした。


それで使ってみての感想ですが、確かにお湯はきれいになっていました。

1日おいていたお湯ですが、臭いとかそういうのは全くなく、湯触りもさらさらしていてとても気持ちよかったです。


で、お風呂に入ったのですが、かなり体が温まりました。

冷え性の妻も、お風呂から上がるなり「暑い~」と言ってずっと扇風機の前にいました。


これは冬になるとかなり心強い味方になると確信しました。

これだと温まるためのバスクリンもいらないし、一回一回お湯を沸かす必要もない。

また、5時間で電気代19円と言うのも魅力です。


ただ、一からお湯を作るのは向いていないみたいですね。

24時間いつでもお風呂に入りたい人や、家族の帰りが遅くて、お風呂の時間がバラバラな人は重宝すると思います。





2017.06.27 Tue l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

こんにちは。


昨日は、仲間内の事例検討会に行ってきました。


一言で言うと、とても勉強になりました。

発表者が大学院の頃のケースだったのですが、あそこまでしっかりとカウンセリングができたのは本当にすごかったです。


私が大学院の頃というと、本当にめちゃくちゃで周りからも「この人は本当に臨床心理士に向いているのか?」と何度も言われました。


それくらい、大学院の頃は我が強くてダメカウンセラー候補でした。


そんな私が何とか臨床の世界に足を置かせてもらえているのはありがたい限りです。


そんな私に今も付き合ってくれる、同期の友達には感謝してもしきれません。



あと、今日は選択理論のロールプレイの個人指導をさせていただきました。


今の私があるのは、選択理論と出会えたからといっても過言ではありません。


選択理論はある程度カウンセリングのやり方が明確なのと、クライエントを理解する理論がはっきりしているので、私にとても合っています。


これに出会わなければ、カウンセリング・人生の師匠と言える人と出会わなければ、今の私はなかったと思います。


出会いに感謝です。


選択理論に興味がある方は下記のページから、私が主催している研究会に行けます。


選択理論心理学会 神戸支部


今までの出会いと幸運に感謝して、これからも生きていきたいと思います。


2017.06.26 Mon l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

いかがお過ごしでしょうか。


今一番欲しいもの・・・

それは「時間」です。


なかなか時間が取れないです。


できれば勉強したり、ゆっくりする時間が欲しいなと思います。


私自身、自由の欲求がかなり強いので、自分の時間が持てなくなるとかなりストレスを感じてしまうところがあります。


それでも最近は、新しい生活に慣れてきました。


人間の身体の細胞というのは3か月単位で新しく生まれ変わるそうです。

なので、新しい環境も3か月経てばある程度慣れるようになります。

言い換えれば、人間は3か月単位で成長していくということでしょう。

慣れるというのは、言い換えれば成長していくということです。


まあ、時間は欲しいですが、それよりも今できること、今しないといけないことをしっかりと見つめて頑張りたいと思います。




2017.06.18 Sun l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

やりたいことを仕事にする


最近はそういうキャッチコピーが増えてきましたね。

youtuberの影響が大きいんじゃないかと思います。


また、カウンセリングを仕事にしようとする人のほとんどは「カウンセリングをすることが自分のやりたいことだから、カウンセラーになりたい」と思っていることが多いように感じます。

(そうじゃない人も多いと思いますが・・・)


ただ、「やりたいことを仕事にする」ということは、本来は非常に難しいことだと思います。


基本、仕事と言うのはやりたくないことの連続です。

嫌で嫌でたまらなくて、死んだ魚のような目をして職場に行き、仕事が始まると明るく振る舞い、急に振られたことにも機転を利かせて迅速に対応しないといけません。


そして大切なことは、仕事は「生きる糧を得る」手段だということです。

糧が得られなければ、私たちは衣食住に困り、生きていくことが困難になります。

生きるためにお金を得ないといけません。


だからこそ、仕事を通して、何とか生きることを許されているのが私たちなのです。


そのためには当然やりたくないことも出てきますし、仕事にするのではあれば常人の倍以上の努力が必要です。それこそ死に物狂いでやりたいことに没頭する必要があります。


例えば、サッカー選手や野球選手はその仕事を維持するのに、普段からメンタルや体調に気を使い、かなりの練習をこなしています。

芸能界であれば、人気を維持するために、人一倍振る舞いや健康に気を使う必要があります。また人気を維持するための努力は必須です。

プロのゲーマーは一日10時間以上も画面の前で技術を磨く練習をこなしていると聞きます。


ちなみにyoutuberの多くは、動画だけでお金が稼げるようになるまでに死に物狂いで働きながら寝ずに動画を作っていたそうです。その中で一握りの人間だけが、有名となり莫大な収益を上げているだけなのです。


上司から言われて「嫌だからしたくない」と言う人は、「やりたいことを仕事にする」ということはまず無理でしょう。


最近の「やりたいことを仕事にしなさい」とう風潮は、「う~ん、何て無責任な言動なんだろう」と思い、ブログにしたためました。


ここまで読んでいただいてありがとうございました。



2017.05.21 Sun l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味