FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

「2011年09月」日時の記事


    スポンサードリンク
 

全ての行動は選択されている(全行動)

人間の行動は上質世界に近づき、良い気分を得るために選択されます。この「選択」という言葉はとても重要なもので、今の私の行動、不安やイライラなどの行動であっても、それは全て選択されたものです。こう書くと、おそらくこんな疑問が出てくるのではないかと思われます。「え?イライラや不安って、急に出てくるんだよ。自分で選んで出しているわけがないよ。」この疑問を説明するために、選択理論では全行動という概念がありま...

私たちは自分の理想に近づくように行動している(上質世界)

私たちは基本的欲求を満たし、よい気分を得ることができると幸せを感じます。例えば、愛と所属の欲求が満たされれば良い気分になります。しかし、具体的にどう満たせばいいのでしょうか。ここで選択理論では「上質世界」という概念を提示しています。上質世界とは基本的欲求を満たしたものを写真のように撮って、それを保管しているアルバムのようなものです。愛と所属の欲求の例でいえば、その欲求を満たしたと感じた瞬間をアルバ...

私たちの行動は内側から動機づけられている(基本的欲求)

選択理論では人の動機を外側から変えることはできないとされています。なぜなら、私たちは周囲の状況や環境ではなく、内側の遺伝子から動機づけれらているからです。グラッサー博士は私たちの欲求は遺伝子から指示されて生じると言っています。それは、私たちがよい人生を送るために何をして、何を得ればいいかを遺伝子が常に教えていると言えます。私たちは遺伝子から指示されて生じる欲求に従って行動を起こすと選択理論では説明...

選択理論とは?

選択理論とはウィリアム・グラッサー博士が提唱した心理学の理論です。日本ではまだなじみが少ないですが、アメリカでは大学院で教えられているほどポピュラーな理論です。より良い人間関係を築くことで私たちは幸せになることができると強調しています。そして、より良い人間関係の築き方について、脳の働きをベースにしてその方法を提案しています。その例として私の「思い」と相手の「考え」が違っていて、それぞれ譲り合わない...

ブログ開設しました。

初めまして。病院や学校でカウンセリングの仕事をしています。ここでは、私が日々カウンセラーとして経験したことや学んだこと、カウンセリングの視点から生きていくうえで役立ちそうなことをつぶやこうと思っています。ちなみに、私の考えは選択理論をベースとしています。これはアメリカの精神科医・臨床心理士であるウィリアム・グラッサー博士が提唱したより良い人間関係を築くことを目標とした理論です。読まれた方が少しでも...

Top