FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

「2011年10月」日時の記事


    スポンサードリンク
 

「にも関わらず」という生き方

私はよくカウンセリングで「にも関わらず」という言葉をよく使います。うつ病「にも関わらず」どう生きるか、今がつらい「にも関わらず」どう生きるか、精神疾患を患っている「にも関わらず」どう生きるか、とクライエントに伝えます。この言葉は特にうつやしんどい状況に振り回されている人たちにとっては勇気を与える言葉ではないかと思います。私は「にも関わらず」という言葉の中に「人はどんな状態であろうと自分の人生を切り...

ツレがうつになりまして

今回は最近読んだ本の紹介をします。「ツレがうつになりまして」という本です。2006年に出版された本で、ドラマ化されたり、今年は堺雅人と宮崎あおい主演で映画化されましたね。私は最近になって妻から「この本いいよ」と進められて読んでみました。感想はとても面白いです。カウンセリングではうつ病と診断された方とよくお会いしますが、この本でツレがうつを発症し、そして治っていく様子はとてもリアルです。生の患者さんを見...

Ⅰメッセージを使おう

カウンセリングのテクニックの一つとして「Iメッセージ」があります。「私は〇〇だと思う」と言うように自分が思っている意見として相手に伝える言い方のことを指します。例えば、相手に対して自分の意見を言う場合、「これは普通に考えてダメでしょ」と言ってしまう人は結構多いと思います。この言い方では相手は非難されたと感じ、抵抗することがあります。こういう時にIメッセージを使うと、「私はそうではなくて、こうしたら...

カウンセリングにおける人間関係

「カウンセリングは親しい人との間ではできない」とよく言われます。専門的なカウンセリングの技法や考え方を家族や親友に使うことは難しいといえます。これはなぜかというと、カウンセリングとはそもそもカウンセラーとクライエントという人間関係を土台にして進めるからです。この関係をカウンセリング関係と呼んでいます。この関係をもう少し詳しく言うと、カウンセリングでは専門的な経験や訓練を受けたカウンセラーが支援しま...

自分を知ること

自分を知ることはメンタルヘルスの上でも役に立ちます。それは生きていく中で大きな支えにもなりますし、拠り所にもなります。困った時やつらい時にそれを乗り越えるエネルギーにもなります。自分を知ることは何も自分自身の全てを知ることではありません。まずは自分がどんな思いを持っているのかを知ることです。例えば、自分はどうなりたいのか、何をしたいのか、どんな人生を送りたいのか。他にも自分は何を得ると幸せになれる...

Top