FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

「2012年02月」日時の記事


    スポンサードリンク
 

程よく頼れること

おはようございます。程よく周りの人に頼れる人は心が健康であると思います。自分で抱え込み過ぎてしんどくならないからです。私たちつい「自分が何とかしなければいけない」と思うあまりに、一人で抱え込み過ぎてしまうことがあります。その結果、上手くいかなくなると悩んでしまい、不安や焦りを感じてしまい、混乱してしまいます。最悪の場合、「もう無理だ」と自分の中で結論付けてしまい、全てが嫌になることもあります。また...

義務教育に留年制度が導入される?

こんばんは。先日、橋本知事が「義務教育にも留年制度を導入する」とニュースで発表されました。この新しい改革には教育評論家の尾木先生の言葉に影響を受けているとされています。これについて私自身の私見を書いてみたいと思います。私個人としては留年制度の導入については賛成です。スクールカウンセラーをしている中で、中学校になっても掛け算や読み書きなど小学校の段階で習得すべきスキルを全く身についていない子供を結構...

選択理論支援グループ

昨日、神戸のリアリティセラピー勉強会にて選択理論支援グループをしました。これはグラッサーが「警告」という本の中で、人間関係などで困っている人たちを集めて選択理論フォーカスグループ(何人かで集まって選択理論の学びを分かち合って日常生活に有意義に活かしていくことを意図したグループ)を作ったことを踏まえて、浜松支部の磯部先生が新たに考案されたものです。かなり構成的に作られており、クライエントが抱えている問...

自己評価を大切にしよう

こんばんは以前、褒めることの二面性について書きました。記事はこちらその時に「自己評価」について簡単に触れましたが、今日はこのことについて書いてみたいと思います。選択理論では「自己評価」を重視しますが、これは自分で今の状況を振り返り、どうすればいいかを自分で決めていくというスタンスを意味します。選択理論では人の行動は自分で選択した結果であると説明してます。例えば、失敗したと思ってしまう人がいますが、...

褒めることの二面性

こんばんは。最近更新が全くできず、すみません。今回は「褒める」ということについて書いてみたいと思います。よく教育に関する本で「褒める」ことについて書かれているものをよく見かけます。その一方で「褒めない」ことについての大切さを書いている本もよく見かけます。この「褒める」ことについての私なりの意見をまとめてみたいと思います。まず、「褒める」ことのプラスの点です。「褒めること」で私たちが気づかない長所に...

Top