FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

「2012年05月」日時の記事


    スポンサードリンク
 

ストレスに弱い脳と強い脳

私たちの身体はそれぞれ違っており、病気になりやすさや疲れやすさ、体力など個人差があります。それと同時に脳にも個人差があります。その一つとしてストレスの負荷に対する耐性が挙げられます。例えば、仕事で嫌なことがあっても耐えられる人とすぐにつぶれてしまう人は、おそらく前者はストレスに強い脳で、後者は弱い脳の持ち主であると思います。例えば、身体が疲れている場合や病気の時は身体だけでなく脳も弱っている状態で...

相手の上質世界をイメージする

今日は仕事がお休みだったため、選択理論シニアインストラクターの田畑先生の勉強会に参加してきました。そこで学んだことと私自身の気づきを整理するとともに、少しシェアしたいと思います。ロールプレイをしましたが、今回はクライエントの上質世界だけでなく、その周りの人の上質世界もできるだけクリアにすることが大切であることを改めて学びました。選択理論では上質世界に焦点を当てることを取り分けて重視しています。それ...

カウンセリングと漫才の共通点

私は漫才やコントなどお笑いが大好きです。ダウンタウンとか、アンジャッシュ、爆笑問題、ナイツ、有吉など、他にも挙げればきりがありません。今回はカウンセリングがスムーズに進む過程と漫才がウケル過程が非常によく似ているなという話です。面白い漫才とつまらない漫才の違いはなんでしょうか?コンビの相性とかネタの面白さとかその人の個性いろいろありますが、一番大事なポイントはお客さんが「なるほど」と共感する話題で...

治療構造は誰のためにあるのか?

カウンセリングでは「治療構造」という枠があります。枠と言っても料金、時間、場所、同じ人が話を聴くというカウンセリングのお約束みたいなものです。具体的に言えば、カウンセリングルームという場所で、特定な時間(大体1回1時間程度)、そして料金(相場は5千円から1万円くらい)、そして特定のカウンセラーが話を聴くということです。これらの要素が全てそろって初めてカウンセリングは成立します。逆に言えば、これらのどれ...

おいしくて栄養のある料理

先日、スクールカウンセラーとして勤務している中学校で生徒向けの授業をしました。実は私は先生や生徒、保護者向けに何度も研修をしてきています。その評価と言いますと、最近は「面白くてためになった」ともらうことが増えてきました。熱心に話を聴いてくれる人たちにとても感謝です。私が講師をする際には、次のことを心がけて進めるようにしています。それは① いかにおいしい研修ができるか ② いかに栄養のある研修をするか...

Top