FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

「2012年06月」日時の記事


    スポンサードリンク
 

スポンサーサイト

「正しいことをすれば必ず良くなる」は正しい?

私たちが生きていくうえで、「正しいこと」と「間違っていること」は割と明確に区別されていることが多いです。私たちがよく耳にしている言葉として「正しいことをすれば必ず良い結果が生まれる」というものです。例えば、人助けをすればそのお返しが自分に返ってくる、努力をすれば必ず上手くいく、責任ある行動をとれば必ず人がついてくる・・・などなど。ちょっと抽象的ですが、私たちの多くは子供の頃から、両親や先生といった...

スクールカウンセラーとは何者か?

現在、私はスクールカウンセラーとして中学校に週2日勤務しています。スクールカウンセラー(以下SC)とはいったいどのような人だと思いますか?一般的には学校でカウンセリングをする人ですが、欧米と違って困ったことがあればすぐにSCのもとに行くという生徒や保護者はほとんどいません。(これは悩んでいるからすぐにカウンセリングを受けようと思う人があまりいないのと一緒です)大体SCが会うのは不登校・保健室登校の生徒や子供...

「なぜ?」ではなく「何?」「どのように?」

前回(カウンセリングでは原因探しをしません)の続きです。「なぜ?」ではなく、「何?」という質問を使うことで人間関係に大きく役立ちます。例えば、部下が仕事でミスをしたとします。上司が部下を叱責する際、大体はこういう言い方をすることが多いのではないかと思います。「なぜ、そんなミスをしたのか?」「なぜ、書類をしっかりと確認しなかったのか?」想像してみてください。皆さんが部下ならどのように答えるのでしょうか...

カウンセリングでは原因探しをしません。

大分日差しも暑くなり、夏の訪れを日に日に実感する今日この頃です。カウンセリングでは原則として原因探しはしません。例として「なぜ?」という質問は極力しないようにしています。結論を言えば、「なぜ?」と聞いたところで、またその理由がわかったところでどうすることもできないからです。例えば、対人恐怖症の人がいるとします。なぜ、人が怖いのか。これがわかれば対処法も見えてきて、解決策が見えてくると考えがちです。...

カウンセリングは癒しですか?

私は現在、心療内科や学校でカウンセリングをしています。その中でよく感じることは「カウンセリングって単なる癒しではないな」ということです。もちろんクライエントの方が安心して話ができる雰囲気は大切ですし、話すことで心が解れたり、スッキリしたりして「明日も頑張ろう」と思えるエネルギーを得られるという側面もあります。何より、「カウンセリングを受けて気持ちが楽になった」と感じることはとても大切なことだと思い...

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。