【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

逆転移」とはカウンセリングでよく出てくる言葉です。
精神分析の用語で、意味は「心理療法中に治療者からクライエントに向けられる、非合理的な感情のこと」です。

簡単に言えば、「カウンセラーの問題や感情をクライエントに向けてしまうこと」と言えるでしょう。

フロイトの時代ではこの逆転移は完全に消滅させないといけないと言われていました。今ではこの感情を有効に活用しようとする考え方が主となっています。

じゃあ、どうすれば有効に活用できるようになるかというと、それはカウンセリングの経験と教育分析、日頃のたゆまぬ努力が必要です。特に教育分析を受けることで自分の性格の癖や弱点、問題を知り、解決していくことで逆転移を活用できるようになります。

私は精神分析が専門ではないのですが、確かにカウンセラーの感情や性格、抱えている問題がカウンセリングに大きな影響を及ぼす場面はよくあります。

具体的な例で言うと、夫婦ケンカをしてそのイライラがなかなか収まらないときに、夫婦の問題で来られた方のカウンセリングは結構骨が折れます。
今でこそ分けて考えてカウンセリングができるようにはなりましたが、当時はこっちも感情的になってしまい、すぐに「じゃあ、こうしてみましょう」とタイミングを考えずにアドバイスをしたり、頭はぐるぐると朝のケンカの様子が過ったり。きちんとしたカウンセリングをすることができませんでした。
もちろん、今はそうしたミスをすることは減りましたが。

また、同じように
○息子が不登校になって落ち込んでいる時に、不登校の相談。
○職場でパワハラを受けて、うつ状態になってのに、パワハラの相談。
○精神科で薬をもらっている時に、「薬を減らしたい」という相談。
○セックスの話に嫌悪感を示すカウンセラーのもとに、セックスレスの相談。
○不倫している時に、不倫が原因で結婚が上手く行かなくなったという相談。

などなど。
(あくまでもこれらは具体例で、私の想像です。特定のモデルは存在しません。念のため。)

もしあなたがカウンセラーだとして、上記の状況で同じような境遇のクライエントが来たとき、素直に真っ白な気持ちで話を聴くことはできますか?

カウンセラーとは、きちんと話を聴いていく仕事であり、クライエントが幸せになるのをお手伝いする立場にある人です。そのため、自分の気持ちがブレてしまうような要因はあらかじめ取り除いていくことが望ましいでしょう。
そして、カウンセリングをする際は、しっかりと切り離してクライエントに臨んでいく姿勢が必要です。感情を引きずらないためのスキルが求められます。

※ちなみに上記のことは私が病院での実習の時に、指導教官からよく言われた言葉です。

クライエントの利益になるようなカウンセリングを行うためにも、日頃から自分の感情や問題に気を付けていきたいものです。



↓クリックして頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013.01.30 Wed l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
心理カウンセラーの田中勝悟です。

今回は上級講座で学んだことを一つシェアしたいと思います。
夫婦を含む人間関係では基本的欲求をどうすり合わせていくかが必要となります。

例えば、愛と所属の欲求がかなり違う場合、一方はもっと一緒にいたいと思うのに、もう片方はそんなことを感じないので結婚生活がしんどくなることがあります。

よく・・・
妻「もう休日も仕事って!たまには家族のために時間を取ってよ」
夫「仕方がないだろ!何で仕事のことを理解してくれないんだ」
というケンカを見たこと、経験したことがある人は多いかもしれません。

この場合、妻が力の欲求が低い人であれば、夫が仕事を頑張りたい(つまり、力の欲求を満たしたい)というのを感じることは難しいかもしれません。逆に夫が愛と所属の欲求が低いタイプであれば、妻の「一緒にいてほしい」という思いはなかなか受け入れがたいものかもしれません。

こうした基本的欲求の違いについて夫婦で知っておくことで、相手の心情を理解し、欲求のすり合わせを行うことがしやすくなります。もし、明らかに欲求の強弱が違うことがわかっていれば、事前に工夫をすることで衝突を防ぐことが可能となります。

さて、結婚生活ではいろんな欲求のすり合わせを行っていくことが必要です。
その中でも一番すり合わせをしていくことが必要なのは、「生存の欲求」です。

生存の欲求は、安定や生存に関わる欲求です。
貯蓄や安定した生活、健康、セックス(遺伝子を残したい)などに関係します。
生存の欲求の強弱が大きく異なる場合は、ほかの欲求と比べてかなり注意が必要です。

例えば、今までの夫婦生活で
生活費や貯金でケンカになったことはありませんか?
セックスの相性や頻度でしんどい思いをした夫婦はいませんか?
たばこや不摂生、健康に関する意見の食い違いで口論したことはありませんか?

このことを柿谷先生から言われたときに、今までの夫婦ケンカで生存の欲求に関するものが多かったことに気づき、大きく「なるほど」とうなずいてしまいました。夫婦としての実体験と、カウンセリングの経験からもこのことは大きくあてはまっているように思えます。

恋人や同棲では愛と所属の欲求をどう満たすかが重要になりますが、結婚になると生存の欲求をお互いにどう満たすかがカギとなります。特に生存の欲求の強弱にズレがある場合は、早いうちに改善のための取り組みをしてきた方が良いでしょう

余談ですが、私は生存の欲求は低い方ですが、妻はかなり高い方です
そのため、結婚当初は生活費の件でかなりケンカや言い争いをしました。
最近は、妻の生存欲求を満たすように取り組んでいるので、大分ケンカは減ってきています。



↓のボタンをクリックしていただけると大変うれしいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
2013.01.28 Mon l 夫婦・親子・家族 l コメント (0) トラックバック (0) l top
心理カウンセラーの田中勝悟です。

朝、妻と喧嘩してしまい、ちょっと気持ちがナイーブです。
選択理論を学べば良い気分を得ることができるというのは、半分正解・半分間違いですね。

正解は「良い気分を得る方法や対処法がわかり、やり方を実践することで良い気分になる可能性が上がってくる」です。

そうなると「まだまだだなぁ」と自分の未熟さを痛感します。

人間関係のコツは相手の上質世界をしっかりと理解することではないかと思います。
「あの人は何でこんな行動をとるのだろう?」
「もっと、こういうやり方をすればいいのに。何でしないのだろう」
「教えても反発してしまうのはなぜ?」

こんなことを考えてしまったことがある方は多いのではないでしょうか?
人間は面白いもので、いろんな考え方があります。
だからこそ、自分には理解できないことをすることもあるし、また相手から理解されないことも多々あります。

この「理解できない」が争いごとに発展し、ケンカになることもよくあります。
そのため、仲良く過ごすためのコツは相手をどれだけ理解できるかです。

そのコツを説明しているのが選択理論だと思います。
選択理論は単純に「外的コントロールを使わない」だけではありません。
そうではなくて、相手と自分をしっかり理解し、脳の働きによってどうすればお互いに満足できるようなやり方を考えていけるか、そのベースとなっているのが選択理論です

そのスタンスのため、精神分析やロジャース派など従来の心理学よりはかなり「人間とはこういうもの」と明確に表現されているところがあります。ちなみに余談ですが、グラッサーはアドラー派のドライカースの影響を受けたこともあり、選択理論とアドラー心理学は結構似た理論です。

さて、相手の行動を理解するためのコツですが、「なぜ」という言葉はあまり使わない方が良いでしょう。
「なぜ~なのか?」と考え出すと、どんどんグルグルと考えすぎてしまい、良くわからないまま、最終的には「あの人はこう考えているからこうしたんだ」「私のことを嫌っているからだ」と推測を重ねてしまい、相手を否定的に見てしまうことがあります。

参照:上質世界を聴く質問

相手の行動を理解するためには、「あの人は何のためにそういう行動をとったのか」と考えていくことがコツです。
人間の行動は目的に沿って行動しています。

例えば、誰かと一緒にいたい人は「居場所がほしい」という目的を達成するための行動です。
思春期の子供に母親が「〇〇しといたから」と言うと「何で勝手にしたんだよ」と怒ることがあります。これは自分のことは自分でしたいという目的によるからです。

人にはそれぞれ、達成したい目的があります。
それは基本的欲求を満たすのが目的ですが、欲求の強弱は人によって異なります。だからこそ、相手の行動が受け入れがたいことがあります。しかし、「欲求を満たしたい」という目的はすべての人間に備わっているものです。そのため「何を満たしたくて、この行動をとったのか」「何のためにこうした行動をとるのか」という視点で考えてみると、相手の行動がよくわかってくるものです。

そうなると、もっと妻のことを理解しないといけないなと思います。
今日は仕事が終わったら、食事に行こうかと思います。

日本選択理論心理学会 尼崎支部では2013年2月3日に「相手と自分の違いの知り方」というタイトルでお話をさせていただきます。なぜあの人はこうなのか、その違いが分かってくるのではないかと思います。



↓押して頂けると、大変うれしいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村
2013.01.26 Sat l 人間関係 l コメント (0) トラックバック (0) l top
心理カウンセラーの田中勝悟です。

人は遺伝子の中に組み込まれている基本的欲求を満たすために行動をしています。

私たちの人生の中で「あの時こうしていたら、こんなことにはならなかっただろうに」と思うことは、多かれ少なかれあるでしょう。

「あの時遊んでばかりいないで、しっかりと勉強していたらもっとよい仕事についていたのに」
「あの時、あんなことを言わなければ、きっとこんな目に合わなかっただろう」
「もっと考えて行動すればよかった」
などなど。

中には過去の後悔にとらわれてしまって、心を病んでしまう人もいます。

グラッサーは人間の行動について、
「いつも最善の選択をしている」
と言っています。

つまり、「あんなことをしなければ・・・」という行動は、その時はそうした行動を選択することが当時のあなたにとって最善だったからです
(「当時のあなたにとって」がポイントです。決して、世間一般や常識的に最善というわけではありません。)

人は常に最善の行動を選択して生きています。
それはあなたの欲求を満たすために良いものだと判断されたから選択されたものです。
だから、後悔ではなく「あの時はああいう選択をすることが一番だったんだ」と思えることで、新しいスタートラインに立つことができるでしょう。


ただ、このブログを読んでいる方はこのことも覚えていただければと思います。
それは・・・
「行動は常に改善することができる」ということです。

例えば、常に子供を叱り飛ばしてしまうお母さん。
逆に子供の言いなりになってしまう人もいるかもしれません。

それは、そうしたやり方しかわからないから、「叱る」「言いなりになる」が最善の行動として選択されただけなのかもしれません。しかし、もし「叱らないで子どもとより良くかかわる方法」「言いにならないで関わる良い方法」が見つかったとしたらどうしますか?

私のカウンセリングの経験では、そうしたやり方を見つけた人は「叱る」「言いなりになる」という行動を選択しなくなった人もおられます。ただ、このやり方をしっかり理解するためには結構な努力と忍耐が必要なのが難点ですが、今よりもより良い方法を見つけることができれば、さらに良い行動を選択することができるようになっていきます

今よりもより良いやり方は必ずある。

それを見つけていこうとする姿勢、今よりも改善していこう、良いものを求めていこうと学び続ける姿勢を持ち続けることが、さらに最善の行動を選択していくためのコツです。


↓ボタンをクリックしていただけると大変うれしいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
2013.01.24 Thu l 選択理論 l コメント (0) トラックバック (0) l top
心理カウンセラーの田中勝悟です。

表題はクライエントではなく、私自身についてです。

そう、私は人付き合いが結構苦手なんです。

これを見て「え?」と思われた方何人いるでしょうか?
カウンセラーが人付き合いが苦手って・・・(汗)
という感じでしょうか?

また、私を良く知っている人は、それこそ「嘘つけ!!」という感じに思われたんじゃないでしょうか?

素の私は人付き合いを避けることが多いです。
どっちかというと誰かと一緒に遊びに言ったり、何かの集まりに参加するのはかなり苦手です。
もちろん、目的があって集まる場合は構わないのですが、ただ「みんなで集まろう」という雰囲気の集まりに参加するのはかなり抵抗があります
あまりにも人付き合いが悪いので周りから怒られることもよくありました。

これは中学・高校の時と比較しても変わらないので、恐らくもともとの部分なのでしょう。
大学のころは何か「同年代の人たちとワイワイ楽しくするのが青春なんだ」と自分に言い聞かせて、集まりに参加することがよくありました。今思うと別に参加しなくてもよかったなとも思うのですが、当時は「参加しないといけない」と駆られていました。

今になって振り返ると、私自身が「自由の欲求が強い」からなんだろうと思います。
自由の欲求が強い人は、下手に居場所を作ろうとすると逆に束縛感を感じてしまい、病んでしまうことがあります。

実は人付き合いで悩んでいる人にはこうした「自由の欲求が強い人」が結構います。
彼らは自分の時間がある程度は確保されないとしんどくなるのに、「人と関わらないといけない」と考えてしまいます。
すると、「人関われない自分はダメなやつなんだ」「苦しいのに付き合いを断れない」と思ってしまい、心を病んでしまいます。

そうした人たちには「本来の自分」というのを把握すること、そうした自分との「付き合い方」を理解していくことが必要です。自信を持って実践できるようになると、人付き合いに悩まなくなります。

日本選択理論心理学会 尼崎支部では2013年2月3日に「相手と自分の違いの知り方」というタイトルでお話をさせていただきます。あの人と、自分、何がどう違うのかが分かってくると思います。



↓押して頂けると、大変うれしいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村
2013.01.21 Mon l 人間関係 l コメント (1) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味