FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

「2013年03月」日時の記事


    スポンサードリンク
 

精神分析は私には合わない

心理カウンセラーの田中勝悟です。鹿児島の旅行もあって、かなり久しぶりの更新です。旅行の詳細はこちらに書いていますのでよかったらご覧ください。先日(というか旅行中)、古宮昇先生の「怒り、さびしさ、悲しみは捨てられる」を読み終えました。古宮先生は来談者中心療法を専門しておられる先生で、傾聴やカウンセリングなどの書籍も多数出されておられる有名な先生です。また、過去4000人以上のカウンセリングを経験してこられ...

カウンセリングで治らない「心の病気」(栄養療法とうつ)

心理カウンセラーの田中勝悟です。私の病院では栄養療法を行っている珍しい心療内科です。そのため、私の方でも栄養療法の知識が求められる場面が多々あり、栄養面からの精神疾患の理解についてもある程度知識はあります。大抵の方はうつは性格やストレスから生じると考えています。もちろん医師やカウンセラーでもそう考えていますし、書籍やネットでもそうした情報はたくさん見つかります。なので、それはもちろん問題はないので...

カウンセリングは心でするもの

心理カウンセラーの田中勝悟です。今回はカウンセラーやカウンセラーを目指している人向けに書いています。私個人のカウンセリングに関する思いを書かせて頂きました。カウンセリングとは難しいもので、少しでも油断してしまうと初心者同様のレベルまで落ちてしまいます。具体的に言えば、いつもはプロカウンセラーとして恥ずかしくないレベルのカウンセリングができるのに、ちょっと油断してしまうとクライエントの話を全く汲み取...

学校の問題は管理職(校長と教頭)がカギ

心理カウンセラーの田中勝悟です。昨日スクールカウンセラーの任期が満了しました。その思いについてはこちらに書かせていただいていますので、ぜひご覧ください。私が担当していた学校は、最初は学校が崩壊している状態でした。しかし、校長によって立て直しが図られ、わずか3年間で非常に落ち着いた学校になったという経緯を持っています。この学校が立て治っていくプロセスに3年間もともに歩めたのは私にとって非常に幸運でした...

クライエントが泣くということについて。

心理カウンセラーの田中勝悟です。カウンセリングではクライエントが泣く場面と言うのは結構多いです。もしかするとカウンセラーが一番人が人が泣く場面に出会う仕事ではないかと思うくらい、クライエントの涙に出会うことは多いです。クライエントが泣く理由はいろいろと考えられます。今までの辛い出来事を思い出したから考えたくない現実に直面せざるを得なくなったから感極まったから触れてほしい部分にカウンセラーが触れてく...

Top