FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

「2013年05月」日時の記事


    スポンサードリンク
 

自由の欲求が強い人の天敵とは?

心理カウンセラーの田中勝悟です。私は元来、自由の欲求が強い人です。なので、会話が飛んでしまったり、周りの空気を読んで行動したり、集団の流れに添って行動するのが苦手な面があります。そんな自由の欲求が強い人は、自由気ままにできれば欲求を満たせますし、一人でいる時間を尊重してもらえる人が友人や配偶者にいればかなり友好な関係を築けることができます。しかし・・・。どの欲求もそうですが、人には相性というものが...

力の欲求が強い人はスルー力を身に着けましょう

最近、スルー力というのをとにかく身に着けようと躍起になっている、心理カウンセラーの田中です。「スルー力」とは渡邊奈津子先生が選択理論的に生きていくために、必要なスキルとして挙げているものです。私はこのスルー力、力の欲求が強い人ほど身に着けてほしいスキルだと思います。力の欲求が強い人は、私もそうですが、なかなかスルーできません。つい引っかかってしまい、「何で?」と相手に突っかかってしまうことが多々あ...

不登校には充電期間が必要?

心理カウンセラーの田中です。不登校について、良く言われる誤解の一つに「充電期間」というのがあります。よく保護者が不登校についてアドバイスや指示を専門家に仰ぐ際に、「今は充電期間です。エネルギーをためている状態ですからそっとしておいてあげましょう」というのがあります。実はこれはかなりの確率でスクールカウンセラーや医師に言われるアドバイスです。    スポンサードリンク もう一つは「そっとしておきまし...

不登校の子供との関わり方の基本

今までスクールカウンセラーとして3年臨床に携わってきましたが、何と言っても不登校の相談が多いです。不登校は文字通り学校に行っていない状態です。一昔前は、学校神経症、登校拒否などと呼ばれていました。これは「学校に行けないということは何らかの心理的な問題があるのではないか」という視点からつけられたものです。しかし、学校にいけない子供の中には、心理的な問題を抱えている子供だけでなく、単なる怠け、クラスで...

スーパーヴィジョンと来談者中心療法

今日はスーパーヴィジョンを受けてきました。かれこれスーパーヴィジョンを受けて4年目になります。おかげさまで大分カウンセリングも上達しつつあります。私の師匠は選択理論と来談者中心療法をメインにされてきた方です。当然スーパーヴィジョン自体もそれらが中心となります。開業されている方なので、カウンセリングの腕はかなり確かです。来談者中心療法は最初は「話を聴くだけの治療」と鷹を括っていたのですが、学び始めて...

Top