FC2ブログ

カウンセラーのつぶやき

いつも読んでいただいてありがとうございます。カウンセリングで私が学んだこと、感じたことを書いています。立ち寄られた方が少しでも幸せになっていただければ、とてもうれしく思います。

「2013年06月」日時の記事


    スポンサードリンク
 

スポンサーサイト

スクールカウンセラーによる不登校の対応の仕方

心理カウンセラーの田中勝悟です。今日スクールカウンセラーの仕事から帰ってきました。ここ最近ですが、私はジャージを必ず持っていくようにしています。理由は子どもたちとバスケやバトミントンをするためです。特に不登校の子どもたちとは体育館や運動場で一緒にスポーツをして汗を流す時間を持つようにしています。そして、この暑い日に運動をすると滝のように汗が吹き出てしまいます。そのため、あえてジャージを着るようにし...

振り回されるという選択

心理カウンセラーの田中勝悟です。選択理論では「相手を振り回さず、また自分も振り回されない生き方」を目指します。振り回されるという人生はとてもつらいものです。自分に全く選択権もなく、ただ周りに流され続ける。そのうちに自分というのがわからなくなる。これほどつらいものはありません。そして、カウンセリングや精神科を訪れる方には、このように「ずっと振り回され続けて疲弊してきた人たち」が大勢おられます。何を隠...

「思考」に焦点を当てる

心理カウンセラーの田中勝悟です。今日は選択理論の概念から私のカウンセリングについて紹介したいと思います。選択理論では、「行為」と「思考」の後をついてくるように「感情」と「生理反応」も変化するとします。そして、感情と生理反応は直接コントロールすることができません。つまり、憂うつな気分やイライラなどの感情、ストレスによる頭痛や腹痛などの生理反応を直接変えることはできないということです。さらに大切なこと...

フリーランスのカウンセラーにとって最も必要なもの

心理カウンセラーの田中勝悟です。仕事は病院でのカウンセリングとスクールカウンセリング、障害児を持った子供のデイケアセンターの療育スタッフをしています。まあ、悪く言えばフリーター、良く言えばフリーランスで心理臨床家として働いているわけです。フリーランスの方は大勢おられます。カウンセラーでも私のように多くの仕事を掛け持ちしている人や開業カウンセラーとして現場で働いている方もたくさんおられます。最近、フ...

不登校の子どもの敏感さ・独特の感性

心理カウンセラーの田中勝悟です。不登校児・生徒とはかれこれボランティアを含めれば10年以上関わっています。そうか、あの時関わっていた子どもたちももう20歳を超えているのかと思うとしみじみ思ったりします。最近になって、やっと不登校の子ども独特の感性が理解できるようになりました。特にスクールカウンセラーをしてから、結構不登校に関しては失敗続きで、その都度彼らの「心」というのを必死で勉強してきました。(もち...

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。