【スポンサードリンク】
  



カウンセリングでは人間関係に悩んでいる方が来られることが多いのですが、非常に不思議なことが起こります。

例えば、お母さんが子どもに良い大人になってほしいとガミガミ言えば言うほど、子供が自信を無くして引きこもりがちになってしまっているケース。

上司が叱咤激励のつもりで、部下を怒るのですが、結果部下がうつになり休職になってしまったケース。

妻が夫を愛するからこそ、してほしいことを言えば言うほど夫が妻から離れてしまい、妻が原因不明の頭痛になってしまったケース。

「相手のことを愛している、大切にしているからこそ、なぜか大切な人との人間関係が悪化していく」ケースというのは本当にカウンセリングでは多いです。
そして、来られた方は「なぜここまで言っても治らないんだ。わかってくれないんだ」と怒りを露わにしたり、
相手は「ここまで自分を痛めつける相手が憎い」「もうあの人のことは信じたくないし、仲良くしたくない」と落ち込みや憎しみを選択したりします。中には原因不明の頭痛や腹痛を呈している方もおられます。

このお母さんや上司、妻がしている行動は選択理論を学んでいる皆さんなら当然知っているものです。
これらの行動は「外的コントロール」と呼ばれます。

外的コントロールとは
①私が言えば相手は変わる!
②私の言うことは正しい!!
③相手は間違っているから正しくさせるのは私の義務だ!!!


という価値観・信条に基づく行動です。

ところで、私たちはなぜ相手を変えようとするのでしょうか?
間違っているから変えようとする心理はどこから来るのでしょう?

皮肉なことに外的コントロールは相手を愛しているからこそ生じるものだと私は考えています。
大抵、どうでも良い人になればなるほど、私たちは外敵コントロールを使わなくなる傾向にあります。
(例えば、わが子が信号無視をすれば怒るのに、知らない人が無視しても何も言わないのと同じです)
子どもに良くなってほしい、部下に仕事をしっかりと覚えてほしい、夫といい家庭を築きたい。
だからこそ、相手がそれができるように変えようとします。
この時、相手を変えようとしていることにはなかなか気づきません。

しかし、相手は「無理やり自分を変えようとしている」と敏感に感じます。
そしてそのコントロールに抵抗しようとします。
その抵抗の結果、お互いの距離が離れていきます。


これが外的コントロールを使った時の人間の心の動きなのですが、問題は「わかったところで、なかなか変えることができない」ということです。できるようになるためには、一生涯にわたって、訓練・練習・研鑽が必要となります。自分がどういうときに外的コントロールを使うのかを知っておく必要もあります。もちろん、外的コントロールを使わないやり方を身につければ身に着けるほど、相手との距離の縮め方、愛情の伝え方が上手になり、今よりも生きやすくなっていくでしょう。


明日8月1日から、日本選択理論心理学会が名古屋の金山で行われます。
どんな発見があるのか、学びがあるのか、今から非常に楽しみにしています。
また結果はまたブログでお話したいと思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013.07.31 Wed l 選択理論 l コメント (0) トラックバック (0) l top
心理カウンセラーの田中勝悟です。

毎日、暑い日が続きますね。
夏と言えば、「怖い話」が定番ですが、皆さんは平気ですか?
私はお化け屋敷は絶対無理ですが、怖い話は割と大丈夫です。

今回はカウンセリングにまつわる怖い話です。

カウンセリングをしていると「幽霊を見た」「金縛りにあった」など、心霊にまつわる相談を受けることが時々あります。特に中学校でスクールカウンセラーをしていてこのタイプの相談はいくつか受けました。

中には怖さで震えている人もいました。

カウンセラーは幽霊の相談のアドバイスをすることはできませんが、「怖いものを見てそれから何も手につかない」といった類の相談であれば対処することは可能です。
(憑りつかれている場合は別ですが)

「怖いものを見てどうしようもない」という場合はトラウマの治療をすることで改善する場合があります。
それで良くなったというケースはいくつか経験しました。

実際の幽霊に関する相談はお坊さんやお祓いの人にするのが一番です。
(信頼できる人というのが前提ですが)
しかし、その人の当時の怖さを和らげることはカウンセリングではある程度可能です。そうなれば、お坊さんに相談できる選択肢を検討する余裕も出てきます。

カウンセラーの中で、「幽霊を見た」というクライエントの話を聴いて「それはないだろう」と疑わないで頂きたいと思います。
(いないとは思いますが・・・)
実際、発達障害の人や、思春期の子供、ある地域の人では、幽霊が見えることはとても多いのです。
その時の怖さやつらさをしっかりと感じてあげてほしいと思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 教育ブログ スクールカウンセラーへ
にほんブログ村


2013.07.28 Sun l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
またまたテンプレートを変更しました。
テンプレートを変更した理由は、2カラムにしたかっただけなんですが、少しは「カウンセラーのつぶやき」っぽくなったでしょうか?


仕事はスクールカウンセラーの仕事が休みになるので、割と暇なのでブログを更新する頻度が高いです。

そんな私ですが昨日はカウンセリングの記録をずっと書いてました。
私の場合、カウンセリングの記録を書くと結構エネルギーと時間を使うのでかなり気合を入れて書きます。
大体1つのカウンセリングについて15分~30分くらいはかけますかね。
そのため一日に6件もカウンセリングが来ると一杯一杯になります。

こうした理由から、記録を書くのが億劫になるのですが、もう一つ理由があります。

それは、記録を書くと結構へこむためです。

カウンセリング中はクライエントの話を聴いたり、今後の見通しを話し合ったりするのに時間を使うため、割と冷静に落ち着いて考える余裕がないのです。

そこで記録はゆっくりと振り返るように書くことにしているのですが、書けば書くほどクライエントの心情が手に取るように見えてきます。記録を通して、カウンセリングの過程を追体験する感じですね。

すると
「そっかそういうわけでこの人は来たんだ」
と改めてクライエントの気持ちを理解できる面もありますが、

「なんであそこであんな返し方をしたんだろう!?」
「全然、クライエントの気持ちを汲んでいない」
と逆に自己嫌悪に陥る場合もあります。
最悪、かなりへこみます。その自己嫌悪と戦いながら、記録を書き上げるのです。
そこに非常にエネルギーを注ぎます。
正直、カウンセリングの後は記録をすぐに書こうという気持ちが起こらないのです。


気づけば記録がたまってしまって、余裕がなくなるということもあります。

当時は記録に時間がかかることで、「もっと効率よくできないか」と考えていましたが、最近は「記録を書くことで鍛えられているんだ」と思うようにしています。

私はプライベートを惜しんで記録を書きますが、それによってより一層クライエント理解やカウンセラーとしての態度を深めてくれているような感じもあります。
私にってケース記録はカウンセリングの勉強であり、セルフ・スーパーヴィジョンでもあるのです。
だからこそ、へこむようなカウンセリングの記録は大きな勉強であり、ある意味ではとても面白いと思います。

むしろ、記録を簡単に書くことでクライエントの大切な部分が抜け落ちないか、それが一番怖いから、時間をかけるのだと思います。

もちろん、カウンセラーによっていろんな書き方がありますし、現場では2~3行で記録を書かないと仕事が回らない多忙なところもあるので、ケースバイケースだと思います。

↓記録を手早く書きたいという方、時間を短縮したいという方は下記の本がお勧めです。





↓一日一回ポチっと押してくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
2013.07.25 Thu l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
以前からちょっと気になっていた部分もあり、テンプレートを大幅に変更してみました。

訪れたかはちょっとびっくりしたんじゃないかと思います。

ただ、私は急な変更に大変弱いところもあり、このテンプレートでいいのかどうか、ちょっと困惑している部分もあります。まあ、慣れてくると気にならなくなると思いますが・・・。

カテゴリーも整理したので少しは見やすくなったかな?

当面はこのテンプレートで行こうと思います。

これからも「カウンセラーのつぶやき」をよろしくお願いします。

2013.07.24 Wed l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
心理カウンセラーです。

今日は仕事が休みなので、家で講演会の準備などをしています。

妻が仕事に出ていないため、お昼ごはんをどうしようかと悩んでいると、そこにはお中元で送られてきた「そうめん」がありました。早速、そうめんを湯がいて食べました。

しかし、30分くらいして急に甘い炭酸飲料がほしくなりました。まあ、そこは我慢すると、1時間後には頭がフラフラしてしまい、極度の疲労感が出るように。眠気もして、なかなか仕事に集中できません。さらに何故か、焦りや不安も出てきます。

実はこれ、反応性低血糖と呼ばれる低血糖に現れる症状です。
反応性低血糖は糖類を食べた後に、急激に血糖値が上がり、インシュリンが過剰に分泌されて急激に血糖値が下がってしまう現象です。その後、下がり過ぎた血糖値を元に戻すためアドレナリンが放出され、そこから不穏感や焦り、不安、イライラなどの感情が出てしまいます。

いつもはこれを意識して、なるべく血糖値が上がらないものを食べたり、食べる順番を変えたりと工夫しています。例えば、サラダを先に食べたり、ご飯など血糖値が上がりにくいものは極力食べないようにしたりなどなど。おかげさまでかなり集中力や疲労感で悩むことはなくなりましたし、甘いものもそれほど食べないようになりました。

しかし、しまった・・・。
油断していました。
そうめんは実は血糖値を上昇させやすい高GI食品と呼ばれているものです。
完全に反応性低血糖になってしまいました。

まあ、しばらくすると血糖値も安定してくると思うので、大丈夫だと思うのですが・・・。
こうして記事を打てているので、まあまだ軽い範囲なのでしょう。

心と栄養の関係を改めて思い知らされました。


ぜひ、そうめんを食べるときは単品ではなく、サラダやお肉を先に食べたり、ネギや薬味を入れたりするなど血糖値を急上昇させない食べ方を工夫することをお勧めします。

↓低血糖についてはこの本がわかりやすいです。


参照:低血糖うつの人が食べてはいけないもの or 食べていいもの ">低血糖うつの人が食べてはいけないもの or 食べていいもの



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
2013.07.23 Tue l 心と栄養 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味