【スポンサードリンク】
  



私は不登校の親や子供のカウンセリングを多数経験してきました。

彼らの関わり方や対処法、理解の仕方については自信はあります。
基本は子どもをしっかりと理解するということに尽きます。
理解ができないとどんな対処法もアウトです。例えば、「待つ」という対処法がありますが、これは子どもが「さなぎのようにしっかりと自分と向き合って成長しているんだ」ということを確信を持って理解できないと、逆効果です。

しかし、多くのスクールカウンセラーでは、「不登校=待つ」という対処法を進めることが多いです。子供を全く理解できていないのに…です。待つのではなく、積極的に働きかけないといけないケースもあります。また食事を変えるだけで不登校が改善するケースもあります。

一般に不登校支援に長けている人ほど、不登校の子供の理解が早いです。一瞬で「この子はこういう子か!!」と理解し、だから即効果的なプランを作ることができるのです。

さて、不登校の親はかなりのストレスを抱えます。
その理由として、子どもが学校に行けないのは、親にとって相当なダメージです。
そして、子ども自身が学校に行けないというのは相当なストレスでもあります。

考えても見てください。
あなたが職場不適応を起こして、仕事に行けなくなった時点で、相当なストレスですし、自信もなくなり、もう全てが嫌になったと思うはずです。「自分はダメな人間ではないか」「働けないなんて周りからどう思われるか…」と悩むはずです。

これと同じ心境が不登校の子供にも当てはまります。
「学校に行けないなんて、人間失格だ」
「お母さんやお父さんは絶対失望しているに違いない・・・」
これが不登校の心境です。
そして、学校には行けない、しかし今のままだと自分はダメになるだろう。どうしていいかわからない。

だから、ゲームや趣味に没頭しようとするのです。
ネットで居場所を見つけようとするのです。逃げたいほどつらい心境なのです。
当然ですが、上記の心境は精神的には不健康です。このような心理状態が続けば、精神科のお世話になるような状態に陥ることもあります。しかし、これは学校に行くようになれば改善するもので、心の病気ではありません。なので、精神科を拒否してしまう子どももいますし、その気持ちは痛いほどわかります。


この子どもの気持ちに、不登校の親はなかなか気づけません。
「行かないなんて、さぼりだ。心が弱いからだ」
「何で行かないんだ。何が嫌なんだ!!」
「何とかして行ってもらえないだろうか?」
こう思っている内は不登校の子どもを理解することはまず不可能です。

そして、子どもの気持ちが理解できないまま、どんどん子どもとの距離がズレてきます。
これが相当な親のストレスになります。
相手の気持ちがわからないのに、相手の将来のために動きたいが、どうしていいかわからない・・・。

これは相当なストレスです。そして脳はストレスを避けようとします。その結果、子どもと距離を取るようになり、子どもはどんどん引きこもり化していきます。

これが不登校の現状と将来です。

なので、まずは子どもの気持ちを理解する、子どもの味方で居続けることを諦めないでください。
有能なカウンセラーと一緒に考えていくのも手です。きっと、あなたの子どもを理解する術を教えてくれます。

そして、どうしていいかわからなければ、子どもの気持ちを理解するという初心に戻ってください

それを忘れると、必ずすれ違いが凝り、子どもを引きこもりにさせてしまいます。そして、これはできるだけご両親が一緒に考えないといけません。母親だけでもできますが、父親も一緒に理解をしめしていくことで、母親も子供も安心しやすくなります。

あなたの子どもは非常にしんどい状態に陥っているのです。
それを救うために、家族や学校の助けが必要な状態なんだと考えることが不登校脱出の第一歩なのです。

以下のブログもおススメです☆
不登校の親の気持ち・心理状態
不登校 子供がゲームに依存する理由
不登校の感性 学校という場
不登校 原因
不登校 子供 予後



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

スポンサーサイト
2014.03.28 Fri l 不登校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回もカウンセラーが伝えていいのだろうか・・・ということをお話しさせていただきます。

それは
カウンセリングの辞め方です。

カウンセリングは長ければ長いほど良いというわけではありません。
特にカウンセリングに全く効果がないばかりか、カウンセリングを続ければ続けるほど苦しく、つらくなる場合は尚更です。ちなみにこの場合の苦しいというのは、あなたが問題に直面して苦しいという意味ではありません。その場合はぜひ続けるべきで、逃げないようにして頂けたらと思います。

私が言う辛くなる場合とは、カウンセラーの言葉や表現で傷ついてしまい、会う度に逆に傷つけられてしまうような場合です。
(残念ながら、クライエントを過度に傷つけてしまうカウンセラーはいます。「イライラして子供を叩いた」と話すお母さんに対して、「あなたはそれでも母親ですか?」というようなことを平然と言ってしまうカウンセラーはいるのです。ちなみにこれがなぜクライエントを傷つけるのかがわからない人はカウンセラーにならないほうがいいでしょう)

そのようなカウンセラーであればカウンセリングをやめた方が良いでしょう。

また、あなたが全く合わないと感じているカウンセラーとずっと会い続ける必要はありません。特に生理的に受け付けないカウンセラーの場合はなおさらです。

カウンセリングは相性がものを言います。相性はどこで判断するかと言えば、最初に会ったとき、いろんなことをしゃべれるかどうかです。「なんかしゃべりにくいな・・・」という場合は相性はあまりよくないかもしれません。「この人は絶対にしゃべれない」と感じたら、それは相性はもっと悪いでしょう。

相性が良くない場合は、無理に続ける必要はありません。結婚相手を見つけるくらい、カウンセラー選びも慎重にした方がいでしょう。

できれば、3回くらいはカウンセリングを受けてみて、それで効果が感じられなければ、辞めた方が良いです
(私の経験ですが、3回でカウンセリングの方向性や流れがほぼ決まると感じています。それはクライエントも同様で、3回以内で問題が一通り解決して終わることもあり、また今後のカウンセリングの方向性が見えてくるのがこの3回目です。それくらいこの3回目までが大事たと考えています)


さて、カウンセリングのやめ方ですが、一番多いやめ方は無断キャンセルです。
ただ、無断キャンセルはカウンセラーとしてかなり心身に応えます。つまり、へこみます。なので、できればしてほしくないです。
また、開業のカウンセラーによっては、無断キャンセルをしたクライエントに対して執拗に電話をかけてくるケースもあります。心身共に弱っているクライエントからすると、この電話はかなりのストレスではないかと思います。

なので、無断キャンセルはあまりしない方がいいでしょう。

できれば一言をカウンセリングにやめることを伝えてからやめた方がベターです。それでも引っ張ろうとするカウンセラーであれば、「また来れそうな時に電話します」と伝えて、去った方が良いでしょう。

ちなみにやめることを伝える際に、こういう言い方をすると良いかもしれません。
「先生のおかげでよくなりました」
「先生と話していると心が楽になったので、もう大丈夫です」
「先生のおかげで問題がすっかりと解決しました」

問題が良くなってはいませんが、問題が良くなったと言われればカウンセラー側は「わかった」というしかありません。

また、電話をかけてこられた際も「前に先生とお会いして大分よくなりました。ありがとうございます。また問題があれば伺います」と言えば執拗に電話をかけてくる心配はなくなります。

と、ここまで書いてきましたが、カウンセリングを受けている方で「カウンセリングに通っても意味がない、やめたい」と考えている方は上記を参考にしていただければと思います。

しかし、思ってもいないことを伝えるのは相当なストレスでもあります。それをクライエントにさせる時点でカウンセラー失格ではないかと思うのです。この時点でカウンセリングは失敗しています。

私を含めカウンセラーの方はクライエントに心にもないことを言わせないよう、日々精進し研鑽を重ね、上質なカウンセリングを提供できるようにしていきたいものです。





↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.03.25 Tue l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
心理カウンセラーの田中勝悟です。

人間の脳は「批判」を受け付けないようにできています。
例えば、批判を受けると多くの人が快の感情ではなく、不快の感情を出します。
具体的には落ち込んだり、イライラしたり、悲しくなったり、嫌になったりといった感情を出します。批判される状況が続くと、身体が動かなくなったり、注意・集中力がなくなったり、眠れなくなったり、頭痛や腹痛がしたりするようになります。
これらの反応は、脳が「この状況から早く逃げるんだ」というシグナルです。
つまり、脳は批判を受け入れるようにはできていないのです

批判されて、「嬉しい、やった、何だかテンションが上がってきた」という人はあまりいないだろうと思います。

しかし、だからこそ私たちは批判には敏感です
批判される状況を避けようとするためです。危険から身を避ける能力が動物には備わっているのと同じように、批判を敏感に察知して避けようとするプログラムが私たちには備わっています。



下の本はどちらが売れそうなタイトルか予想してみてください。

1.子どもを幸せにする魔法のテクニック

2.失敗しない子育てのための魔法のテクニック

さて、どちらが売れそうな本のタイトルでしょう?

統計的には2番目の方が売れる傾向にあるようです。
売れるタイトルをつける場合、ネガティブな、批判的なワードを組み込むと売れやすくなります。

有名どころでいえば、
「バカの壁」とか、「母という病」とかですね。
「失敗しない〇〇」というタイトルも売れやすいタイトルです。

私たちは批判的なワードを見ると、「そうならないように」と、それに注目する傾向があります

これらは私たちが批判に敏感である証拠の一つであると思います。

ちなみに、批判をずっとされ続けると人はどうなると思いますか?

一つは、批判されることにビクビクしてしまうようになります。
また、批判される言動に対して過度に怒りを爆発されるようになります。

どちらも自分に自信が持てなくなるために起こる行動パターンです

ちなみに、選択理論のグラッサーは批判の対処法に対してこのようなことを言っています。

【「周りが批判してくれるから、私は自分を批判する必要がなくて助かった」と思うといい。】

また、できれば批判されないようにするために、自分の日頃の行動をコントロールしておくことも大切です。

例えば、
批判するような人に対して不用意に近づかない。
批判されるだろうと思われる言動は控える。
そうした状況や人物からは逃げる。または距離を取る。


こうしたことを日頃から気を付けるようになれると良いです。
批判をされたら快く受け流し、その場を立ち去るような対応をすることをお勧めします。
これは批判されて、感情を爆発させるよりも、ベターなやり方です。

できれば、批判する人と仲良くなれるような行動がとれると、本当に良いのですが、これはかなり難しいです。
なので、まずは上記の対処法を取ることが、あなたを批判から守る方法の一つだと思います。

あとは、自分に自信をつけることも良いでしょう。
これについてはカウンセラーに話を聴いてもらい、アドバイスをもらうことで見つかることもあります。




↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


2014.03.24 Mon l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top
選択理論心理学会尼崎支部の支部長代理の田中勝悟です。

先ほど、やっと選択理論心理学会 第23回年次大会の発表原稿を担当者に送りました。

ちなみに、発表はポスター発表と事例発表の二点をする予定です。


ポスター発表は以前ブログで取り上げたことがある

「気持ち」は「思考」?それとも「感情」?

です。

参考

感情はコントロールできない―「気持ち」と上手に付き合うことがコツ

英語に「気持ち」に相当する言葉はない

気持ちを大切にするとは?


特に今回は「気持ちの理解の仕方」に焦点を当てて考察を加えました。
子どもの気持ちの理解や大切な人の気持ちの理解の仕方がわかるような内容になると思います。
特に「大切な人(自分の子供や配偶者、恋人など)の気持ちがわからない」と悩んでいる人にとっては、良いヒントがもらえるだろうと思います。


あと事例発表ですが、不登校の子供やうつ病で会社を休職した人、失敗続きで「僕はどうしようもない」と思っている方が自力で解決したり、そのような人を支えている人たちにとって大きなヒントになるような内容を目指しています。

発表の詳細については、選択理論心理学会のニュースレターで連絡が来ると思いますので、ご覧いただければと思います。

ちなみに学会は
2014年8月2日(土)~3日(日)で、
東京のお台場らへんですとのことです。

またわかり次第、ブログで日程をお伝えしたいと思います。

もし、上記日程で空いている方がおられましたら、ぜひご一緒しましょう☆
特に大阪・関西圏から学会行かれる方がおられましたらよろしくお願いします。

選択理論心理学会の詳細についてはこちら



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


2014.03.23 Sun l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日から今日にかけて、結婚記念日として妻と大阪をブラブラしていました。

遠出するにはお金がなかったので、近場でホテルに泊まってショッピングや映画を楽しみました。
これだけでも十分旅行した気分になり、楽しい記念日を過ごしました。

昨日は映画の「LIFE!」を見に行きました。普段は映画を見に行かない私ですが、これだけは「絶対映画で見たい」と思っていて、妻にお願いをして見に行きました。

LIFE.jpg

感想としては、想像していた通り、私は非常に楽しめました。
LIFE(人生)について非常に考えさせられましたし、ベン・スティラーなりのLIFEの真髄というのが作品を通して感じることができました。最後のオチは少し泣きそうになりました。
ただ、人を選ぶ映画かなとと思います。おそらくエニアグラムでいうタイプ4の方は非常に満足できる映画ではないかと思います。内容が気になる方はどうぞ映画館で見てください。


さて、その後は妻と一緒に心斎橋のキッチンバルruccaというお店でティナ-をしました。

とてもおいしかったです。
結婚記念日用のコースを注文したのですが、それぞれがオシャレでとてもおいしく結婚式の料理を思い出しました。

またお店の計らいで、ケーキも結婚記念日用に作ってもらいました。

心斎橋のキッチンバルruccaのケーキ

ケーキにロウソクを付けて、音楽を流しながら持ってくるというサプライズもあり、お店側のサービスに感動しました。妻の嬉しそうな顔が心の中に残りました。

心斎橋のキッチンバルruccaはお勧めです。充実した記念日を過ごすことができました。

その日は大阪のホテルに泊まりました。

今日は朝グランフロント大阪でショッピングをして、梅田スカイビルの方に行きました。
久しぶりのスカイビルは本当に大きくて、青空もきれいで心が癒されました。

大阪をブラブラするだけの2日でしたが、いろんなことを妻と分かち合うことができてとても充実しました。楽しかったです。

結婚して3年(付き合い始めてもう10年)ですが、年を重ねれば重ねるほど、親しみや愛情が出てくるようなところがあります。
多分、選択理論を普段から実践しているところが大きいんじゃないかと思います。おかげさまで、夫婦ケンカといのはほとんどしていません。日頃の夫婦カウンセリングの結果からも幸せな夫婦生活をするということは可能だと確信しています。

これからももっと幸せな夫婦になれるようお互いに努力を積み重ねていきたいと思います。




↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.03.21 Fri l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味