【スポンサードリンク】
  



最近になって、アサーション(自己主張)の大切さを感じることが多くなりました。

アサーションとは、自分の意見をしっかりと相手と角が立たないように主張するスキルのことです。

具体的には「Iメッセージ」の活用などが挙げられますね。
Iメッセージとは「私は○○と思う」という形で自分の意見を伝えるやり方です。
これの反対は「Youメッセージ」で「あなたは正しい。間違っている」と言った言い方です。
「なんでそんなことするの?普通に考えてわからないの?」という言い方はYouメッセージです。
逆に「私だったらこういう風にするかな」という言い方はIメッセージです。

当然ですが、十人十色でいろんな考え方、捉え方、感じ方があります。
私のブログに対しても、「勉強になる」という人から、「何だこのブログは!!」とお怒り・ご指摘のメールをいただくこともあり、本当に人の考え方ってそれぞれだなあと思います。

そうした中で、最近になって思うのは、「ちゃんと自分の意見を言わないといけないよなあ」ということです。
ただ、「気分を害してすみません」だけだと、悪い表現ですが、相手が調子にのってしまうこともあります。不必要に踏み込まれてしまいます。

もちろん、自分が100%悪いのであれば、しっかりと謝るべきですが、自分なりの考えがある場合は、それをしっかりと伝えないといけません。

相手に迎合したり、ただ謝るだけではダメなのです。
かといって批判されたことを根に持って、相手を非難するのも違います。

しっかりと自分の意見を主張することが大切だということです。

特にカウンセラーをしている人は、しっかりと自分なりの意見・考え方・見方を持っていて、さらにそれを自覚していることが必要だと私は思っています。
「ああ、その意見もあるんだ。それも大切だよね」
と相手の意見に単に合わせ続けるだけでは、カウンセラーという仕事はまずできません。
コウモリではカウンセラーとしてやっていけないのです。

傾聴や共感・受容とは、クライエントの中に入っていくことであって、「そうだね。わかるよ」と相手の意見にただ合わせるだけではないのです
ただ合わせるのは正直誰にでもできます。

そうではなく、そこにカウンセラーとしての思いや価値観・考え方があり(もちろん、カウンセリング理論に基づくものですが)、「クライエントに良くなってほしい」という信念を持った上で、クライエントの世界に入っていくのです。

また、カウンセラーはクライエントから圧迫を受けることもあります。
「先生、本当に私のことをわかっているんですか?」
「本当に私のことを考える気があるんですか?」

クライエントも不安なままカウンセリングを訪れるので、時折不安や怒りに巻き込まれて、このようなことをいうクライエントは多々あります。特に初回の面接ではよくあるのです。私も最初のカウンセリングほど、びくびくしてしまうことはありませんが、それを乗り越えるとクライエントはカウンセラーを信頼するようになります。

この時に、精神的につぶれてしまう人はカウンセラーには向いていません。
クライエントに良いように遊ばれるのがオチです。
圧迫面接に弱い人は、カウンセラーの仕事はなかなか持たないんじゃないかと思います。

あと、カウンセリングが上手く行かない時に、クライエントのせいにする人もカウンセラーとして不向きだろうと思います。
「自分の関わり方が悪かったな。こう関わればよかったな」と常に自己成長を目指す姿勢がカウンセラーには必要だと思います。

う~ん、どんどんアサーションから離れていきましたね・・・。
まあ、「カウンセラーは真っ白で」「カウンセリングに価値観や主観を持ち込まない」と言いますが、だからといって「カウンセラーは価値観を持ってはいけない」というわけではないということです。むしろ、カウンセラーの価値観やその人なりの考え方はカウンセリングをするうえでかなり必要だと思います。

常に自分の中の軸がぶれないようにしていきたいものです。

ちなみに、次のブログはカウンセラーとしてかなり勉強になります。
非常に厳しいお話が多いですが、読むたびに「カウンセラーとして気を引き締めないと!!」と裾を正される思いです。
もちろん、私も不完全ですし、至らない点が多々ありますが、日々改善していきたいと思います。
興味がある方はぜひ読んでみてください。

心理臨床家の在り方




↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


スポンサーサイト
2014.06.30 Mon l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
発達障害という診断名は学校や医療現場などで、簡単に使われるようになりました。
あなたはADHDだ、あの人はアスペルガーだ、私はLD(学習障害)だ…などなど。発達障害が市民権を持って幾月か経っています。

ちなみに、私は今日は障害を持ったお子さんの療育の仕事をしてきました
障害と言っても軽微なものではなく、特別支援学校に行っているような子供が対象の仕事です。言葉がしゃべれない、パニックになったら手がつけられないようなお子さんと関わっています。ダウンや重度の自閉症のお子さんとも関わります。その中で、子どもに合った療育プランを適宜考え、実践しています。

そうした子どもたちと関わっていると、気軽に発達障害と呼んでしまう風潮にどうしても疑問を感じずにはいられません。
障害と呼ぶ場合、それは仕事や日常生活で支障が出るものを指します。

例えば、肢体不自由という障害は、移動や日常生活に確実に支障が出てきます。
だから車いすというフォローが必要なのです。

困った子=発達障害ではありません。
が、「困った子=発達障害だから」という風潮は学校現場や医療現場でもかなり見られます。
(まあ、気持ちはわからないでもありませんが・・・)

例えば、教室で暴れる子に、すぐにADHDという診断を付けたところで一体何が変わるのか。
大抵の処方は薬を飲んで落ち着きましょうというくらいの支援。後は補助が付く程度でしょうか。
実際には、担任が変われば、すぐに教室内で暴れることが一切なくなるというケースも多々あります。
よく聞くと、前の担任は「すぐに怒鳴る、叱る、悪いところばかり言う」対応で、だからそれに反応してその子も「教室で暴れる」反応を起こしていたとのこと。
もちろん、子供自身の成長もありますが。

これは担任との相性が悪かっただけなのではと思います。

ちなみに、発達障害の診断ですが、神田橋條治先生の追補 精神科診断面接のコツでは診断について3つの機能を上げています

一つは医師が患者を見立て、処置法を決定するための指針
二つは専門家同士で、患者の症状や病態を簡単に共有するための言語としての意味
三つは患者に症状や治療方針を説明するための道具
(わかりやすくするため、多少噛み砕いて書いています)

これらを「発達障害の診断」という観点から見ると、
「こういう風に治療、指導し、関わったりフォローすればこんな感じで良くなるだろうという方向性を見出すもの」
「教師、親、スクールカウンセラー、医師などの間で『こういう子どもなんだ』と簡単にイメージを共有しやすくするための言葉」
「親や子供に対して『こういうふうにしていけば大丈夫だよ』と安心感を与えるためのもの」
と、考えることができるかもしれません。

そして、大切なことはもしADHDとや広汎性発達障害という診断名は、大人が子どもをどうするかというために使われるのではなく、「現に困っている子どもをどうフォローしていくか」に焦点を当てて用いられるべきだということです。

「あの子は広汎性発達障害だから空気が読めなくても仕方がないよね」
「ADHDだから注意散漫で衝動的なのは仕方がないね」
ではないんです。

実際にそれで困っているのは子ども自身のはず。
発達障害の傾向がある子どもは、多々自尊心が低下している場合が多く、何をしても「したくない」とやる気がなかなか出てこないことも多いのです。

これは出来ないことが人よりも多かったために、達成感、充実感、つまり「俺ってやればできるんだ」という実感が乏しかったために起こるのです。
困っていないように見える場合は、「困り方」がわかっていない場合もあります。
困り方がわからないということは、壁の乗り越え方わからず、常に「俺はできないんだ。じゃあ、頑張るのをやめよう」と思うようになります。中学生になって、このような子どもは比較的多くみられます。人は取り残されるとなかなか頑張れないものなのです。

だからこそ、頑張り方が見えてくるように周りの大人たちがしっかりとフォローしていくことが大切なのです。

そのための方向性を見出す指針として、
また親や教師が子どもを理解するための共通言語として、
発達障害とは言わないまでも
「あなたはここが苦手だから、これができるように頑張っていこうね」と子どもに伝えるための道具として、
この診断名を使っていくことが大切ではないかと思います。

私はカウンセラーですので発達障害という診断名を使うことはありませんが、教師と子どもの関わりを見て「あの子はADHDのような傾向があるからこう関わって、このように指導すると上手く行きやすいですよ」とあえて診断名を使う場合も稀にですがあります。要は子どもとの付き合い方や指導のポイントを伝える道具として使うのです。
まあ、大抵は気質分析で十分なので、発達障害の診断名が必要になるケースはほとんどありませんが・・・。

発達障害の診断名はより良い支援へと先へつながるために使うべきだというのが私の考え方です。

要は安易な使われ過ぎが問題であって、しっかりと賢くこの診断名を有効活用していってほしいというのが私の願いです。


↑神田橋先生の発達障害に対する理解と支援の仕方があますことなく語られた良書です。発達障害の当事者、作業療法士、臨床心理士の方たちとの対談形式で、本当に読みやすいです。おススメの一冊です。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.06.27 Fri l 発達障害 l コメント (0) トラックバック (0) l top
昨日、中学校で「心の授業」を行ってきました。

中学生に選択理論の「基本的欲求」の話をし、自分の性格と上手に付き合うことが大切だということをお話しました。
実際にチェックリストを用意し、基本的欲求という「変わらない性格」の部分について生徒に自己評価でチェックをしてもらいました。

私たちのストレスの原因は「自分の変わらない性格(専門的には気質と呼びます)」と合わない生き方をすることが原因です。
例えば、寂しがり屋の気質を持っている人は、誰かと一緒にいる状態が自分に合った生き方です。
そういう人が一人っきりになっている状態は非常にストレスフルな状態です。

逆に寂しがり屋でない気質の人はそうした状況でもあまりストレスを感じません。

ただ、当然ですが私たちの人生は、「自分の気質にぴったり合う状態」になることはほぼ皆無です。
もしぴったり合って幸せだと感じたとしても、その直後にズレてしまうということはよくあります。

例えば、好きな恋人と一緒にいて寂しさが紛らわせたとしても、離れてしまえばまた一人っきりです。
上手く行ったと思ってもすぐに失敗して落ち込むことは多々あります。

大切なのは、自分の気質に合った生き方、自分らしく生きれるようにどう工夫して、改善していけるかです。

そのためには、自分らしさ、気質をしっかりと理解しないといけません。
その上で、「どう生きていけばいいか、付き合っていけばいいのか」を絶えず工夫していくことが大切なのです。

それが自己成長であり、自己実現ではないかと個人的に思っております。

私はスクールカウンセラーで、子ども気質分析をし、「あなたの性格はこうだから、こう生きたらもっとよくなるよ」と伝えることがあります。すると、子どもの中で何かつかめたみたいで、表情が明るくなったり、ホッとしたような表情を見せることがあります。
多分、自分に合わない中で頑張って生きてきたんだなあと、彼らのつらさを感じずにはいられません。

そのため、カウンセラーにとって気質分析のスキルは非常に大切なものだと思うのですが、いかがでしょうか?

私の授業で、子どもたちが何かをつかめたとしたら幸いです。
また日々の臨床を頑張っていきたいと思います。

   

↑気質の入門については上記の二冊がお勧めです。
特に子をもつお母さん・お父さんは子どもの「生まれつき性格」を大切にする子育てをお勧めします。

また選択理論の基本的欲求や概要について学びたい方は

がお勧めです。

また選択理論について直接学びたいという方は、
こちらへどうぞ
兵庫県の神戸と尼崎の二か所でやっており、私は神戸の研究会を担当しています。
尼崎は支部長の里見先生が担当しております。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.06.26 Thu l スクールカウンセリング l コメント (3) トラックバック (0) l top
ここ最近、箱庭療法の研究会に参加してから、描画療法や芸術療法について興味が出ています。
私自身、箱庭療法を受けてみて、「ここまで内面が出てくるんだ」とかなりびっくりしたことも大きな要因です。

特に風景構成法は箱庭療法をベースにした心理療法なのですが、ここ最近試してみて有用性に大変驚いています。

お会いしているクライエントの中でなかなか自分の思ったことを口にできず、表現できない方というのは少なからずおられます。
そうした方と言葉でのカウンセリングをすると、途中行き詰ってしまうことも多いのです。

「なんだろう、この感じ。なかなか言葉にできないんだけど」というモヤモヤがずっとあって、それを出すのが本当に難しいのです。そして、カウンセリング自体が進展せず、本当に「クライエントに対して申し訳ない」気持ちでいっぱいになります。私の場合はクリニックで自費でしていますからね。
お金まで払ってもらっていいんだろうか・・・と辛くなります。

もちろん、私自身の力不足ということもあるのでしょうが、そうしたクライエントに対して「何かできることはないか」とずっと頭を悩ませていました。

そんな中で箱庭療法研究会に参加したのですが、箱庭を学ぶうちに風景構成法にも興味があって、最近はそれをカウンセリングで行ってみることが増えてきました。クライエントに良くなってほしいという思いからです。

使ってみての印象ですが、クライエントのモヤモヤや課題が絵を通してくっきりと見えるので本当にびっくりしました。

小難しいことは書きませんが、全体的に今置かれている状態や今後の課題、どうすればいいかなどが本当にはっきりと見えてきます。
絵を通してクライエントとお話をしていると、クライエントも「あ、そうか」と何かつかんだような表情を見せることが増えました。

若干、「絵を書くだけで・・・」と思っていましたが、風景構成法はかなり使えると確信しています。
ちょっと、風景構成法の研究に没頭してみようかと思います。

《送料無料》風景構成法 その基礎と実践

《送料無料》風景構成法 その基礎と実践
価格:4,158円(税込、送料込)





↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.06.23 Mon l 描画療法 l コメント (5) トラックバック (0) l top
私はスクールカウンセラーをしているためか、「子育て」に関するカウンセリングを行う機会が多いです。
大抵お母さんが来られる場合が多いですね。

もちろん、子育てカウンセリングといってもいろんなタイプがありますし、状況に応じて支援するポイントも変わり得ます。

例えば、
お母さん自体が精神的に病んでいる場合。
夫婦関係が悪化している場合。
嫁姑関係で一杯一杯になっている場合。
経済的に子育てが難しい状況になっている場合。

こういう場合は、まずお母さんの心理的安定が第一です。
それができないと子育ての支援などまずできません。

心理的に不安定だと、虐待などにつながることも多いのです。

カウンセラーはまずお母さんが「どうすれば心理的に安定するのか」をしっかりとポイントを押さえて支援していくことが大切です。

「そんなんで子どもを育てられると思っているの?」と批判や非難をしないよう注意したいものです。
お母さんもちゃんと子どもを育てたいはずですし、それができないから一層悩んでいるのです。
それを理解せずに、いきなり説教から始めるのはご法度です。

私たちカウンセラーは「まずはできるところから」でスタートするしかありません。

その上で子育てのポイントについて話し合ったり、アドバイスや助言を与えたりしましょう。

私の場合は、子どもの気質や基本的欲求に沿ったアドバイスをすることが多いです。
その見立てのポイントも私の中ではありますし、的中率もあります。
選択理論では欲求を満たすことを重視していますので、自ずと良い満たし方に焦点が置かれるので、子育ての方向性や支援するポイントも自ずと見えます。

そうした見立てをお母さんやお父さんに伝えることで、ご両親が子どもの育て方・支え方を理解することができます。

そして、理解できれば、自然と「どう育ててればいいか」が見えてくるのです。

よく「〇〇についてどうしたらいいですか?」と相談を受けますが、
初心者のカウンセラーに多いミスの一つは「じゃあ、こうしましょう」と安易に提案して、結果として前よりも悪くなったり、効果がなく、「どうしたらいいんだろう」と悩んでしまうケースです。

逆なんです。

「どうしたらいい?」の前に「何のためにこの子はそれをやるんだろう?」と子どもを理解することが先なんです。
答えは簡単です。
それをしたいからするんです。
問題は何のために「それをしたいか」なんです。

子どもが友達をいじめているとき、その背後に「テストや勉強も上手く行かない、もう自分はどうでもいいや」というのがあれば、その子は「自分はできるんだ。上なんだ」と思いたいからこそ、いじめるという選択をするんです。
となると、その子が「他にも取り得がある」「僕はやればできるんだ」と思うようになれば、自然といじめは治まります。
(もちろん、ケースバイケースです)

それなのに、「ああ、発達障害が絡んでいるのかな?」と安易に障害を結び付けようとする人が何と多いことか。
そして「ADHDだから、こう支援すれば収まるだろう」と安易に考えて、より一層悪化させているケースは多々あります。
子どもは本当は「もっと頑張る手だてが欲しい」だけなのに、病院に連れて行かれてコンサータやストラテラ、リスパダールと言ったお薬を飲まされ、あとは放ったらかしにされてしまうことも多々あります。

他にも「不登校になったらまずは医療機関へ」とすぐに言う専門家も多く、私としては閉口してしまいます。
不登校は単に学校が合わず、学校に行くのにエネルギーを使い切った結果、行くことができなくなった状態です。
問題は「なぜ学校が合わないのか」「どう頑張って来たのか」をしっかりと理解することです。
その上で医療機関につなげた方がより良い支援ができると明らかになった場合に、医療機関を利用することが望ましいです。

まずは理解することです。
子育てカウンセリングのポイントは、まずは子どもをしっかりとご両親が理解できるように促していくことです。
わかってくれば自ずと支援のポイントも見えてくるようになります。

逆にそれなしで支援をすれば多くの場合、失敗するでしょう。
それだけ理解することが大切ですし、子どもの理解を円滑にすることが子育てカウンセラーに望まれているものではないかと思います。



↑ベテランカウンセラーが書いた子育ての本です。子どもの気質(一生変わらない性格)という視点から、子どもを理解し、どう関わって育てればいいか、わかりやすく書かれています。0歳~6歳までが対象ですが、思春期の子どもを持つ親にも十分役立つ内容です。
あと、カウンセラーの方、特に子育てのカウンセリングをされる方はぜひとも呼んでほしい本です。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.06.19 Thu l 夫婦・親子・家族 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味