【スポンサードリンク】
  



暑い夏が続きますね・・・。
いかがお過ごしでしょうか?

私は最近は余裕のある日々を過ごしています。
まあちょくちょく予定が入っているので、ある程度忙しくさせていただいて助かっています。

今回、選択理論が目指している世界というのを紹介したいと思います。
選択理論が作りたい世界というのは、「幸せな世界」なのですが、この「幸せな世界」と聞いて、皆さんはどんな印象を持つでしょう?

「みんなが理解し合える素晴らしい世界」
「争いがなくなる平穏な世界」
「お互いが優しくしてもらえる世界」
などでしょうか?

これに対してグラッサーはこのように言っています。
「選択理論の世界は弱々しい世界ではなく、責任ある世界だ(p134)」



私はカウンセリングをする際に、必ず意識することがあります。
それは・・・
あなたの人生はあなたが切り開くもの。だから、しんどいからと言って甘えるのではなく、前に出るために少しでも行動に移さなければいけない。幸せになるかどうかはあなたの問題であり、責任だ。
という思いです。

クライエントが、その一歩を踏み出すのがカウンセラーの仕事であると私は考えています。

結局、悩みを解決するには、クライエントが決めるしかないのです。

クライエントが良くなるかどうかは、クライエントの責任です。
それをしっかりと支えるのがカウンセラーの役割であり、責任であると思います。

これは私の選択理論をもとにしたカウンセリング・スタイルでもあります。

選択理論が目指している世界とは、周りに振り回されて幸せをすぐに見失うような世界ではありません。
もし、周りが優しく理解してくれることが幸せだというのであれば、周りがそれを止めた瞬間、私は不幸になります。
周りの人たちに幸せの舵を握らせる世界は、選択理論が目指すものではありません。

そうではなくて、自分の責任で幸せになっていく、そうした自立ある人間が増えていくことが選択理論が目指していく世界なのです。

そして、私たちの仕事は、クライエントが責任を持って自分の力で幸せになる生き方を身につけさせていくことなのです。

ちなみに私のカウンセリングを受ける人は、最初は「あの人のせいで私は不幸だ」と言うのですが、回数を重ねるうちに「どうすれば自分らしく幸せにできるか」を考えるようになります。そのやり方を一緒に考えることが私のカウンセリング・スタイルであり、リアリティセラピーのやり方でもあります。


ちなみに、いよいよ8月2日~3日は、第23回 日本選択理論心理学会 年次大会です。
多分、バタバタするので記事の更新は難しいので、4日以降に更新する予定です。

選択理論の学びをしっかりと吸収し、また学会発表を通してさらに学びを深めたいと思います。
また、選択理論を通して普段会えない皆様方とお会いできるのを心から楽しみにしております。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

スポンサーサイト
2014.07.31 Thu l 選択理論 l コメント (0) トラックバック (0) l top
暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?

私は学会の準備と並行して、読書に夢中になっています。
あと、夏休みに入ってから、ロングブレスダイエットを朝晩、あとウォーキングをしています。



ダイエットが一番の目的ですが、もう一つはカウンセリングや勉強のための体力をつけておきたいためです。

普段は仕事が急がしくて(そのためランニングは断念しました)、なかなかできなかったので、夏休みで暇になったらしようということで、今やっています。

ロングブレスは結構すごいですね。
朝晩の涼しい時にロングブレスをやって、15分くらいウォーキングをすると汗がびっしりと出ます。
身体の中の不純物がしっかりと流れ出ているような感じです。

夏は汗を積極的に流すことで、とても体がリフレッシュしたような気分になります。

さらにデトックスを期待して、グリーンスムージーも飲んでいます。



少しお腹がくびれてきたのと、体力が大分戻ってきたような感じです。

身体が健康的になってきたなあと実感しています。

多分、9月からはまた忙しくなるので難しいかもしれませんが、8月一杯までは運動とグリーンスムージーに取り組んで健康な体を取り戻したいと思います。

しかし、汗をかくのはとても楽しいです。
しっかりと汗をかいて、快適な夏を過ごしたいと思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.07.28 Mon l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
人は幸せになるために生まれてきます。
「幸せ」を求めて生まれ、そして生きているのです。
あなたがここに今存在しているのは「幸せになりたい」から選んで「今ここ」にいるのです。

幸せになろうと頑張った結果、身につけてきたものが「生き方」であったり、「性格」であったり、「考え方」であったりします。
その人の生き方を見ると、「この人はこんな風に幸せになりたかったんだ」と見えてくることも多いのです。

そして、「幸せ」になれないと、人は自ら自分や他人を傷つけるようになります。
それは、「自分が幸せでなければ他の人も不幸で構わない」という考えからくるかもしれませんし、「私は幸せになることはできない」とあきらめた結果から起こるものかもしれません。

しかし、それでも「幸せになりたい」という願いは消えることはありません。
だからこそ、カウンセラーや占いやそういった仕事があるんだろうと思います。

ただ、多くの人が誤解していることがあります。

それは
「あの人のせいで、私は不幸になった」
と考えている人はおそらく幸せになることは難しいでしょう。

周りの人は私を喜ばすために生まれてきたのではありません。
だから、私の意に反することも平気でするものです。
それは親であったり、子どもであったり、恋人で会ったり、友人で会ったり。。。
裏切られた、わかってくれない、なんで平気で傷つけるの。。。
それはみんなあなたのために生まれてきたからではないからです。

それはあなたも同じこと。
あなたも相手の意に沿うために生まれてきたのではありません。
自分のために生まれてきたのです。

大切なのは幸せは「自分で作るもの」です。

自分で悩み、自分で考え、自分の力で答えを切り開いていくものです。
まずは「裏切られた」「傷つけられた」と思う前に、「私はどんな風に生きたいのか」と考えてみましょう。

大切な人と幸せに過ごしたいのであれば、「じゃあ自分には何ができるのか」と考えてみることです。
そして、自分にできることを実践していきましょう。

相手は私を幸せにしてはくれません。
しかし、私は私と近くにいる人を幸せにできるような行動を選択し続けることはできます。

自分から始めてみましょう。
自分から動いてみましょう。
自分から感謝の言葉を伝えましょう。
自分から相手の思いを理解していきましょう。

全ては自分から動いていくことです。
それが「幸せ」な生き方を得る唯一の方法です。

その第一歩を踏むのは相手ではありません。
全て「自分から」なのです。



柄にもなく、思ったことを書いてみました。
幸せになる第一歩を自分の力で歩みたい方は
日本選択理論心理学会 尼崎支部 に一度お越しいただければと思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.07.25 Fri l メンタルヘルス l コメント (5) トラックバック (0) l top
先ほど、第23回選択理論心理学会で発表する資料の最終まとめを終えました。
まあ、時間があるのでちょくちょく確認しつつ、発表の練習をしていくだけです。

長かった~。

でも学会発表は自分の普段の考えを何度も見直さないといけないので、非常に勉強になります。
「そっか、こんな流れが背後に隠れていたんだ」と新たに発見することも多く、非常に勉強になります。

私はどうやら振り返ることで学ぶタイプのようです。

今回は、アイデンティティの崩れと抑うつの状態について学会発表をします。
うつ状態は会社の過労で起こる場合と、仕事が上手く行かなくなり職業アイデンティティが崩れた結果起こる場合があります。うつ状態の原因がどちらかで、どうしていけばいいのかはかなり異なります。簡単に言えば、前者は休養が必要で、後者はカウンセリングで自分を見つめなおすという過程が必要です。

アイデンティティが崩れた場合のうつ状態は、カウンセリングがかなり有効なのですが、傾聴主体のカウンセリングではなかなか上手く行きません。アイデンティティが崩れたということは「自分ではどうしていいのかわからないし、考えられない」という状態です。
いくら話を聴いても症状が改善することは難しいでしょう。

気持ちを汲む以上にカウンセラーがクライエントの中に入り込んでいく必要があります。
またクライエントができることを支えていく必要があります。

こうしたクライエントに対して、私が行った取り組みを学会の場でお伝えしたいと思います。
「上手く行かない」「自分は何もできない人間だ」と悩む人たちに対して、少しでもお役にたてればと思います。

興味のある方はこちらから参加申し込みが可能です。

普段会えない方と選択理論心理学会を通してお会いできることを楽しみにしております。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.07.24 Thu l 選択理論 l コメント (0) トラックバック (0) l top
いよいよ夏休みですね。
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

私はスクールカウンセラーの方が夏休み中はほとんどない為、7~8月はかなり暇を持て余しています。
ただ、暇になり過ぎると脳が退化してしまうため、意識的に研修に参加したり、意図的に脳を使うようにしています。今年は学会の発表や選択理論心理士の取得もあり、気を引き締めて夏を過ごしたいと思います。

そんな中ですが、昨日は午前中は本荘貴先生の不登校の講演会と午後は岸井カウンセリングオフィスの箱庭療法の勉強会に行ってきました。


本荘先生の不登校の講演会は人数が少なかったこともあり、本荘先生含めて参加された方と意見交換をしました。
意見交換していく中で、私なりに考えていた不登校の心の捉え方や子どもたちとの接し方を捉えなおすことができ、非常に有意義な時間でした。

私は不登校の大半はスクールカウンセラーで良くなるとは思っていません。
不登校の問題は学校の先生が対処するべき問題で、先生が対処・支援しやすいよう足場を整えてあげることがスクールカウンセラーの役目であると思っています。スクールカウンセラーは学校復帰の踏み台であって、目標であっては行けないのです。(現実はなかなか難しいですが)

本荘先生は多くの長期の不登校や引きこもりの人に会い続け、学校復帰・社会復帰を実現させていった経験豊富な方で、非常に勉強になります。私もまだまだ未熟の身なので、少しでも本荘先生に近づけるような臨床ができるよう研鑽を続けたいと改めて思いました。


箱庭療法の勉強会も非常に大きな学びになりました。
岸井先生の箱庭からクライエントを見立てる読みの冴えは本当に勉強になります。また教え方も非常に上手く、私も「そっか、そう見るといいんだ」と納得してしまうことばかりです。
この勉強会に参加してみて、箱庭療法はクライエントの内界を本当に表しているし、今後の課題や進むべき道筋、これからどうなるかまでしっかりと見えてくるものだと改めてわかってきました。
あと、参加してから、私の感性というか、言葉でないものをとらえるセンスが結構向上してきたようにも感じます。
(臨床ではこのセンスが特に必要となってきます。)
箱庭勉強会に参加してから、自分自身が成長したのを実感してきています。

こちらは少人数制なので、参加者同士で意見を出し合いながら進めていけるので「活きた知識」が得られる感じです。


一日に2か所の勉強会を梯子しましたが、非常に実り多い一日でした。疲れもほとんどなく充実した一日を過ごせました。
私は「新しいこと」や「面白いこと」を学ぶとかなりテンションが上がるタイプです。
恐らく「楽しみの欲求」が非常に強いのでしょう。

この夏休みの間、インプットに力を入れて行こうと思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


2014.07.21 Mon l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味