【スポンサードリンク】
  



今日で8月31日。
もう少しで9月です。みなさんいかがお過ごしでしょうか。
私はこの夏は学会に研修に忙しく充実した時間を過ごすことができました。

また9月頑張ろうと思います。

さて、カウンセリングでは「自分の性格を変えたい」という相談を受けることが珍しくありません。
この相談は新米のカウンセラーはかなり難しい相談の一つでもあります。

ちなみに「性格を変えたい」という主訴はどのような思いで伝えるのでしょうか?
「性格を変えたい」という裏にあるクライエントの思いをしっかりと汲み取るセンスがカウンセラーには求められます。

その裏にある思いとは、クライエントが「この性格によって傷ついてきた私を知ってほしい」というものです。

例えば、不登校の子は皆、他人の波長というか思っていること、感じていることを敏感に感じる感性を持っています。だからこそ、人に合わせるのに必要以上に労力を使ってしまい、結果としてエネルギー切れを起こして不登校になってしまうのです。
スクールカウンセラーをしている人、不登校支援の仕事をする人はこの繊細さを感じれるくらいの感性は持っておいた方が良いでしょう。

さて、この不登校の感性、すぐにつぶれてしまう繊細さを持っている人は、そう多くはいません。
だから、不登校の子ども自身、「なぜこんなに学校に行くのがしんどいんだろう」とわからず悩んでいることが多いのです。

また多くに人は難なく学校に行くことができます。
だからこそ、不登校で悩んでいる子は、学校へ行けない自分に落胆し、傷つき、わからないまま過ごしているのが常です。
「なんで私はこんなに人と接することに傷つきやすいんだろう・・・」

実際は、この繊細さは、非常に大切なもので、他人の心を理解する仕事ではかなりの長所となるものです。
この繊細さを活かして、立派に仕事をして大成している人はたくさんいます。
具体的な名前は控えますが、会社の経営者や歌手、アーティスト、タレント、お笑い芸人など、一発で見て、こうした繊細さで苦しんだろうなあと言う人はたくさんいるのです。

しかし、この長所は「学校へ行けない」というたった一つの出来事によってつぶされてしまうのです。

不登校の例を出しましたが、多くの人が些細な出来事によって、本来は長所であるものを短所と信じ込んでしまい、「これさえなければ・・・」と自分を受け入れないように頑張っているのです。

しかし、これらはその人の気質、つまり変わらない性格の部分から作られていることがほとんどです。

なので、本来良い部分であるにも関わらず、それを「悪い部分、短所」だと信じてしまい、それを変えなければと半ば強迫的になってしまいます。しかも、本来変えられない部分なのに、変えようとしてその拒絶反応として、いろんな症状が生まれます。例えば、対人恐怖だったり、強迫だったり、うつ症状だったりします。

結果、その症状と変えたいのに変えられない自分にひどく傷ついてしまい、「どうしたら変えられるか・・・」とカウンセラーや精神科医を訪ねるのです。

この「性格を変えたい」とカウンセリングで訴える裏の悲しみや傷ついている部分に気づく感性、受け止められる度量がカウンセラーには求められるのです。実際にはそれができないばかりか、「そんなの気のせいよ」「とりあえず頑張ってみなよ」と心のない言葉でクライエントを傷つけるカウンセラーは多いです。

そうした「苦情」をクライエントを聴くと、私としては切ないというか、やるせない気持ちになってしまいます。

ちょっと愚痴っぽくなってしまいましたが、「性格を変えたい」と悩むクライエントに対しては、その背後にある悲しみ、傷つきをしっかりと聴くことが大切です。
その上で、再度クライエントの長所と短所を整理し、クライエントが前を向けるように整理していくことが大事です。

自分の性格に悩んでいる方、変えたい方は、ぜひ一度カウンセリングを受けてみることをお勧めします。
実は短所と思っている部分は長所ということは十分あり得ます。
それが整理するだけ随分と心が軽くなるものです。


↑不登校の心性を表した本としては、実際に不登校を経験した千原ジュニアの「14歳」がお勧めです。千原ジュニアの繊細な面がかなり見えると思います。

私の出張カウンセリングに興味ある方はこちらまで。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

スポンサーサイト
2014.08.31 Sun l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
妻との一泊二日の夜はホテルに泊まって、昼から神戸のモザイクとウミエに行き、夜は南京町で食事しました。

一日目は神戸どうぶつ王国にビアガーデンとかなり豪華に過ごしましたので、二日目はかなり質素にまったりとしました。

神戸ウミエ

ウミエでは、義理の両親の誕生日が近いので、そのプレゼント選びと、久しぶりに神戸の街をブラブラしただけなんですが、久々の神戸の街はオシャレで別世界に来た感じでしたね。

普段は三宮とか元町の繁華街だけで終わることが多かったので、神戸の居留地やモザイクの辺りは、普段行かないので新鮮でした。

義理の両親のプレゼントも買えたので妻と二人満足しました。

あと、ウミエにもキュルっとショップ₍カピバラさん専用の店があります。

神戸ウミエ きゅるっとショップ

そこで妻が欲しがっていた、カピバラさんのマスコットを買いました。

そのカピバラさんで一枚☆

カピバラさん コーヒー
↑Facebookのカバーにも使っています。なかなか上手くとれたと自画自賛です。

夜になって、南京町に行き、点心を買って広場で食べました。
昨日食べ過ぎたので、南京町では軽くで済ませました。

南京町 夜景

南京町 点心

一泊二日で、近場の神戸ブラブラでしたが、本当に楽しくて充実した時間でした。
近場旅は旅費も少なくて済むし、その分豪華に遊べるのでお勧めです。

二日目は本当にまったりと過ごしたので、あまり書くことがなかったですね。
ブラブラと歩きながら、妻と今後の結婚生活についてたくさん思っていることを話し合えたので、それがよかったなあと思います。

これで私の旅行記は終わりです。
ここまで読んでいただいてどうもありがとうございました。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.08.31 Sun l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
妻との一泊二日旅行の続きです。

神戸どうぶつ王国にてカピバラ達とたわむれた後は、神戸空港まで行ってちょっとボーっと休んでいました。
神戸空港いいですね。
こじんまりしていて、人も少ないので本当にリラックスしていました。
私がとったカピバラの写真を見ながら、妻とゆっくりお話しました。

その後、ポートピアホテルでビアガーデンを妻と二人で楽しみました。
実は私はビアガーデンに行くのはこれが人生で2回目なのです。
大学の頃に1回行ったきりで、それからは時間が合わないのと、予約するのが性に合わないので10年もの間、遠ざけていました。

ポートピアホテル ビアガーデン

妻とは「いずれ行きたいね」と言っていたのですが、なかなか機会が合わず、今回やっと実現しました。

このビアガーデンも「カピバラに会うこと」の次にしたかったことです。

ビアガーデンはプールサイドの中で行われており、プールの水の音と、マイナスイオンの風が非常に心地よかったです。

ポートピアホテル プールサイド

お酒がちょっと強かったかな?
ビール2杯くらいで珍しく酔っ払ってしまいました。

いつもはもっとガンガン焼酎とかウィスキーとか飲むんですけどね。
多分、お酒というよりもビアガーデンの雰囲気にのまれたんでしょう。
妻と私、楽しくしゃべるというよりも、プールサイドのビアガーデンの心地よい雰囲気を味わっていました。
あと、ベリーダンスショーも最高でした。

ポートピアホテル 夜景

バイキング制だったので、二人ちょっと食べ過ぎて、しばらく苦しかったです(^_ ^|||)

神戸ポートピアホテルで楽しいディナーを食べることができて非常に充実した時間を過ごすことができました。

もう少し続きます。
明日には更新するので、暇な方は引き続き読んで頂けばと思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.08.30 Sat l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんにちは。
いかがお過ごしでしょうか?

私は8月27日~28日にかけて妻と神戸をブラブラと歩いてきました。
近場の旅行でしたが、旅費が安上がりだったこともあり、密度の濃い楽しい時間を過ごすことができました。

特に今回一番うれしかったのは、神戸どうぶつ王国(昔の花鳥園)でカピバラと触れ合えたことです。

私のFacebookで友達になっている方はご存知かもしれませんが、私と妻は大のカピバラ好きです。
最初に妻がはまって、私も好きになりました。

いずれカピバラと直に触れ合いたいなあと思っていたのですが、海遊館やヨーデルの森は触れないし、長崎バイオパークは遠くて行けないしと悶々と過ごしていたのですが、このたび妻が「神戸どうぶつ王国なら触れ合える」と教えてくれて、行こうと思い立ちました。

それで、どうせならということで、1泊2日でいろいろとイベントを入れ込んで、思いっきり遊ぼうということでプチ旅行を企画しました。

神戸どうぶつ王国は本当に良かったです。
生でカピバラに会いました。
可愛いです!!

仔カピ

ツーショット

カピバラと夫婦で

(妻は写真NGのため)

カピバラは水生動物のためか、毛が藁のように固いですが、そこが素敵です。
愛らしいです。
餌を食べると2~3匹くらい、ワーッと襲ってきます(汗)
ちょっと怖かったです。
でもモフモフと食べる姿を見ると、癒されるので「まあ、いいか」という気持ちになってしまいます。

正直言うと、本当に癒されました。
仕事の悩みも疲れも全てなくなって、「明日から頑張ろう」という気持ちになりました。

神戸どうぶつ王国、本当にお勧めです。
カピバラ以外にもペンギンやウサギ、カンガルー、ゾウガメ、鳥など魅力ある動物がたくさんです。

また、カピバラに癒されに近々神戸どうぶつ王国に行きたいと思います。

ちなみに、神戸どうぶつ王国でもう一つ良かったもの。

それはドクターフィッシュです。

ドクターフィッシュ

300円でずっとできるので、かなりお勧めです。
最初はくすぐったかったのですが、慣れると気持ちよく20分もいました。

かなりの癒しスポットです☆

旅行の続きは、まだまだ続きます。
お付き合いいただければと思いますm(_ _)m



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ



2014.08.29 Fri l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ようこそお越しくださってありがとうございます。

私はカウンセラーをしているので、訪れる人は心理的な問題で悩んでいる人たちです。

基本的に病気の人は、医者に診てもらうように勧めています。

さて、ここで質問です。

「病気の人」 と 「心理的な問題で悩んでいる人」

両者の違いはなんでしょうか?

カウンセリングに訪れる人は、自分が抱いている症状は「病気」だと信じていることが少なくありません。
例を挙げれば、「めまい」で悩んでいるとします。
病気だろうと思って、病院に行っていろんな検査を受けるのですが、どこも異常なし。
医師からはメニエール病や自律神経失調症など、「ストレスからくるのでは?」と言われます。
要するに「医学的な問題はないから、おそらく心の病気だろう」ということです。
心療内科にも行きますが、同じようなことを言われて、抗不安剤やめまいに聞くお薬を出されて終わりです。病名として「身体表現性障害」という診断名がつくでしょう。

それでも「めまい」は治まりません。どんどんひどくなっていくような気さえします。

そこで、カウンセリングに来るのですが、話しているうちに1つの事実を発見します。
それは、その人が夫婦喧嘩をして、配偶者に暴言を言った後に、決まって「めまい」が起こるということです。しかも、めまいは1週間ほど引きずってしまうということが話しの中で見えてきました。

※上記は架空のケースで、モデルはありません。ちなみに、私は許可をもらわない限り、ブログや公共の場で実際のケースの話をすることは絶対にありません。

つまり、出来事があって、めまいという症状が起こっていたのです。
これは心理的な問題が原因です。

ここで、先ほどの答えを私はクライエントに伝えます。
「もし、あなたの症状の原因が病気であれば何もできない。
しかし、心理的な問題が原因であれば、話は別。
自分の力で変えていくこと、治していくことができるよ

病気であれば、治し方は薬や療養や手術しか方法がありません。
自分の力で何とかすることは難しいでしょう。
もし、めまいの原因が脳に問題があれば、自分でできることはなく、お薬を飲んだり、手術をしたり、良くなるまでじっとするしか方法はありません。

しかし、心理的な問題であれば、自分で考えて対処法を見出して、実践していけば確実に改善することができます。
上記の例でいえば、夫婦の状態を見直してもらい、夫婦関係を改善するか、もし難しければどうしていくかをカウンセリングで話し合うことができます。仮に夫婦関係が改善し、イライラして暴言を言わないような考え方や対処法が身につければ、めまいという症状は改善することができるでしょう。

ただ、上記はあくまでも一例です。
ストレスもなく、人間関係も良く、問題なく過ごしているのに、めまいが出た場合は、まず病気を疑うべきです。
そうでないならカウンセリングで心理的な問題があるかどうかを探していくことが必要です。

ただ、ここで覚えてほしいのは、
心理的な問題が原因であれば、必ず自分の力で改善することが可能だ」ということです。
人間には自分の力で問題を乗り越える力を持っています。

私はそれを信じて今日の臨床も頑張りたいと思います。

読んでいただいてありがとうございました。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.08.25 Mon l 精神科臨床 l コメント (8) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味