【スポンサードリンク】
  



ここ数年の間、カウンセリング界では認知行動療法が大変ブームになっています。

私も一度ブームに乗って、認知行動療法をカウンセリングに取り入れた時期がありましたが、今ではあまり認知行動療法は取り入れていません。

その理由は、何というか表面的な部分だけで、終わってしまう感じがして、「あまりカウンセリングっぽくないなあ」という感じがしたからです。

認知行動療法は確かにわかりやすく、「こうすればうつ病が治る」「パニック障害が改善する」というのが明快にされています。また、エビデンス(科学的な実績)もしっかりとあり、科学的なエッセンスに則った治療が可能であるということで、大きな支持を得ているのが特徴です。

また、日常生活表、不安階層表、行動振り返りシートといった整理票を始めとして、科学的に実証されたノウハウを駆使することでクライエントの心理的な改善を図ります。

そうした背景もあって、医師が行う場合に限りということで、認知行動療法は保険適用されています。
(まあ、実際認知行動療法が行える医師は少ないですが)

ただ、私は認知行動療法ほど臨床的なスキルやセンスが問われるものはないと思います。
「こうすれば治る」というのが明確だからこそ、クライエントに応じてそのノウハウを使い分けることが必要です。

これは、クライエントが「どうなれば治るのか」という見極めと、クライエントにとって必要な支援は何かをカウンセリングの中で見極めることが必要だということです。

それを無視して、「うつ病だからまず思考の修正から行きましょう」と強引に進めると、とんでもないことになります。
「あなたは認知の歪みを修正しないといけないね」と無責任言われてしまって、傷ついてしまうクライエントもいるくらいです。

恐らく、今後スキルの乏しい臨床家によって認知行動療法で悪化するクライエントが増えるのではないかと思います。

まだまだ認知行動療法のブームは終わらないでしょうが、いずれ認知行動療法は落ち目に入っていくのではないかと思います。

なので、このブログをご覧の方は「認知行動療法だから治る・大丈夫」と安易に思わないでいただければと思います。
ただ、認知行動療法はダメな心理療法だとは思っていません。
これが合うという人がいることも事実ですし、エビデンスがある以上、非常に有効な心理療法の一つであす。

しかし、これは大切なことですが、心理療法・カウンセリングは「この技法・理論だからいい」というのではなく、「このカウンセラーだからいい」とカウンセラーのセンスや人と成りに大きく左右されます。

私がここで言いたいのは、単純に「認知行動療法だからいい」というのではなく、カウンセラーの人柄や相性・印象を総合して、カウンセリングを受けていただければということです。

あなたがよきカウンセラーと出会い、人生の一歩を踏み出すのを心より祈っています。




↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

スポンサーサイト
2014.09.27 Sat l カウンセリング考察 l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨日、箱庭療法の勉強会に参加して、箱庭を作ってきました。

作った感想として、自分の今の状態、エネルギーの流れ、それからどんな精神状態かというのが、かなりクリアになりました。

やはりそうか・・・う~ん、大変だなあ・・・そりゃしんどいわ・・・というのが結構出てきました。
そうだなあ、でも頑張らないといけないんだよなあ、安定から少し外れていかないとねえ。
でもこれは勇気のいるし、エネルギーがいるぞ、と改めて自分が置かれている状況を認識・整理し、「よし、頑張ろうか」と背中を押された感じです。
(曖昧な感想ですみません)

ちなみに、作った箱庭の写真はブログにはアップはしません。
(変に歪んで解釈されてしまうのを防ぐためです。)
もし、気になる方は私に会った時に聞いていただければ、写真をお見せしまので言っていただけたらと思います。

しかし、箱庭療法は本当にすごいですね。
しっかりと理論に基づいて解釈すれば、その人が置かれている心理状態を的確に把握し、見立てがぐっと立体的になります。岸井先生の解釈も非常に的確で必死にメモを取っていました。

岸井カウンセリングオフィスのホームページはこちら

岸井先生は特別支援学校の教師をされていた方で、発達障害や不登校など、主に子どもの問題に非常にお詳しい方です。
スクールカウンセラーもされています。
箱庭療法を受けたい方、子どものことで悩んでいる方、子育てで悩んでおられましたら、ぜひ岸井先生の方に言っていただければと思います。印象としては非常に気さくなおじいちゃんという感じです。

箱庭療法は本当に面白いです。
岸井先生のお話をお聞きして、またユング心理学を勉強しなおそうかという気持ちになりました。


↑言わずと知れたユング心理学の教科書的な本です。ユング心理学に興味がある方、おススめです。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.09.22 Mon l 描画療法 l コメント (2) トラックバック (0) l top
昨日は選択理論心理学会の尼崎研究会でした。
リードの里見先生のお話、とても面白く、参加された方もいろいろ得られるものがあったのではないかと思います。

その中で、里見先生が「感情は思考に転換していく」というお話をされていました。

辛いとき、怒りで心が一杯になっている時は、明らかに感情に心が振り回されてしまっています。
その時、感情に振り回されたままだと、これは感情のままに動いてしまいます。

例えば、浮気されて怒りが込み上げて、怒りのままに相手を殴ったり、傷つけてしまったとしたらどうでしょう。
もちろん浮気した相手が悪いのですが、その相手を傷つけた瞬間、あなたは傷害罪として訴えられてしまいますし、人を殴る人間として周りから非難の目を向けられてしまう可能性が出てきます。

感情のままに行動してしまうと、私たちは高い確率で、より不利な状況に追い込まれてしまうのです。

そのため、私は「傷つけた相手を復讐したい」と感情のままに復讐を望むクライエントに対しては、まず「それはしてはいけない」とはっきりといいます。そのしわ寄せは確実にそのクライエントに向かってくることがわかっているからです。

ただ、復讐しないことを選択するということは、その人の「あいつが憎いんだ」という気持ちを押し殺すことになります。それは大変苦しいです。振り上げようとした拳をそのまま押さえるのは、心の中の業火をずっと燻らせることになります。

だからこそ、私はクライエントになぜそこまで苦しむまで、憎いのか恨みを持っているのかをしっかりと聴くようにします。その背景には、必ず次の気持ちがあります。

それは「私の大切な心の部分を傷つけられた」という思いです。

それはプライドだったかもしれませんし、頑張りたいという気持ちかもしれません。夢であったり、将来の希望だったり、あなたが人生の中で大切にしたかったものかもしれません。それを傷つけられた、踏みにじられたから苦しいし、「憎む」という選択をしたのです。

そこに気づくことで、先ほど里見先生が言っていたように、「感情が思考に転換する」という現象が起こります。

なぜ傷ついたのかを思考で理解することで、感情の揺れやぐちゃぐちゃっだのが、思考を通して整理されていきます。
そうすると、感情あ少しずつ収まってきて少しずつ余裕が生まれます。そうすると、心の隙間が出てきて、別のことを考えられるような余裕ができるのです。そこまでくれば、復讐ではなく、自分の人生をしっかりと考えようとする思考が生まれてきます。

ただ、傷つきが非常に大きい場合は、長期のカウンセリングが必要になる場合があります。
その中で徐々に癒される中で、前を向く余裕が生まれていくのです。

感情に振り回されれそうになったら、まずは思考で「なぜそんなに感情が揺り動かされているのか」を考えてみること。その中で感情を思考に転換していくこと。これが感情に振り回されないためのポイントだと思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


2014.09.21 Sun l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。
久しぶりの更新です。

早速ですが、私は子どもを「褒める」ということがあまり好きではありません。
まあ、褒めることはあるのですが、それは私が心底「すごいなあ」と思った時くらいです。

これはあまり知られていませんが、むやみやたらに子どもを褒めると高い確率で子供は自信を失くします。

それは「褒める」というのは相手をコントロールする意図が含まれている場合があるからです。
良い行動を褒めるということは、子どもが良い行動を取るようコントロールすることを含みます。
また、「これをすることが良いんだ」と大人の価値観を子供に押し付ける側面もあります。

例えば、子どもが頑張って賞を取ったとします。
それを大人たちが「すごいねえ」「やっぱあなたは天才だ」「こんなことができるなんて」と褒め続けると、子どもはだんだんと気まずさを覚える様になります。
そして、子どもによっては「次も賞を取らないと・・・」と変にプレッシャーを感じてしまったり、最初は好きでやっていたことなのに、段々と面白くなくなってしまいます。

お手伝いもそうですね。
褒めれば褒めるほど、子どもはお手伝いをしなくなる傾向があります。
褒めるということはご褒美みたいなものです。となると、ご褒美を与えていくうちに、段々より上質なご褒美を求める様になってしまい、結果として自分からお手伝いを進んでしなくなってしまうのです。

これらは、先ほどの「相手をコントロールすること」と含まれます。
子どもたちは褒められていく内に、段々と「もっとしないといけないんだろうなあ」という空気を感じ取り、そのため進んでやろうとしなくなってしまうのです。

また、心に思っていないのに、褒めても意味はありません。
無理して褒めてもそれが敏感に子どもに伝わるでしょう。

上記のことから、私は「褒める」ということをほとんどしなくなりました。
「頑張ったねえ」は言うけれども、「すごいねえ」というのは、極力言わないようにしています。

その代わり、私は「できているところを伝える」ようにしています。
例えば、子どもが賞を取ったら、「賞が取れたね」というのに留めます。その次に「どうだった?」と聴き、子どもが「嬉しい」と答えると、「そっか嬉しいか。あなたが嬉しいと私も嬉しい気持ちになるよ」という言い方をします。

お手伝いにしても褒めるのでなく、「ありがとう」「助かったよ」「それもできるんだねえ」と感謝を述べたり、できていることを指摘するようにするのです。

これは褒めるよりもかなりコントロール色の低い表現だと思います。

「できていることを伝える」ことで、子どもは「そっか、僕はこういうことができているんだ」ということに気づくきっかけをもらうことができます。

私たちは、自分一人では「できていること」に気づくことはなかなかできません。
誰かに教えてもらうことで、「そっか、自分にはこんな良さがあるんだ」と気づくきっかけになるのです。

そして、「できていること」がわかればわかるほど、私たちは自信を持ちやすくなります。
前に進む意欲がわき出てきます。

子どもと関わるときは、「褒める」のではなく、「できていることを伝える」こと。
これを意識するだけで、子どもとの関係で大きな変化が表れると思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.09.19 Fri l 夫婦・親子・家族 l コメント (0) トラックバック (0) l top
こんばんは。
大分涼しくなってきましたね。
この3日間の連休いかがでしたでしょうか?
私は今日は姪っ子の誕生日祝いで神戸まで行っていました。
姪っ子もどんどん大きくなっていって、「子どもの成長って早いなあ」としみじみ思います。

さて、「夢」と「目標」の違いについて今日はお伝えしたいと思います。

「夢」とは叶うことが難しいもので、絵に描いた餅です。
漠然としていて、いくら頑張っても達成することは難しく、近づけないものが「夢」です。

「目標」とは頑張ったら達成できるものです。
具体的で、計画を立てて取り組めば必ず叶うものが「目標」です。

具体的な例を挙げれば、単に「カウンセラーになりたい」と漠然に思っていたとしたら、これは「夢」です。
どう頑張っていいかわからず、漠然としていて、達成するのも難しいでしょう。

しかし、具体的に「まずはカウンセラーになるための資料を集めよう」とか「カウンセリングに関する本を読んでみよう」「カウンセラーの講演会に参加してみよう」「このカウンセラーの資格が取れる学校に入学しよう」と計画を立てれば、それは立派な「目標」です。

また、単に「お金持ちになりたい」というのであれば、これは「夢」ですが、「年収を○万円アップしたい」というのであれば、これは「目標」です。毎年、年収を〇万円上げるにはどうすればいいかについて計画を立て、それを実行していけば、確実にお金持ちには近づけます。

いいえ変えれば「夢」はできないことであり、「目標」はできることです。
これが「夢」と「目標」の違いです。

多くの人が「夢」を叶えられないのは「夢」を「目標」にすることができないからです。

夢は夢のままでは叶うことはありません。

夢から「出来ることは何か」と目標に置き換えていき、その目標を一つ一つ達成していくことで、夢を叶えることができます。

大切なのは、「夢」を「目標」にしていくこと。
漠然したものから、「どうすればできるか」を具体的に考えていくことです。

「夢」と「目標」の違いをしっかりと区別したうえで、目標をしっかりと立てて、それを達成していくこと。
その繰り返しをすればあなたの夢が叶う可能性は高くなるでしょう。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

2014.09.15 Mon l メンタルヘルス l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味