【スポンサードリンク】
  



師走の候ですが、いかがお過ごしでしょうか?

私は12月は身内の不幸があったり、淡路島に行ったり、SST教室のクリスマス会のイベントの準備があったりとかなりバタバタと忙しくしていました。

大掃除すらできていない状況なので、ある意味追い込まれていて充実しています。

今回のブログは今日送ったメルマガで投稿したものと同じ内容です。
自分なりに大事だなと思ったのでブログでもシェアしたいと思い書きました。

右の「メーリングリスト追加」に名前を入れて送っていただければ簡単にメルマガ登録できます。
また研究会の情報も適宜送らせていただきます。

さて、選択理論では幸せになるためのスキルが詰め込まれています。
簡単に言えば、幸せな人間関係を築くためのスキルです。

ただ、選択理論心理学はあくまでも「理論」でしかありません。

言い換えれば、選択理論心理学を学んだだけでは、そして頭でっかちにスキルを実践しただけでは幸せになることはまず無理です。

選択理論心理学を実践し、幸せになるためには、「愛情」を持つことが必要不可欠です。しかし、愛情だけでは幸せにることも難しいです。

少林寺拳法の教えの一つに「力愛不二(りきあいふに)」という言葉があります。
「力なき愛は無力であり、愛なき力は暴力である。だから力と愛が両方伴わないとだめなんだ」という教えです。

要するに、愛情だけでは適切な人間関係を築くことはできず、スキルだけで物事を勧めようとすると冷たい人間になってしまいます。

これは教育や医療、対人援助の仕事ではとても大切なことです。
単に「○○すればいい」というスキルだけで進めようとすると、どこかで行き詰ってしまいます。そしてうまく行かないことに対して相手を恨むようになり、やがて外的コントロールを使ってしまい、不幸な感情を選択するようになります。

大切なのは、愛情とスキル、両方が必要だということです。
選択理論心理学を実践していくためには、ぜひぜひ「相手が幸せになれるように」と愛情豊かであることを意識して行くことが大切です。

今回は自戒の念を込めて書きました。
来年は私も愛情豊かな人間になれるように精進したいと思います。

1月の神戸研究会は1月22日の日曜日13時30分からです。
場所やテーマなど詳しいことは、また1月の第一週までにメルマガでお伝えします。

ではでは、どうぞよいお年を!!

スポンサーサイト
2016.12.27 Tue l 人間関係 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味