【スポンサードリンク】
  



こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?


仕事が忙しくなかなか記事更新ができないので、暇があれば予約投稿で記事を更新しています。


さて、久しぶりにカウンセリングの話題です。

最近は、仕事の都合でカウンセリングをする機会はかなり減りましたが、ちょくちょく勉強会に足を運んだり、主催する研究会でカウンセリングのデモンストレーションをしながら、何とかスキルを維持しようと踏ん張っています。


カウンセリングとは単なる相談ではありません。


相談とカウンセリングの大きな違いは、単なる相談は答えは相談された側が持っています。


例えば、恋人がほしいけどどうしようという相談であれば、相談された側は「こういう風にすれば恋人ができるんじゃない?」と助言します。

年上の人や経験者に相談するイメージですね。「こうすればこう変わるよ」と相談された側が答えを持っていて、それを伝えるのが相談です。


その一方で、カウンセリングとは「答えはクライエントが持っている」というスタンスで臨みます。

先ほどの例で言えば、「あなたは恋人を得るために、今どんな行動を起こそうと考えているか」を丁寧に聴いていきます。その中で、クライエントが「まずはきれいな恰好をして婚活をしてみようと思う」と自分で気づき出し、行動が起こせるようにカウンセラーは励ましていくというスタンスです。


このやり方は専門的なスキルと知識が必要なので、単に「人生経験が豊富」だけでは難しいところがあります。


このカウンセリングと相談のどちらが良いかと言われれば、一長一短です。

経験者の答えが必要な場合もあるし、そうではなくて時間をかけて答えを見つけていく方法が必要な場合もあります。


カウンセラーも単なる相談で終わる場合もあれば、じっくりとカウンセリングを行う場合もあります。


大切なのは、クライエント・相談してきた人の役に立つにはどちらがいいんだろうかという視点だろうと思います。


スポンサーサイト
2017.06.30 Fri l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top

最近、家の家計を少しでも軽くしようと考えています。


その中で、まずはお風呂の水から節約しようと思い、クマガイの湯美人を購入しました。



昨日届いたので、さっそく使いました。


私が湯美人を選んだのは、入れておくだけでお湯がきれいになるので、お風呂の水替えが3日に一回で済むのと、ゲルマニウムが入っているので、ゲルマニウム温浴が家でできるからです。


また、年間で10万近くの節約ができるというのも魅力的でした。


それで使ってみての感想ですが、確かにお湯はきれいになっていました。

1日おいていたお湯ですが、臭いとかそういうのは全くなく、湯触りもさらさらしていてとても気持ちよかったです。


で、お風呂に入ったのですが、かなり体が温まりました。

冷え性の妻も、お風呂から上がるなり「暑い~」と言ってずっと扇風機の前にいました。


これは冬になるとかなり心強い味方になると確信しました。

これだと温まるためのバスクリンもいらないし、一回一回お湯を沸かす必要もない。

また、5時間で電気代19円と言うのも魅力です。


ただ、一からお湯を作るのは向いていないみたいですね。

24時間いつでもお風呂に入りたい人や、家族の帰りが遅くて、お風呂の時間がバラバラな人は重宝すると思います。





2017.06.27 Tue l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

こんにちは。


昨日は、仲間内の事例検討会に行ってきました。


一言で言うと、とても勉強になりました。

発表者が大学院の頃のケースだったのですが、あそこまでしっかりとカウンセリングができたのは本当にすごかったです。


私が大学院の頃というと、本当にめちゃくちゃで周りからも「この人は本当に臨床心理士に向いているのか?」と何度も言われました。


それくらい、大学院の頃は我が強くてダメカウンセラー候補でした。


そんな私が何とか臨床の世界に足を置かせてもらえているのはありがたい限りです。


そんな私に今も付き合ってくれる、同期の友達には感謝してもしきれません。



あと、今日は選択理論のロールプレイの個人指導をさせていただきました。


今の私があるのは、選択理論と出会えたからといっても過言ではありません。


選択理論はある程度カウンセリングのやり方が明確なのと、クライエントを理解する理論がはっきりしているので、私にとても合っています。


これに出会わなければ、カウンセリング・人生の師匠と言える人と出会わなければ、今の私はなかったと思います。


出会いに感謝です。


選択理論に興味がある方は下記のページから、私が主催している研究会に行けます。


選択理論心理学会 神戸支部


今までの出会いと幸運に感謝して、これからも生きていきたいと思います。


2017.06.26 Mon l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

いかがお過ごしでしょうか。


今一番欲しいもの・・・

それは「時間」です。


なかなか時間が取れないです。


できれば勉強したり、ゆっくりする時間が欲しいなと思います。


私自身、自由の欲求がかなり強いので、自分の時間が持てなくなるとかなりストレスを感じてしまうところがあります。


それでも最近は、新しい生活に慣れてきました。


人間の身体の細胞というのは3か月単位で新しく生まれ変わるそうです。

なので、新しい環境も3か月経てばある程度慣れるようになります。

言い換えれば、人間は3か月単位で成長していくということでしょう。

慣れるというのは、言い換えれば成長していくということです。


まあ、時間は欲しいですが、それよりも今できること、今しないといけないことをしっかりと見つめて頑張りたいと思います。




2017.06.18 Sun l 日記 l コメント (0) トラックバック (0) l top

こんにちは。


いかがお過ごしでしょうか。


7月の不登校親の会「くろーばー」

選択理論心理学 神戸研究会のご案内です。


日時:2017年7月9日 (日)

※リンクをクリックすると詳細のページへ飛びます。

不登校親の会「くろーばー」

 9時30分~11時30分

参加費1000円

※対象:不登校・ニートの子どもを持つお父さん・お母さん


選択理論 神戸研究会

 13時30分~16時00分

参加費1000円

※誰でも。


場所:三宮勤労会館 応接会議室(4階)

(両方とも同じ部屋です)


1日通しでの参加も可です。

親の会で不登校の子どもへの対応の仕方を学び、さらに神戸研究会で心理学をしっかり学ぶことで、より子どもの対応が柔軟にできるようになります。

また、カウンセラーや援助職で、守秘義務をしっかりと守れる方に限り、親の会の見学も承っています(見学料は1000円です)。


希望される方は右のメールフォームよりご連絡ください。


それでは失礼いたします。



2017.06.16 Fri l 神戸支部のあれこれ l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

アンチエイジングの意味