【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

前回の「カウンセラーに向かない人」は結構な反響がありました。
読んでいただいて感謝です。

今回はカウンセリングについて普段思っていることを書いてみたいと思います。

カウンセリングとは話を聴くことが仕事です。
当然、日常会話ではおそらく出てこないような相談も結構あります。

私たちは生きていく上で、周りが「え?」と引いてしまうようなことはあまり相談しないように自然とセーブをする機能が備わっています。

例えば、仕事で困ったことや愚痴をこぼしたい場合、大体は職場の同僚か仲の良い友人でないかと思います。
あまり仕事の愚痴を自分の両親や上司にこぼす人はあまりいないかもしれません。

相談する人を間違えてしまって逆に理不尽に説教されたり、嫌な思いを経験した人もいるのではないかと思います。相談する人は、ちゃんと相談するに値する適切な人を選ばないといけません。


さて、カウンセリングですが、例えば「もう仕事をしたくない」「人生から逃げ出したい」など日常の会話であれば「馬鹿か」「そんなこと言わずにもっと頑張ってみたら」と一括されるような相談を受けることもしばしばです。また同じ話をその人が納得いくまでずっと話し続けることもあります。
私自身もカウンセリング以外であれば怒るだろうなと思う相談内容も何度も受けたことがあります。


しかし、

カウンセリングとは「何でも話していい」というのが前提です。

たまに、カウンセリングでいろいろと話を聴いてもらっていたら、逆に怒られてしまい余計に傷ついたという話を聞きますが、カウンセリングとは本来の会話であれば怒られるようなことでもなんでも話していいというものです。そんなクライエントの話に対して怒り出してしまうカウンセラーはカウンセラー失格ではないかと思います。

クライエントの話をしっかりと聴くこと、聴いたうえでその人がプラスになって帰ってもらえるように、私なりに少しでも返していくことが、大切ではないかと考えています。
単なる愚痴から始まったのに、少しずつ整理されていき、最終的にはどうしたらいいのかが見えてきて、エネルギーが湧きでて、クライエントが満足して帰れるようなカウンセリングをこれからも目指したいと思っております。

なので、カウンセリングを受けたいと考えている人はどんな相談内容でもカウンセラーに打ち明けていただければと思います。

あなたが話したいと思っている内容はあなたの人生の中でとても大きな部分を占めている可能性が高いものです。カウンセラーは誠心誠意を持ってあなたの話を聴きます。その話をしっかりと聴けることがプロのカウンセラーたる所以なのですから。

※いつも読んでいただいてありがとございます。
↓のボタンをクリックしていただければ、ブログを書く励みとなります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2012.08.17 Fri l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/102-99071b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味