【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

今回は昨日の勉強会でもお話ししたのですが、上質世界を聴く質問について書いてみたいと思います。

参照:私たちは自分の理想に近づくように行動している(上質世界)

上質世界とはその人が願っている世界や、嬉しかったことや大切にしているもの、話したいことが入っている世界であると選択理論では言われています。カウンセリングで相手の情報を知るときもそうですが、直接情報を聞き出すよりも、相手の上質世界に焦点を当てて聴いていくことで、意味ある情報、つまりその人との関係において役立つ情報を手に入れやすくなります。

ここで相手の上質世界を聴くためのポイントがあります。
具体的には5W+1Hの質問をすることです。
5WとはWhat(何?)、Who(誰?)、When(いつ?)、Where(どこ?)、Which(どれ?)の5つの質問です。
また1HとはほHow(どのように?)とういう質問です。

ここで大切なことはWhy(なぜ?)が入っていないということです。
実は「なぜ?」と言う質問は相手の上質世界を聞くのを邪魔する質問です。

あなたが何か気まずい失敗やミスをした時に周りから「なぜ、そんなことをしたのか?」と聞かれた場合、どう感じるでしょうか?
大概の人は圧迫感みたいなものを感じるのではないかと思います。
他にも
「なぜ、そんなことを言ったのか?」
「なぜ、そう思っているのか?」
「なぜ、そう感じたのか?」
「なぜ、そうなったのか?」
など言われたとしたとしたらどう感じるでしょうか?

すぐにはっきりとわかりやすく答えるのは難しいのではないかと思います。

また、私が仕事のミスをした時に、「なぜ、あんなことを言ったのか?」と反省しても納得のいく答えはなかなか出てきません。「あんなことを言わなければ」「あの時にもっと準備をしておけば」「注意を払っていたら」と堂々巡りのことを考えてしまい、落ち込んでしまいます。

落ち込みの感情が出てしまうと、人は上手く振り返ることが難しくなります。そのため、グルグルと頭の中で考えてしまい、「なぜ?」の迷路から抜け出せなくなってしまいます。


そのため、なるべく5W+1Hの質問を使った方がコミュニケーションも円滑に進みやすくなります。
例えば、夫婦でお互いの意見がかみ合わない時に「なぜ、夫はわかってくれないのか?」「なぜ、妻はあんなに感情的になるのか?」と考えてみても納得いく結論は出てきません。

それよりも、夫婦の「何?」がかみ合わなかったのか、夫(妻)は「何?」を考えているのか、「いつ」、どこで」、「どのように」話し合えば納得いく答えが見つかるかを考えてみてください。
また、複数の意見を出し合い、「どれ」がお互いに一番納得のいく答えかを話し合ってみてください。
そして、「どのように」すれば満足いく結果が得られるかを一緒に考えてみてください。

このやり方をするだけでお互いの上質世界に触れながら話し合うことが可能となります。


また、先ほどの失敗の例で言えば、「何」がまずかったのかを考え、これから(いつ)、同じ状況(どこ)があった場合は「どのように」気を付ければいいかを考えてみましょう。また今私がしないといけないことは「何か」を考えていくことで失敗に対しての反省や振り返り、今後の課題や対処の仕方もポジティブに見ることが可能になると思います。

ポイントは5W+1Hです。
ただ、使いこなすには練習が必要です。
またリアリティセラピー勉強会でもこのやり方を練習していますし、コツについてもお話していますので、興味がある方はぜひ参加してみてください。

リアリティセラピー尼崎支部勉強会

リアリティセラピー尼崎支部HP

※いつも読んでいただいてありがとうございます。
↓のボタンをクリックしていただければ、大変ありがたく、ブログを書く励みとなります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2012.08.19 Sun l リアリティセラピー l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/103-e6d7b1b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味