【スポンサードリンク】
  



toshirouさん、コメントありがとうございます。

アルコール依存症の断酒継続の仕事をされているようですが、かなり難しい現場におられると思います。

参考にできる意見ということですが、アルコール依存症を簡単に説明した上で、リアリティセラピーではどのようにしてそれらに対処しているかをお話ししたいと思います。

まず、アルコール依存症とはアルコールを日常生活に支障が出てしまうまで飲んでしまう状態です。
例えば、私たちは車で運転をする前はアルコールを摂取しないようにお酒を飲みたい衝動(飲酒欲求)をコントロールすることができますが、依存症者の場合はそれをするのが難しくなります。
また、いったんアルコールを摂取すると明日早朝に仕事があるにも関わらず飲み続けてしまい、二日酔いで仕事を休んでしまい、結果として社会からの信用を失う結果となります。
さらにお金がないのにアルコールを購入するのにお金を使ってしまい、生活が困窮してしまうこともあります。
そのため、親しい人との関係も悪化し、家族も不幸になってしまう病であると言えます。

これらの飲酒欲求をコントロールできない状態がアルコール依存症です。

このアルコール依存症の治療ですが、方法は一つしかありません。
それは「お酒を一生飲まないこと」です。
そのため、抗酒剤(アルコールを飲むと激しい吐き気や頭痛を引き起こす薬剤)や断酒会などAA(アルコールミーティング)などの断酒を支える会などが活用されています。

しかし、アルコール依存症の方の難しい点は「私はアルコール依存症ではない」と病気を認めないところです。そのため、治療プログラムの一環としてアルコール依存症の講習会を定期的に行う病院もあります。

また、断酒を常に継続させるのも難しいものです。
ふとした弾みでお酒を飲んでしまい、アルコール漬けの毎日に戻ってしまうことも多々見られます。
断酒を一生涯継続させることができるかどうかがアルコール依存症の治療の中核となのです。




さて、toshirouさんの「断酒継続での土台となる考え方や参考にできるヒント」ですが、リアリティセラピーでは以下のようにアルコール依存症を考えています。

まず、なぜアルコールを摂取するかですが、それはアルコールが快の気分を提供してくれるからです。
つまり、アルコールによる酩酊感や幸福感、昂揚感が快となりそれが依存症者の欲求を満たすものとして頭の中にインプットされています。(上質世界)

逆に言えば、アルコール以外で欲求を満たすイメージを持っていないということにもなります。
だからアルコールでしか自分の欲求を満たすことができないのだとリアリティセラピーでは考えています。
そこで、アルコール以外でその人の欲求を満たせるものを一緒に探していく必要があります。

リアリティセラピーの提唱者グラッサー博士は「AAほどアルコール依存の治療に適したプログラムはない」と言っています。それは何故かというと、AAの参加者はまず「断酒を継続したい」という信念を持って参加しています。
その中で、参加者とスタッフが助け合いながら断酒を継続しています。

この関係が大切がとても大切だとグラッサー博士は述べています。

つまり、アルコールでしか欲求を満たせない状態から周りと支え合いながら断酒をしていくことで欲求を満たしていけることが、アルコール依存症で最も大切な要素なのです。

何よりも必要なのは彼らが断酒をしても欲求を満たせるように支えていくことです。
具体的にはAA参加者の支えの他に家族の支え、近しい人との支え、またスタッフの支えです。
断酒継続は何度も挫折したり、順調と思っても飲んでしまったりと一進一退を繰り返すことが多いものです。そのため、本人は周りの人も「またか」とがっかりし意欲を失ってしまうことがよくあります。

一緒に断酒をしていこうという目標をみんなで共有し、支えあう姿勢を忍耐強く、最後まであきらめないで継続できることがアルコール依存症者を救う支えになると思います。
ポイントはアルコール以外の欲求を満たすお手伝いをどうできるかだと思います。

toshirouさんのヒントなれば幸いです。

※いつも読んでいただいてありがとうございます。
↓のボタンをクリックしていただければ大変ありがたく、ブログを書く大きな励みとなります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2012.08.30 Thu l 精神科臨床 l コメント (1) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012.09.02 Sun l . l 編集

 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/108-1e3ddb67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味