【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

最近「ネットで調べたら発達障害の項目に当てはまっていて、そうじゃないかと思って」とカウンセリングに訪れる人がよくいます(実際に本当にそうだったいう人もいます)。

中には別の病院で医師と話していたら、「発達障害の可能性がある」と言われてそれで調べたいと来る人もいます。

ちなみに多くの方がよく当てはまると言っている項目は大体次のようなものです。

〇人の空気が読めない。
〇変にこだわりがある。
〇よく間違えをしやすい。
〇注意力・集中力がない。
〇人の気持ちがわからない。
〇急な変更に弱いところがある。
〇どこから始めればいいのか混乱することがある。
〇作業に時間がかかる。
〇昔言われたことがなかなか忘れられない。切り替えができない。
などなど。。。

これを読んでみて、「あ、私もそのような傾向がある」と思った方、何人くらいるでしょうか?
「当てはまる」と思ってしまう人は結構多いのではないかと思います。

そうです。
これらは程度の差はありますが、大体の人が当てはまるものです。
また、上記の状態はうつ状態や気持ちが不安定な状態などでもよく見られます。

つまり、発達障害と呼んでいいものなのか、それともストレスによる反応なのか、精神疾患による症状なのか、「項目に当てはまるかどうか」だけでは全く分からないのです

そのため、冒頭で挙げたように、「もしそうかな?」と思ったときは、専門家に相談した方がいいでしょう。

私は大体このような方にはロールシャッハテストを実施することが多いです。
ロールシャッハテストは心理的なものだけではなく、この人がどのような情報処理の仕方をしているか、それが発達障害的なものかどうか、それでどんな人生を送ってこられたのかが見えてきます。おまけに精神疾患になっているかどうかも見ることができます。

もっと具体的に知りたい場合は、知能検査や認知機能検査を取った方がいいでしょうが、大体の傾向はロールシャッハテストで十分だと考えています。

しかし、ここで大切なのは発達障害は治りません。
なぜなら発達障害はその人の個性であり、治すというよりも成長を促していくというのが正しいです
そして、そのコツは自分がどういうタイプなのかを良く知り、そして受け入れることだと思います。

そのため、私はこうクライエントに伝えることが多いです。
「人ってのは、誰でも得手不得手があります。不得手にばっかり目を向けてしまうと、どんどん発達障害っぽく自分が見えてきます。自身が得意とすることと、苦手としていることをしっかり知ることで、もっと自分の長所を活かして、自分らしく生きていけるようになると思います。」

発達障害かどうかではなく、自分らしくどう生きていけるのか、そのためにどんなことが自分にはできるのか、それが一番大切ではないかと思います。

※ありがとうございます。
↓のボタンをクリックしていただくと、ブログを書く励みとなります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2012.09.28 Fri l 発達障害 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/117-2af8928f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味