【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

ここ最近、ブログの更新が遅くなってすみません。
先週の土日の2日連続で2組の友人の結婚式に参加してて、バタバタしていまいした。

2組ともとてもいい雰囲気の式で、新郎新婦共に幸せなオーラが全開で、見ているこっちも幸せな気分になれました。幸せな家庭を築いていってほしいなと心から思います。

ちなみに私も既婚者で妻がいるのですが、結婚生活は本当に選択理論実践の場だと思います。
これはシニアインストラクターの渡邊義先生(クリックすると渡邊先生のブログにとびます)にも言われました。

選択理論とは人間関係に焦点を置いた心理学ですので、夫婦にももちろん適用できます。
より良い夫婦関係を築いていくために一番大切なのは、グループゴール(夫婦の目標)をしっかり共有していくことです。

結婚生活では、当然いろんな悩みや問題が噴出してきます。
生活費のこと、子供のこと、お互いの実家のこと、思いもかけないトラブルなどなど。
また、お互いの性悩みが起こった場合は、夫婦二人でど格や考え方の不一致もトラブルと一緒に出てくることもあります。

その時に、自分だけの考えに固執してしまうと事態はより一層悪化することがあります。
かといって、相手の考えに乗っかるだけだと、知らず知らず自分の中に不満がたまり、「なんか利用されている感じがする」という不快感を持つこともあります。

夫婦の問題や悩みは夫婦が解決していくのが大切です。

そのため、問題やう考え、行動すれば解決できるかをじっくり考えていくことがとても必要となります。
もしパートナーが話し合いに応じてくれない場合は、どうすれば話し合いに応じてくれるかをまずは考えなければいけません。私の場合は家の中だとなかなか話し合えないことが多かったので、話し合うときは外の喫茶店などでするように心がけたこともありました。また、時間を決めて話し合いをするのも一つの手です。

話し合いのコツは相手を批判・非難・比較しないことです。
相手の悪いところを批判してしまったり、意見を非難したり、他の夫婦のパートナーと比べてどれだけ至らないかを行ってしまえば、効果的な話し合いは難しいでしょう。

それよりも、お互いがどうなりたいか、どこまで歩み寄れるかに焦点を当てて話しあった方が解決策は見えやすくなります。また、お互いがどんな結婚生活を送りたいか、どんな夫婦になりたいかを共有しておくことも大切です。そのため、結婚の目標をお互いが達成するためには、自分のわがままやこだわりはある程度諦めないといけないということも十分あり得ます。
それをお互いが納得できるのか、できないのか、どうすればお互いが納得できるような目標を作れるかを何度も話し合うことがより良い結婚のコツだといえます。

選択理論ではそうした結婚生活の話し合いのコツや、幸せな夫婦の過ごし方など、ロールプレイやワークを通して話し合いながら学んでいきます。自分なりのやり方が見いだせたことで、次第に結婚生活も良くなってきたという人もかなりおられます。

下記の本は選択理論を結婚に適用する事例ややり方などについて書かれた本です。
参考までにどうぞ。

こっちは今から結婚を考えているカップル向けに書かれた本です。
ステップ形式で幸せな結婚をどう築いていくのかを2人で考えられるようになっています。


こちらはどちらかと言えば、既婚者向けです。
いろんな夫婦の問題をどうすれば乗り越えられていけるのか、選択理論をベースにして書かれています。


ちなみ、神戸勉強会は11月4日の日曜日です。
興味のある方はぜひお越しください。
リアリティセラピー尼崎支部勉強会

※いつも読んでいただいてありがとうございます。
↓のボタンをクリックすると、大変ありがたくブログを書く励みになります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2012.10.31 Wed l 夫婦・親子・家族 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/127-dc4d8649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味