【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

ちょっと気になった本があったので読んでみました。



正直言って、インパクトが強すぎます。
著者の内海先生は、精神科セカンドオピニオンと減薬を専門としたクリニックを開業しておられます。かなり反精神医学と精神科治療の根絶を目指して活動されている方です。

牛久東洋医学クリニック

正直言うと、「私が普段考えていることと結構似ているな」という感じです。
ただ、過激な発言も多いため、ここでは詳細は省きます。
(もちろん、ここまで過激なことは思ってはいません。念のため)
興味ある方は買ってみてください。

ただ、私個人の考えを述べるとすれば、精神科の薬はもちろん毒物です。
できれば飲まないに越したことはありませんし、大抵の人は飲まずになんとかやっていけるものです。
今の精神疾患の病名も数十年前にはほとんどなかったものばかりです。
では、エイズみたいにある日急に出てきたのかというと、そういうわけではなく、大昔の文献には精神疾患に罹っている人がいくらでも出てきます。
有名な話でいえば、織田信長がADHDではないかとか、太宰治が境界性人格障害ではないかといった話もあります。
つまり、たいていの人は薬や心理療法に頼らずに人生を頑張って生き抜いてこれたのです。

(2013/2/15追記)
太宰治は薬漬けの上の入水自殺していました(参照)。ととさん、ご指摘くださり、ありがとうございます。

そうした人たちを精神科に向かわせようとしてきた製薬会社と精神科のマーケティング術について本書は書かれています。極端な話、失恋して落ち込んで病院に行ったらうつ病と診断され、それ以降何年も病院に通い続けているという事例もあるそうです。

これを読んだ私の感想としては、ぜひ精神科や心療内科にかかる前にカウンセラーに相談してほしいということです。出来れば精神医学に強いカウンセラーがいいでしょう。
私の経験ではカウンセリングに行ったことで症状が安定し、病院に行かずに済んだというケースもあります。


ちなみに今週の日曜日(12月2日)はリアリティセラピー神戸研究会です。神戸は今年最後になります。
興味がある方はお悩み事を持ってぜひお越しください。



リアリティセラピー尼崎支部研究会

※いつも読んでいただいてありがとうございます。
↓のボタンを押していただければ、ブログを書く励みとなります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2012.11.30 Fri l 精神科臨床 l コメント (2) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント

ととさん、
ご指摘ありがとうございます。

完全に私のミスですね。追記させていただいています。今後このようなことがないよう気を付けたいと思います。

どうもありがとうございました。
2013.02.15 Fri l 田中勝悟. URL l 編集
太宰は薬漬けになった上に
自殺してますよー
「生き抜いてこれた人」の例には
不適当ですネ

抜粋→有名な話でいえば、織田信長がADHDでは ないかとか、太宰治が境界性人格障害では ないかといった話もあります。 つまり、たいていの人は薬や心理療法に頼 らずに人生を頑張って生き抜いてこれたの です。
2013.02.15 Fri l とと. URL l 編集

 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/142-fa173437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味