【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

上級講座終了から早5日。
段々と日常生活に体がなじんできたころです。

上級講座が終わってからは、カウンセリングに選択理論のエッセンスを盛り込むのが前よりも上手くなったような気がします。するとクライエントの自己理解がかなり進むような感じがします。さすが選択理論という感じです。

さて、リアリティセラピーのカウンセリングの特徴として、
お腹が空いている人に魚を与えるのではなく、自分で釣れるようにしていく
というのがあります。

つまり、自分の欲求は自分で満たせるように、そのやり方を自分で見つけられるように支えていくということです

これは大変興味深いのですが、クライエントに「話を聴くカウンセリングと自分ができるようになるカウンセリングどっちがいい?」と聴くと、全員が「後者がいい」と答えてくれます。
これには一つには力の欲求が絡んでいるのではないかと思います。
人は「自分でできる」という実感があるとより幸福を感じるものです。

やはり、私がカウンセリングで目指したいのは「クライエントが自分で自分の欲求充足ができるように一緒に歩いていく」ということだろうと思います。
もちろん、性格や状況、達成の困難さによっては時間がかかるものですが、それでもいずれは自分でできるようにしていくことが必要だと思います。

そういえば、クライエントがカウンセラーに依存するのは良いのかどうかという質問がよくあります。
確かにカウンセラーに依存的になってしまうクライエントはしばしばみられます。
これについて、ある精神科医の先生はこんなことを話していました。

「薬に依存するよりかはカウンセラーに依存した方がまだマシ」

クライエントがカウンセラーのおかげで「生きていける」と思えるのであれば、それは薬に依存するよりかはマシかもしれません。

ただ、それよりも、より良い方法はきっとあると思います。
クライエントが今よりも良い方法見つけて、いずれは自分の力で欲求充足ができるように共に歩いていくことが本来のカウンセリングなのではないかと思います。
そのための知恵が選択理論にはたくさん含まれていますし、それをいかにクライエントが気づけるように関わるかが大切ではないかと思います。



↓のボタンをクリックしていただけると大変うれしいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.01.19 Sat l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/167-fc18bf4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味