【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

大津事件の第三者委員会は、

「いじめが自殺の原因である」
「家庭環境は原因ではない」

という結論を出しました。

当初大津市の教育委員会と管理職(校長・教頭)は「いじめが原因とは言い切れない」と話しており、それを覆す結果となりました。

これは非常にセンセーショナルな結果です。

学校側の言い分が全く覆されたわけですから。
できることなら、スクールカウンセラーがいじめ解決に貢献できたのかについても書いてほしいものです。

私の立場で言ってはいけないでしょうが、いじめの直接の問題はスクールカウンセラーが増員したかどうかでは解決はできないと思っています
そして、自殺する生徒を減らすのもカウンセラーがいるからと言って、できることではありません。
不登校は減少していますが、それは相対的に子供の数が減ったからで、スクールカウンセラーの活躍とはあまり関係ないでしょう。(その証拠に不登校専門の高校や相談業の人がどれほど多いことか)

もちろん、スクールカウンセラーによっていじめから救われたり、自殺せずにすんだり、不登校から回復できたという人も大勢おられます。しかし、それは全体的に見れば圧倒的少数であり、スクールカウンセラーに頼るという選択をする人もあまりいません。

実際、心療内科に来られる人で中学生の時にスクールカウンセラーを進められることがあったという人は何人もいます。しかし、それで「行った」という人はほとんどいませんでした。

ただ、誤解の内容に言わせていただければ、スクールカウンセラーは間接的にいじめや自殺、不登校を防止・改善することはできます
直接、スクールカウンセラーが関わるだけで、これらの問題を解決できることはないということです。

不登校の問題にしろ、いじめにしろ、いじめからの自殺にしろ、それはすべて学校で起きたことです。
そのため、これらの解決は基本的には教師がするべきことです。
また、できれば保護者一同で話し合ったり、知恵を出し合ったり、子供を救うためにできることを考えていく姿勢が必要です。

スクールカウンセラーはそれらをスムーズにするための円滑油のような役割を取るべきだと私は考えています。
つまり、本来子供を助けるべき立場の大人たちが、しっかりと取り組めるよう、子供たちを支えられるように、支援していく立場がスクールカウンセラーです。

もし、教員がスクールカウンセラーと連携を取れば、子供を理解し教員がしっかりと動けるようにサポートするでしょう。
保護者がカウンセリングに来られれば、子供をよく知り、今の子供の気持ちに沿った支え方ができるようにフォローすることもできるでしょう。
子どもがカウンセラーに会うとすれば、子供が前を向けるように話を聴いていき、教員と保護者の足並みをしっかりと取れるように調整するでしょう。

これが本来のスクールカウンセラーの働きではないかと思います。
ちなみに上記のことは私が実際にいじめ問題で動いて成果を出したやり方です。
私が言えることはスクールカウンセラーの役割とはカウンセリングをすることだけではなく、教員や保護者、子供たちをつなぎ、より良いやり方ができるよう、支えていく、フォローしていくことだと思います



↓のボタンを押していただけると、とてもうれしいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.02.04 Mon l スクールカウンセリング l コメント (1) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.03.25 Fri l . l 編集

 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/176-c801bac0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味