【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

以前お話ししましたが、去年から療育の仕事をさせてもらっています。

参照:コロロの研修会に参加してきました

私はスクールカウンセラーとして、療育スタッフとして障害を持った子ども達に接する機会があります。そのため、教育現場での支援と、発達障害施設での支援の在り方を同時に経験させてもらっています。

その経験からで言えば、療育と障害児教育は全くの別物と言うのが私の印象です。療育とは治療教育のことで、脳の発達を促していくのが目的です。
そのため、脳の発達を促すような課題をしていくことが中心になります。例えば、サーキット遊びやリズム運動などは脳の感覚野や運動野の発達を促すことが目的となります。

その一方で、教育とは教えていくことです。障害を持った子どもが少しでも生きていくために、できることを増やしていくことが教育です。これには字を覚える、単語を覚える、計算を覚える、買い物を覚えるなども含まれます。

両者は目的が違うため本来は別物ですが、実際にはお互いに混ぜ合わせた感じで行われていることがほとんどです。例えば、「料理を作る」ということは料理の工程ややり方を学ぶという教育の面と同時に、色やにおい、味など五感を刺激する側面、つまり脳を刺激する療育としての側面があります。

私の感覚では療育と教育を分けた上でバランスよく取り入れている関わりをしている人ほど、子どもがしっかりと伸びる印象があります。
逆に教育か療育のどちらかの側面だけしか見ていない人の場合は余り伸びが悪いという感じです。

ちなみに、私の場合は昔遊び(けん玉、ビー玉、おはじき、折り紙、コマなど)を療育として取り入れることが多いです。実は昔の遊びと言うのは脳をフルに刺激させる遊びが結構あります。私の経験では、将棋をするだけで言葉がスムーズに話すことが出来るようになった子供もいます。

療育と教育と言う両者をしっかりと意識したうえで、お互いの良いところをしっかりと取り入れて、子どもの支援に役立たせていきたいものです。

あと・・・
特別支援教育と言うのがありますが、これは子どもの発達の個人差を見極めたうえで、しっかりと配慮しながら教育をしていこうというものです。「特別な教育や支援をしていこう」という意味ではありません。
ただ、子どもの特徴をしっかりと捉えた上で、きちんと配慮して関わっていく、少し丁寧にわかりやすい授業を心がけていくというのが本来の意味です。
なので、先ほどの療育と教育とはまた意味合いが異なりますし、単純に療育を教育に取り入れたものというわけでもありません。要はそれらをどう使いこなしていけるかですね。

私自身も精進していきたいと思います。



↓をクリックしてくれるとうれしいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.02.28 Thu l 発達障害 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/188-9c7af5b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味