【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

今回はカウンセラーやカウンセラーを目指している人向けに書いています。
私個人のカウンセリングに関する思いを書かせて頂きました。


カウンセリングとは難しいもので、少しでも油断してしまうと初心者同様のレベルまで落ちてしまいます。
具体的に言えば、いつもはプロカウンセラーとして恥ずかしくないレベルのカウンセリングができるのに、ちょっと油断してしまうとクライエントの話を全く汲み取れない下手くそなものになってしまうのです。

理由はいくつかありますが、私の場合は慢心でしょう。
疲れていようが、体調が悪かろうがそれなりのカウンセリングをする自信があります。むしろ、しんどくてもそれなりの効果を出すのがプロってものです。

しかし、私の場合は、慢心してしまった時に上記のような失態を起こしてしまうようです。

その時に強く思います。

カウンセリングは心でするものだ」と。

また、面白いことにその時に限ってクライエントは、症状を悪化させたり、悪い方向に行ってしまうものです。
まるで「先生、もっとしっかりして。こっちを見てよ。」と言っているかのようです。

カウンセリングとは共同作業と言いますが、本当にその通りだなと思います。

ある程度経験を重ねて感じることは、カウンセリングが上手く行くか行かないかの境界線はカウンセラーのスキルではないということです。むしろ、カウンセラーの生き様がそのまま問われているようなところがあります。
下手くそなカウンセリングはカウンセラーが必死に生きていないから起こるのだと思います。

もし私が下手くそなカウンセリングをしている場合、大抵「クライエントからの指導」が入ります。カウンセリングは密室で行われるので、上手い下手を誰かに評価してもらえることはまずありません。その代り、しっかりとクライエントが指導してくれます。

例えば、
来なくなる(中断)
症状を悪化させる
核心の話を避ける
カウンセラーにしゃべらせようとする
身体をそわそわさせる
気まずい沈黙

などなど。

カウンセラーの方は多かれ少なかれ、このような経験をされたことはあるんじゃないかと思います。大切なのは、こうしたクライエントのメッセージを真摯に受け止めようとする姿勢です。

私は上手なカウンセリングなんて「あり得ない」と思います。
また、私の師匠は「カウンセラーには必ず落ち度がある」と言っています。

もちろん、クライエントや相談された方が「いやあ、話ができてよかった」と思っていただけるのは大切です。クライエントが不満を抱くカウンセリングは望ましくはありませんし、やはり良い意味で満足してもらえるべきでしょう。
しかし、カウンセラー自身が「いやあ、良いカウンセリングができた」と思っていると、必ず次は痛い目を見ると思います。

やはり、カウンセリングは真摯にクライエントと向き合う姿勢から生まれるもの。
それを忘れてしまうとカウンセリングなんてできないと日々の臨床実践で感じます。

この気持ちを忘れないようにして真剣に一人一人のクライエントと向き合っていきたいと思います。



↓をクリックしてくれるとうれしいです。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.03.18 Mon l カウンセリング考察 l コメント (3) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント

ご返信ありがとうございます。
関わりや姿勢を見直すというところの説明も加えて頂いて先生のお考えが非常によくわかりました。読ませて頂いて納得しました。ご丁寧な返信ありがとうございます。
2013.03.19 Tue l 無題. URL l 編集
コメントありがとうございます
コメントありがとうございます。
そういっていただけると私自身大変励みになります。

後半の部分についてですが、気を悪くされたならすみません。ただ、補足させていただくと、もちろんクライエントが悪化する場合、いろんな意味が含まれていますし、カウンセラーだけの問題ではないこともあると思います。しかし、その時こそカウンセラーの姿勢をしっかり見直すことが必要だと私は思います。
「しっかり見てよ」というメッセージだと私が考える理由として、私自身の関わりを再度見直す必要があること、そしてクライエントともっと向き合う必要があるからと思うからです。
この辺りは私の経験から思ったことなので、質問者様の考えとは異なるかもしれません。その時は流して頂けると助かります。ご指摘ありがとうございました。
2013.03.19 Tue l 田中勝悟. URL l 編集
慢心からカウンセリングがうまくいかなくなる、という事態は実際に起こってくる問題だと思います。自己を振り返って考えられているなあと思いました。カウンセラー側の真摯にメッセージを受け取る姿勢というのも確かにと思いました。
ただ「先生、もっとしっかりして。こっちを見てよ。」の下りのあたりは危険な気がします。こういった認識ですべてを捉えるというのは…これこそ背後に慢心のようなものが隠れていそうな気がしてなりませんが…
2013.03.18 Mon l 無題. URL l 編集

 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/194-b3c5dbb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味