【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。
鹿児島の旅行もあって、かなり久しぶりの更新です。旅行の詳細はこちらに書いていますのでよかったらご覧ください。

先日(というか旅行中)、古宮昇先生の「怒り、さびしさ、悲しみは捨てられる」を読み終えました。


古宮先生は来談者中心療法を専門しておられる先生で、傾聴やカウンセリングなどの書籍も多数出されておられる有名な先生です。また、過去4000人以上のカウンセリングを経験してこられ、実践家としても有名な方です。

さて、上記の本ですが内容は精神分析の視点から私たちの苦しみや行き辛さをどう癒し、和らげていくかが書かれており、また古宮先生の豊富な臨床経験から話される事例や考察、そして対処法は目を見張るものがあり、面白かったです。私自身、カウンセリングで精神分析で見ていかないと理解が難しい方とお会いすることも多く、この本を読んで改めて「あの人はこんな風に見ればもっと良かったかもしれないな」と思うことも多く、大変勉強になります。


ただ・・・
これは私だけかもしれないのですが、
実は私は精神分析が口には合いません。

以前、精神分析の本を読んだ時にかなりの吐き気と気持ち悪さを感じたことがあります。

特に「親が自分を認めてくれないから、こういう性格や症状を起こす」という考え方は私にはかなりの抵抗があるのです。視点の一つとして見ればいいのですが、親との関係で傷ついてしまい、それがいろんな症状の原因となっているというのはどうも受け入れにくいものがあります。

そのため精神分析を本気で勉強したことはないので、専門の先生からお叱りやご指摘を受けるかもしれませんし、「それはあなたの傷つきが癒されていないからだよ」とか言われるかもしれません。

私が選択理論が好きなのは「親の教育や環境、過去の出来事ではなく、今あなたが選んでいる症状は自分で選択したんだよ」というメッセージのためです。つまり傷ついていようが、どうあろうが、「あなたはより良い選択をしていくことができる」というメッセージが好きで学んできたところがあります。

もちろん、精神分析が悪くて選択理論が良いということを言いたいわけではありません。ただ自分には合わないということを伝えたいだけです。自分に合う合わないをしっかりと見極めた上で、自分に合ったやり方を常に学び続けようしているだけですし、これからもそうした姿勢で学び続けるつもりです。

なので、「これはあなたのこういう問題があるから合わないんだよ」というコメントは控えていただけると大変助かります(笑)。

さて、古宮先生の本の内容も精神分析だったので、正直読んでいてしんどさを感じた部分は確かにありました。
それ以上に学ぶところも多かったです。人は確かに幼少期の親との関係の中で最善だと思ったパターンを上質世界に入れて生きています。それを多くの事例を通して改めて学びなおしたという感じです。そうした精神分析の視点はしっかり勉強していった方がいいだろうなという思いです。

ただ、口に合わない部分もあったので、それはそれで仕方がないかなという気持ではあります。

なのでもしこのブログを読んでいる方で、自己啓発や心理読み物、カウンセラーの悩みを解消する本などを読んでみて、「どうも気持ちが悪くなった」という方、それはあなたが悪いからではないです。ただ、あなたの口に合わなかっただけだろうと思います。その時は「口に合わなかったんだ」と思うと少しは気持ちも落ち着くでしょう。



↓のボタンどれか一つをクリックしてくれるとうれしいです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.03.29 Fri l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/196-541b7c00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味