【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

私はスクールカウンセラーの他にクリニックで働いています。
主にうつの方のカウンセリングが多いかな?

さらに新型うつと呼ばれる方のカウンセリングが多いという印象です。
(もちろん、夫婦問題や虐待、DV、発達障害など多岐にわたるカウンセリングをしますが、割合として多いという印象です。)

従来のうつ病は、まじめな方、周りに気を配る方がなりやすく、過重労働やプレッシャーなどいくつものストレス要因が重なって発症します。頑張り過ぎた結果、発症しますが、当の本人はさらに頑張らないといけないと考えてしまい、頑張ってもできない自分に対して自責の念を抱きがちです。
典型的なうつ病では、薬物療法と休養があれば本人の「頑張りたい」というもともとの性格も手伝って、割とスムーズに回復します。また、頑張り過ぎて発症したため、「頑張りなさい」を言わないようにすることが必要なケースが多いです。


それに対して、新型うつと呼ばれる、従来のうつ病とは違うタイプのうつを示す人たちもおられます。
典型的な例は仕事中はうつ症状が出て、仕事が終わった後や休日は元気になるというタイプです。従来のうつ病患者では仕事がない日でも仕事のことを考えて、うつ症状を示すのですが、このタイプでは仕事がない時は元気という場合があります。なので、従来のうつ病とは全く別物と考えて対応しないとエライことになります。

ここで詳しく新型うつのことを書くと、新型うつで悩んでいる人たちにとって不利につながる場合もあるため、多くは語れませんが、簡単に言えば仕事や困難にぶち当たるとうつ症状を示すタイプのうつと考えていただければと思います。周りから見れば、「わがまま」と捉えられがちですが、新型うつの方たちは「会社の規則に上手くなじめない」とその人なりに苦しい思いをされています。

そのため、彼らがうつ症状を選ばなくても済むような対策や支援をしていく必要があると思います。できれば、本人がより良いやり方を自分で探し、学べるような社員研修を導入するなどが必要でしょう。

私は新型うつのカウンセリングをよくしますが、本当に彼らなりの苦しみや生き辛さがあるんだと実感することが多いです。困難にぶち当たったり、仕事の時だけうつ症状が出てしまうので、「なんてダメな人間なんだ」と自己嫌悪に陥る人もいます(まあ、大抵見せないようにしていますが)。

新型うつのカウンセリングでは、そういう彼らの行き辛さをまずは一緒に感じ、その上でより良いやり方を一緒に考えていく姿勢が大切です。時間はかかります。上手くできないしんどさやつらさから逃げようとする人もいます。その中で逃げずに自分の課題と向き合い、一つ一つ乗り越えていくことが新型うつの治療のコツだと思います。今までの経験からも、最初は嫌なことがあってすぐに逃げていても、最後には会社でストレスを抱えながらも頑張って働くようになった方がおられます。

「人は頑張ればいつでも乗り越えることができる。」
新型うつを治す楽な方法はありません。
目の前の問題に逃げずに取り組み続けることが唯一の治療法だと思います。
それを支えていくことが、新型うつのカウンセリングのコツだろうと思います。

以下のリンク先の記事もご覧いただければと思います。
新型うつと従来のうつ病との違いはどこか?

新型うつは甘えなのか?それとも病気なのか?

なぜ新型うつに陥ってしまうのか―そのメカニズムと治療法

新型うつは必ず治る!―薬物療法よりもカウンセリングが効果的


↑新型うつについてわかりやすく書かれています。また、従来のうつ病や人格障害、また統合失調症などうつ症状を起こす心の病について書かれており、またそれについての対策についても書かれています。非常に実践的な本です。


↓のボタンをクリックしてくれるとうれしいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 精神科・心療内科へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.04.28 Sun l 精神科臨床 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/208-b5f63552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味