【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中です。

不登校について、良く言われる誤解の一つに「充電期間」というのがあります。
よく保護者が不登校についてアドバイスや指示を専門家に仰ぐ際に、「今は充電期間です。エネルギーをためている状態ですからそっとしておいてあげましょう」というのがあります。実はこれはかなりの確率でスクールカウンセラーや医師に言われるアドバイスです。

もう一つは「そっとしておきましょう。見守りの姿勢で」というのもありますね。

まじめな保護者ほどこれらの指示・アドバイスを忠実に守ります。
すると不思議なことに、多くの不登校の生徒は中学校3年間を学校ではなく、自宅で過ごし、最終的に高校も進学することはできない状況になります。つまり、不登校は改善はされないのです。

もちろん、保護者や教師もそうした子供を見ていくうちに、「何かがおかしい」と感じます。その一方で「いや、専門家は充電期間と言っていたし、そうに違いない」と専門家のアドバイスだからとそれを実行します。しかし、心の奥底ではモヤモヤは取れません。

恥を忍んでいいますと、私自身も不登校=充電期間と考えて、このような間違いを犯したことが何度もあります。
その都度、進展のない子どもを見て、やつれた保護者を見て胸が痛くなったことも何度もあります。


このブログを見て、不登校で悩んでいる方はこれだけは覚えておいてください。

不登校に充電期間はありません。
もちろん、「充電期間」が必要なケースがあるのは確かですが、これは少数です。
しかし、本当の充電というのを考えてほしいのです。本当の充電とは疲れを癒すために、家にずっといる状態ではないはずです。未来に向かうために、クラブや勉学、同年代の人たちとの関わりを十分に経験している状態が本当の充電というものです。

不登校は同年代の関わりや経験がないという意味ではマイナスでしかありません。
(もちろん、家庭での支援や親の考え方ではホームスクーリングのようにプラスになる場合もあります)
そして別室登校や保健室登校では、マイナスでもプラスでもなく、平行線の状態です。家族以外の人と関わることができているためです。
そして、教室や部活に行けている状態でプラスであると言えます。

これは本荘先生から教わったことですが、私自身この考え方になってから不登校というものを別の角度で考えることができるようになりました。

不登校に充電期間というのは本来はないのです。それは自分の可能性の芽を摘んでいるだけの「放電期間」でしかありません。

子どもにとってのより良い充電期間とは何か?
これをしっかりと考えないと不登校支援はまずできません。

まずは子ども自身に向き合うこと。
その子の人生をしっかりと話し合うこと。
その話ができるような関係を育むこと。

どれも楽ではありませんし、人によっては何度も試行錯誤をするでしょう。
しかし、この子の充電をしっかりと見極め、一つ一つ取り組んでいくうちに必ず方法は見えてくるはずです。
それがやがてその子の財産となりうるなだと私は信じています。


↑一昔前は不登校は登校刺激を与えてはいけないと言われていましたが、今はいかに適切な登校刺激をどのように提示するかがポイントです。かなり参考になると思います。

☆こちらもお勧めです☆
不登校を持つ親を応援するブログ
ある朝、子どもが急に学校に行かなくなった
不登校の定義とは?
不登校の原因-わが子が学校に行けなくなる理由
不登校になりやすい子どもとはどんな子?
不登校の子どもの豊かな感性が現れる時期
「どうすればいい?」と悩む前に・・・
家庭環境や学校、友人関係は不登校の原因ではない



↓をクリックしていただけると大変うれしいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.05.10 Fri l 不登校 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/212-0310ad89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味