【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。
今回は私が思ったことをそのまま書来たいと思います。
(まあ、いつもと同じですが)

アスぺルガー障害(自閉症スペクトラム)という名前が出るようになって久しくなりました。今でも患者さんが「私アスペルガーですか?」と相談しにきたり、学校でもそのような子どもの対応に苦慮している教師の姿が多々見られます。

日本ではアスペルガー障害と聞くと、どうも否定的なニュアンスを持たれがちです。空気が読めない、変なこだわりを持っている、社会性がない・・・まあ社会に適応しにくいというイメージが強いだろうと思います。

ちなみに、欧米ではかなり肯定的に見られています。
前ニュージーランドの方が「僕の弟はアスペルガーなんだ!!」と誇らしげに語っていたのを思い出します。欧米では「特別な才能を持った素晴らしい人」と見られることが多いようです。

そのため、欧米では彼らが生きやすい配慮がかなりされています。例えば、アメリカのマクドナルドはアスペルガー障害の方が働きやすい取り組みを会社全体でしています。具体的には、「ハンバーガーは15分後には必ず捨てる」とか視覚的な配慮がシステマティックにされています。

また欧米では個性を尊重する文化があります。「個性を尊重」というと聞こえはいいですが、それは自己主張ができないと受け入れてもらえない文化と言うことです。そして欧米では自分の意見を言う時には必ず理由も言わないといけません。嫌なら嫌な理由もしっかりと伝える必要があるのです。

逆に日本ではこうはいきません。日本は個よりも集団を尊重する文化です。その最たるものは「相手の空気や場の流れをしっかりと読む」「相手の気持ちを察する」というところでしょう。日本では集団の空気を読まないと生きてはいけません。

欧米では会社が不正をすると社員がかならず摘発をするのですが、日本ではなかなかそれができにくい面があります。「思ったことをすればいいのに」と思っても、集団を考えると自然にブレーキを踏んでしまうというのが日本人の特性だと言えます。


そうです。日本の文化というのはアスペルガーにはかなり過ごしにくいところがあります。上記のことはアスペルガーにとって苦手分野です。彼らと会っていると本当に日本は彼らにとって生きづらいんだなと思うことが多々あります。

しかし、だからといって
「アスペルガーだから日本は生きづらいのは仕方がないよね」という分けではありません
(ここすごく大事なところです)

生きづらいよりも、少しでも生きやすい方が良いに決まっています。
もちろん、それには周りの理解が必要です。
そして周りの理解だけではありません。
アスペルガー当事者も周りのことを理解していくことが必要なのです。

「いや、それができないのがアスペルガーじゃないの?」
という声も聞かれます。
しかし、「できないことをできるようにする」ことが障害者教育ではないかと思います。できないままであれば、より一層困難な状況に陥ります。
社会はできない人に対して寛容ではありません。
アスペルガーの人は日本がどういう文化の国かを知り、その中で生きていく術を身につけていく必要があります。具体的にどうすればいいかは、文章が長くなるのであえて書きませんが、日本で生きにくいのがわかっているからこそ、どうすれば生きやすくなるのかを考えていくことが大切だと思うのです。



↑日本の文化の特徴と言う面について参考にさせて頂きました。メールの特徴に書かれている本ですが、後半は日本人の対人関係のあり方の変化について書いています。10年前の本ですが、非常にうなずくことばかりです。世代間のコミュニケーション、今の若者や年配の上司との会話に悩んでいる人はぜひ読んでみることお勧めします。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.05.25 Sat l 発達障害 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/217-ace144ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味