【スポンサードリンク】
  



ゲシュタルトの祈り

I do my thing and you do your thing.
私は私のために生きる。あなたはあなたのために生きる。

I am not in this world to live up to your expectations,
私は何もあなたの期待に応えるために、この世に生きているわけじゃない。

And you are not in this world to live up to mine.
そして、あなたも私の期待に応えるために、この世にいるわけじゃない。

You are you, and I am I,
あなたはあなた。私は私。

and if by chance we find each other, it's beautiful.
でも、偶然が私たちを出会わせるなら、それは素敵なことだ。

If not, it can't be helped.
たとえ出会えなくても、それもまた同じように素晴らしいことだ。

(Fritz Perls, "Gestalt Therapy Verbatim", 1969)

以上は「ゲシュタルトの祈り」と呼ばれるものです。
ゲシュタルト療法の創始者であるパールズが書いた詩です。
とても勇気づけてくれる詩だと思います。
特に、私は「あなたはあなた。私は私。」の部分がとても気に入っています。

人間関係に疲れた人、この言葉を少し反芻してみませんか?

あなたはあなたで大丈夫なんです。

・・・と自分に言い聞かせるように書いてみたり(笑)
最近、ゲシュタルト療法のワークショップが増えてきましたね。
私が学生のころは大阪と東京の二か所でしかなかったんじゃないかな。
もう一回受けなおしてみたいと考えている今日この頃です。


↑ゲシュタルト療法の第一人者である倉戸ヨシヤ先生が書かれた入門書。非常にわかりやすく書かれています。



↓ワンポチしてくれるとうれしいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.05.28 Tue l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/219-1f501956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味