【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

先ほどMr.サンデーを見ていたらとても興味深い記事がありました。
サッカーのワールドカップへの出場が決まって、渋谷駅前でサポーターが興奮冷めずに騒いでいた中、一人の警官の話術が注目されました。

動画

関連記事:巧みな話術「DJポリス」として評判

サポーターは最初は警官の話を聴かずにむしろ押さえつけられた反動からか暴れる人もいたそうです。
その中でDJポリスの警察官のアナウンスがサポーターの心に響き渡りました。

「今ここにいる皆さんは日本代表のチームメートです。怖い顔をしたお巡りさんも心の中ではW杯出場を喜んでいます。おうちに帰るまでが応援です」
「日本代表のユニホームを着ている皆さんは12番目の選手です。チームワークをお願いします。駅の方向へ進んでください」

このアナウンスによって暴れた人は全くおらず、逮捕者、負傷者もゼロという驚異的な結果を出しました。
おそらく世界的に見ても例を見ないのではないでしょうか?
非常に警察もサポーターも気分よく終えることができたのではないかと思います。

ところで、なぜこのDJポリスの話をサポーターの方たちが真剣に耳を傾けるようになったのでしょうか?
私にはその理由がはっきりわかります。

DJポリスの方が相手の上質世界をしっかりと尊重する言い方をしていたんだと思います。
「12番目の選手」「警察官も喜んでいる」これほどサポーターの上質世界に入る言葉もないだろうと思います。私たちは上質世界を共有してくれる人を仲間として受け入れ、その言葉に耳を傾けようとする傾向があります。

自分が大切にしていることを、相手に分かってもらえたと思うとき、友好な関係をとろうとします。しかも、とても気分が良いやり方で。

選択理論から見れば、サポーターの方がDJポリスを受け入れてマナーを守る行動をとったのはとても納得できます。DJポリスのやり方は本当に選択理論だと思いました。


日本選択理論心理学会 尼崎支部ではDJポリスのような話術を身に着けるよう、日夜研鑽をしております。家庭や職場などでDJポリスのような話術を身に着けたい人はぜひお越しください。
ちなみに6月15日(土)のテーマは「家庭で使える選択理論」です。


↓ワンポチしてくれるとうれしいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.06.09 Sun l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/223-869cde2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味