【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

今日スクールカウンセラーの仕事から帰ってきました。
ここ最近ですが、私はジャージを必ず持っていくようにしています。

理由は子どもたちとバスケやバトミントンをするためです。

特に不登校の子どもたちとは体育館や運動場で一緒にスポーツをして汗を流す時間を持つようにしています。
そして、この暑い日に運動をすると滝のように汗が吹き出てしまいます。
そのため、あえてジャージを着るようにしています。

私は不登校や別室登校の子供たちにカウンセリングはあまり有効だという気がしません。
もちろん、そういう子供たちもいますが、それは学校に行けなくて間もなかったり、学校に行けなくなる直前の子供ではないかと思います。
不登校が長期化してしまった場合はカウンセリングよりも一緒に汗を流したり、活動をしたりして、社会参加の機会を少しでも作り、一緒に参加していくことだと思うのです。

そのため、長期化した不登校の場合はカウンセリングではなく、一緒に何か活動するという形で関わるようにしています。なるべく彼らが社会に出てこれるようにきっかけを提供し続けることが目的です。

そして徐々に担任や他の先生、子供と関わる機会を増やしていきます。
このやり方で私は家から全く出れない状態の不登校の子供が、カウンセリング登校を通して、別室登校まで持っていくことができた経験があります(もちろん、学校の先生の力が一番大きいのは言うまでもありませんが・・・)。

不登校の子供と関わる上で一番大切なのはガッツリと関わることです。
少しでも子供と関わるのがめんどくさいなと思ってしまえば、彼らはすぐに敏感に察知し、「この人とはもう会えない」と関係を拒否するようになります。

そのため、私が彼らと関わる際は、本気で私自身が心から楽しむことを心がけています。「私が楽しんでいないこと」を彼らは感じ取りますし、何より私もどうせ関わるなら楽しみたいからです。

ジャージを着るのは、「本気で遊ぶぞ」という私なりの決意表明みたいなものです。

やはり、スクールカウンセラーは胡坐をかいてカウンセリングルームで相談を待っているだけではダメです。
自分の足で子どもの方へ出向いて、本気で関わっていくこと、そして「あなたのことが大切だよ」というメッセージを日々の活動を通して伝えていくことが本当に大切だと毎日の臨床から実感しています。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 教育ブログ スクールカウンセラーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.06.27 Thu l スクールカウンセリング l コメント (1) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント

『学校なんていらない』という子供の再生のブログです。

http://plaza.rakuten.co.jp/nennenosshan/
2013.07.04 Thu l ちゃりこ父. URL l 編集

 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/229-0a522fe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味