【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

私のカウンセリングはクライエントを操作してしまう面が幾分強い印象があります。
う~ん、ちょっと違うかな?
正確には「クライエントを操作しているということを自覚している」でしょうか。

私はクライエントを操作しないカウンセリングはおそらく存在しないのではないかと思います。
これを言うと、特にロジャース派の人は難色を示します。

「カウンセリングはクライエントを操作しないのが前提だ。クライエントのペースでしっかりと傾聴・共感していくことで、クライエントが自然と癒され、前を向いていくことがカウンセリングなんだ」と。

なるほど、もっともな説明です。

ところで、カウンセラーはどういう思いを持ってクライエントと向き合うのでしょうか。

多くのカウンセラーは「クライエントが幸せになってほしい。良くなってほしい」という思いを持って、カウンセリングに臨むのだと思います。となると、カウンセラーはその意図に沿って、カウンセリングを展開していくことになります。

例えば、頷きやおうむ返し、要約などの傾聴技法は、クライエントに話を進めさせることを意図して行われるものです。クライエントにとっては「聴いてくれるのがうれしくて」話を続けます。カウンセラーは「クライエントに話をしてほしくて」聴き続けます。
この時にクライエントが話をするようにカウンセラーが「操作」しているとも見ることができます。いくら傾聴してもクライエントが話してくれず、カウンセラーが無力感を感じた場合は、クライエントに話をさせようと操作することに失敗したからです。

また、カウンセラーが話を聴くときに、感情に焦点を当てたり、思考に焦点を当てたりしますが、これは自ずと「自分の感情や思考に向き合わざるを得ない」状況に導くことになります。クライエントはそこで自分と向き合い、それを乗り越えることで先に進めるのですが、これはカウンセラーの意図によって行われるものでもあります。たまたま偶然そこに行きつくことはまずありません。

カウンセラーが「今日のは良いカウンセリングだった。しっかりと話が聴けた」という場合、間違いなくクライエントを操作している面があると私は思っています。「カウンセラーが満足したカウンセリング」とは、「カウンセラーが意図した方向にクライエントが進んでくれたカウンセリング」である可能性が高いからです。

私たち人間は自分の意図した方向に進むと快や満足を得られるようにプログラミングされています。

ちなみに「失敗したカウンセリング」とはカウンセラーが意図した方向にクライエントが進まなかったために、カウンセラーが感じるものです。

カウンセリングとはクライエントとカウンセラーの人間関係が作り出すものです。当然、お互いに意図や操作的な要素というのはあって当然なはずです。それが織りなすことでカウンセリングは効果が発揮されるものだと思います。

私はクライエントを操作するカウンセラーが悪いとは全く思っていません。
むしろ、操作的な要素がカウンセリングにはつきものだからです。極端な話、アドバイスなしでクライエントを支援し続けるのは不可能な話です。不登校やうつ病のクライエントに対して、「こうしたらよくなると思うよ」「こういう要素があったから今しんどいんだよ」という助言をせずに関わり続けるのはまず無理だと私は考えています。この時に操作的な要素は必ずと言っていいほどあります。

私は「自分はクライエントを操作したことはない」と操作していることを自覚していないカウンセラーがいることに難色を示します。「カウンセラーはクライエントを操作している」ということを自覚していく必要があるのではないかと思うのです。
そのうえでクライエントに負担を与えない関わり方を考えていくのが大切ではないかと思うのです。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.07.01 Mon l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/230-e42d4de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味