【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

ネットや実生活を通して、「心理カウンセラーになりたい」と言う人とお会いすることが少なからずあります。また、すでにカウンセラーとしてご活躍中の方と関わる機会も増えました。

特に多いのは病院のカウンセラーやスクールカウンセラーでしょうか。

「将来はスクールカウンセラーになって不登校や悩んでいる子供を支援したい」という人も多くいます。

私は心理カウンセラーを目指すことは悪くはないことだと思います。
また、動機はどんなものでもいいだろうと思います。

ちなみに私の場合は、「カウンセラーとして開業すれば、老後の年金が入らなくても食っていける」という半ば(かなり?)邪な願望がカウンセラーを志した動機です(笑)。
悩みがあって、それで救われて人の痛みが分かったから、救いたいという理想があったわけではありません

そのため、将来は開業カウンセラーを視野に入れたキャリアプランを組んで、日々努力をしているだけです。
日々クライエントと向き合う中で、カウンセラーは痛い目をたくさん見て、成長します。中には要領よくクライエントに負担をかけず、上手にカウンセリングをすることができる人もいます。

心理カウンセラーになりたい人はぜひ目指していただけたらと思います。こんな私でもカウンセラーとして日々臨床と向き合うことはできますし、なってみて本当にやりがいのある仕事です。

しかし、心理カウンセラーの資格だけで食べていくことは本当に難しいです。また、大抵のカウンセラー資格では食っていくことはおろか、カウンセリングをする機会を得ることも難しいでしょう。

大学→指定大学院を修了して試験を受けてなることのできる臨床心理士でも常勤職はおろか食べていくことも困難です(大分改善されてきたみたいですが)。私の周りでも、アルバイトとカウンセリングの仕事を兼用している人もいました。ある程度経験が積めば、カウンセリングの機会を得られるようにはなりますが、それまでが非常に大変です。
私自身もカウンセリングの仕事に恵まれるようになったのはここ4~5年の間です。それまではコンビニの深夜バイトを兼用することもありました。また、カウンセリングの仕事を得るためにはプライドを捨ててしがみつくようなこともありました。

ちなみに、私は臨床心理士の資格を持っていますが、それでもこうした現状がカウンセリング業界にはあることを知っていただけたらと思います。

さらに、カウンセラーは日々勉強です。いろんな価値観、気質、境遇の方とお会いします。その方のカウンセリングをしていくためにはその人を理解するための知識が必要不可欠です。
「こういうタイプの人はこうなりやすいけど、この人はどうなのか」という視点で考えていくのですが、そのためには「こういうタイプの人」に関する知識を持っていないといけません。
また、精神疾患、発達障害、引きこもり、不登校、精神科の薬、学校教育法、精神障害者福祉法、DV法、パワハラ、生活保護、メンタルヘルス、日本の風土、若者文化、高齢者の文化、などなど多くの知識を持っている必要があります。
まあ大体現場の中にいれば、関わる機会も多いため、その都度勉強するような感じでしょうか。クライエントと会う度に勉強していけばある程度の知識はついてくるだろうと思います。
(しかし、かなり膨大な勉強が必要です)

そして、かなり精神的にダメージを負う仕事でもあります。会う度に良くなっていくクライエントであれば本当に楽しいのですが、日に日に悪化したり、改善しないクライエントと会い続けることもあります。そんな時に「私のカウンセリングを受けなかった方が幸せだったのではないか」と無力感で苦しむ日もあります。そしてばたっと来なくなってしまうと、「あの関わり方が逆に苦しめたのではないか」と非常に落ち込みます。

それでも、私のカウンセリングでクライエントが良くなっていくのを見たとき、例えば不登校の子供が学校に行きだしたり、自己嫌悪の状態から自分を責めなくなってその人らしい人生を歩めている姿を見たとき、「カウンセラーでよかった」と心から感じます。そうしたクライエント達に支えられて、今日も頑張って臨床をしているのではないかと思うのです。

心理カウンセラーになりたい方はぜひその道を歩んでみてください。
茨の道だし、報われない日も多いですが、それでも不思議とやりがいの多い仕事です。
私の場合は臨床が人生のような感じです。
「カウンセラーでよかった」と日々実感している今日この頃です。

それでもカウンセラーになりたい方へ。
臨床心理士までは時間がないという方は、メンタル総合心理W資格講座での資格取得がおすすめです。
幅広く実践的なカウンセリングスキルを通信で学ぶことができるので、仕事や育児の合間に取得することができます。



メンタル総合心理W資格取得講座の申し込み・資料請求はこちら


カウンセラーを目指したい方はコチラも記事もお勧めです

心理カウンセラーを目指そう!!資格と仕事ガイド
心理カウンセラーになるにはどの学校へ行けばいいか
資格を取ってすぐにカウンセリングルームを開業しない方がいい理由とは?
臨床心理士の収入と仕事の状況について―カウンセラーの現実
心理カウンセラー 辛い やりがい
カウンセラーになるために必要なこと
簡単にカウンセラーになる方法
カウンセラーの仕事はなかなか見つからない
心理カウンセラーの就職状況と就職率
臨床心理士の資格の難易度



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
2013.07.06 Sat l カウンセラーになりたい人へ l コメント (1) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント

貴重な体験談と有益なアドヴァイス、大変参考になりました。
「初心忘れずべからず」ですネv-218
2013.07.07 Sun l 唯井 遡. URL l 編集

 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/233-21e2c58e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味