【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

昨日、須山先生のリアリティセラピー基礎講座のオブザーバーに行ってきました。

同じシニアインストラクターでもリアリティセラピーの出し方、表現の仕方がこうも違うのかと毎回驚きます。

また、インストラクターによって相性の合う合わないも当然あり、そこが非常に面白いところでもあります。
もちろん、私に対しても「運命を感じたかのように合う」と言う人と、「生理的に合わない。受け付けない」と思ってしまう人は当然います。

この辺り、選択理論も万能ではないんだなと思うと、少しホッとしたような、残念なような複雑な心境です。しかし、人には「合うか合わないか選ぶ権利」というのは当然ありますし、「このやり方だと必ず万人受けするはず」という考え方は即外的コントロールに繋がってしまう危険があります。

やはり人間、多少嫌われるくらいがちょうどいいです。そして失敗を重ねて受け入れて、認めてと言うのがやはり人間らしいのではないかと思います。


さて、須山先生の話はすごいですね。引き込まれてしまいます。
特にすごいのは肝心なところをさりげなく話すところです。私たちは気づいたらいつのまにかその言葉をメモしていました。
「肝心なところは言うけれどそれを受け取るかどうかはあなたの選択だよ」というメッセージが込められているかのようです。まさに選択理論的な生き方だと感動しました。

さらに須山先生はリアリティセラピーを「ワザの世界」と言っています。
これは私は非常にわかります。カウンセリングやセラピーや知識や知恵だけの世界ではありません。
いかにして相手の願望を聴き出し、自分ができることを提示し、お互い協力して相手の困りごとを解決していくか。
これはまさしく「ワザ」の世界です。何度も練習し、研鑽を深め、そして見直しや工夫を重ねて身につけて行くものだと思います。

最初は知識の繰り返しから入り、何度も経験を重ねていく内に、身体が勝手にしみついているようになっている。つまり、生きるため「ワザ」として身に着くようになっている。

世の啓発本は大抵「読んだらすぐに○○できる」というようなタイトルが多いです。
しかし、実際はその本に書かれていることを一心不乱に取り組んでみて初めて身に着くものが多いのです。

武術にも詳しい須山先生は「いろんな流派があるが、リアリティセラピーと言う流派を学び、それを身につけていくよう研鑽を続けて、幸せな人生を歩んでほしい」と話されていました。

ロジャースや精神分析、認知行動療法など多くの流派があるが、リアリティセラピーという流派を学んでいるという例えは非常にユニークで腑に落ちました。非常に学びの濃かった一日でした。

またオブザーバー参加したいと思っています。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.07.16 Tue l リアリティセラピー l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/239-e8317be4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味