【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

毎日、暑い日が続きますね。
夏と言えば、「怖い話」が定番ですが、皆さんは平気ですか?
私はお化け屋敷は絶対無理ですが、怖い話は割と大丈夫です。

今回はカウンセリングにまつわる怖い話です。

カウンセリングをしていると「幽霊を見た」「金縛りにあった」など、心霊にまつわる相談を受けることが時々あります。特に中学校でスクールカウンセラーをしていてこのタイプの相談はいくつか受けました。

中には怖さで震えている人もいました。

カウンセラーは幽霊の相談のアドバイスをすることはできませんが、「怖いものを見てそれから何も手につかない」といった類の相談であれば対処することは可能です。
(憑りつかれている場合は別ですが)

「怖いものを見てどうしようもない」という場合はトラウマの治療をすることで改善する場合があります。
それで良くなったというケースはいくつか経験しました。

実際の幽霊に関する相談はお坊さんやお祓いの人にするのが一番です。
(信頼できる人というのが前提ですが)
しかし、その人の当時の怖さを和らげることはカウンセリングではある程度可能です。そうなれば、お坊さんに相談できる選択肢を検討する余裕も出てきます。

カウンセラーの中で、「幽霊を見た」というクライエントの話を聴いて「それはないだろう」と疑わないで頂きたいと思います。
(いないとは思いますが・・・)
実際、発達障害の人や、思春期の子供、ある地域の人では、幽霊が見えることはとても多いのです。
その時の怖さやつらさをしっかりと感じてあげてほしいと思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 教育ブログ スクールカウンセラーへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト
2013.07.28 Sun l カウンセリング考察 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/246-5ad57d82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味