【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

私は自由の欲求が高いため、どうしても日頃の人間関係が希薄になりがちです。
特にカウンセラーとしてフリーで働いてからは、付き合いも限定的になってしまい、非常に友人との付き合いが減少してきました。ちなみに今週は家族以外との人付き合いはほとんどありませんでしたが、それでもあまり気にしません(愛と所属欲求が強い人から見れば信じられないかもしれません)。

私の場合は「人と長時間いると苦痛を感じてしまう」ところがあるため、自分の時間を優先するために人付き合いを極力しないようにしてしまうところがあるのです。

まあ、気質によるものだから仕方がないというところもあるのですが、やはりできるだけ人付き合いや人間関係に気を使うことは大切だろうと思います。

特に私のように人付き合いをさほど必要としない気質を持っている人ほど、意識して取り組まないといけないだろうと思います。自分のペースと他人のペースとのメリハリを持っておかないと、「自分がどうしたいのか」混乱してしまうのも自由の欲求が強い人の特徴です。なので、できるだけ意識して不自由な時間を持っておく必要もあるかと思います。また、人一倍、周囲の意見に耳を傾けるよう努力することも必要になります。マイペースにしたがるのが自由の欲求の強い人の特徴なので。

また、日頃の人間関係に気を配っておくように意識することも大切ですね。
外的コントロール防ぐ一番の方法は、普段の人間関係をいかに良好にしておくかに限ります。相手が好きそうなものや嫌なもの、地雷となるものをあらかじめリサーチしておいたり、自分から相手の欲求を満たすお手伝いを積極的にしておくなどの配慮はとても大切です。

できれば、子供のころに「相手を思いやる」というのは教えておいた方が良いです。日本人は自然と「相手を思いやる」というのが育つ集団文化なのですが、近年の生活スタイルや遊びの変化によって、難しくなりつつあります。結果として、相手への思いやりが欠けた子供たちが増えるという結果になるのです。そういった子供たちへに「人間関係の配慮の仕方」をなるべく体験として教えておくのは大人としての責務だと思います。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
2013.08.16 Fri l 人間関係 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/256-86f97c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味