【スポンサードリンク】
  



こんにちは。
今回は私が日頃お勧めしている書籍の案内です。

神田橋條治という精神科医の先生が書かれた本で、「精神科養生のコツ」というタイトルの本です。



ブログには改訂版の方を載せています。

この本は神田橋先生が日々の精神科治療を実践していく中で、患者さんがメンタルヘルスを維持していくのにとても有効だと思えたものをまとめたものです。

それは一人でできる整体やオーリングテスト、気功、漢方、しょうが紅茶など結構ユニークなものばかりですが、実際に試してみると体が軽くなったり、気持ちが晴れやかになっていきます。またすぐに実践できるように詳しく書かれています。

そのコツの中で一番の要点とされているのが、それを試して行くうえで「気持ちがいい」と思えるかどうかが大切であるということです。よくテレビで「これは体やストレスにいい」と言われて試してみたものの、かなり不味かった、やってみて気持ちが悪くなったという経験をされたかたは多いと思います。
例えば、よく眠れるからときいてアロマテラピーをしたところ、匂いがきつくて逆に眠れなかったという経験をされたかたは結構いるんじゃないかと思います。

この本ではその時に気持ちが悪いと感じたらすぐに中断することが大切であると書かれています。逆に気持ちがいいと思えたものは体や心の健康にいいということです。例えば、漢方薬は体の調子が悪い時はおいしく感じますが、だんだんと調子が良くなるにつれて不味く感じてきます。

この「気持ちがいい」を核として、私たちが日頃どういうことをすれば心身を健康にできるかがこの本では簡潔にわかりやすくまとめられています。

このストレス社会、私たちはいつでもストレスにやられやすい環境にいます。
一度手に取ってみてはいかがでしょうか?


関連記事
スポンサーサイト
2011.11.28 Mon l 精神科臨床 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/26-b1df5aa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味