【スポンサードリンク】
  



昨日、カウンセラーになりたいという学生と話をする機会がありました。

カウンセリングのやり方や現状、なりかたや最短ルート、今やっておくべきことなど、余すことなくお話しました。

こういう機会が少しずつ増えては来るのですが、多くの学生さんは「大学の先生はこんな話をしてくれない」と言ってくれます。大学の先生のほとんどは研究者が多く、現場の実践の話はあまりしません。開業している人と比べると、カウンセリングの実力や経験は雲泥の差があることが多いです。

カウンセラーになりたいという人は、ぜひ臨床心理士を取った方がいいです。

もちろん国家資格ではありませんし、臨床心理士を持っている人が優秀なカウンセラーという保証はありません。
臨床心理士よりも有能な非臨床心理士カウンセラーもたくさんいます。

臨床心理士=優秀なカウンセラーではないのです。

臨床心理士を取得したら有能なカウンセラーになれるというわけではありません。これは看護師の資格を取ればすぐに優秀な看護師になれるというわけではないのと同じことです。


しかし、臨床心理士の資格を取得するとカウンセリングをする機会は他のカウンセラー資格よりも断然多くなります。
これは断言できます。

例えば、有名どころでいえば産業カウンセラーと臨床心理士。
臨床心理士の方が産業・病院・学校・福祉施設など働く場所は産業カウンセラーよりも多いです。
その分、カウンセリングの機会は十分多く、カウンセラーとしてのスキルアップにつながる機会は他のカウンセラー資格よりも恵まれています。カウンセラーのスキルを上げるには勉強もですが、なんといっても現場でのカウンセリング経験を積むことです。


よく民間カウンセラー資格を取ってすぐに開業をする人がいます。
開業すること自体は実はカウンセラー資格がなくてもできます。
国家資格のカウンセラー資格はありませんから。

ただ、開業する場合はそれに伴う危険は覚悟しておいた方が良いです。
例えば、死にたいという人が来て、あなたのカウンセリングが原因で自殺してしまった場合、訴えられる可能性があります。学校や病院、企業などの組織はまだ守ってもらえます。自殺者やカウンセリングでトラブルが起こったとしても、まだ守ってくれます。

しかし、開業の場合はそういうわけには行けません。カウンセリングでトラブルが起これば誰も守ってくれず、すぐに廃業に追い込まれてしまうこともあります。下手なカウンセリングをするば、どんどんクライエントが悪化していくこともあり得ます。これはメンタル的にかなりつらいです。また、「カウンセラーのせいでこうなった」と逆に言ってくる人もいます。これで臨床心理士やカウンセラーをやめる人もいます。

これらはどんなベテランのカウンセラーでも起こりうることです。
逆に「私はこういう経験をしたことがない」というカウンセラーはカウンセリング自体の経験があまりないか、そういう修羅場を経験したことがないんだろうと思います。別にカウンセリングが上手いからではありません。

できればこうした状況に対処できるぐらいのスキルや経験、心の強さを持ってから開業した方が良いでしょう。
そのためには最低5~10年は現場で経験を積んでからの方が良いと私は思います。

臨床心理士の資格とはその機会を得るための最短の手段である私は思っています。

もし、臨床心理士の実情や現状、実際に起こった経験など、興味のある方や詳しく知りたい方はどうぞ選択理論尼崎支部の研究会にお越しください。余すことなくお話をさせていただきます。


↑カウンセラーを目指したい方はぜひご一読を。カウンセラーの資格の種類や現場、取得の仕方など幅広く書かれています。

カウンセラーに国家資格はないけど資格によって生じる格差
臨床心理士になるには―大学と大学院の選び方
臨床心理士の収入と仕事の状況について―カウンセラーの現実
資格を取ってすぐにカウンセリングルームを開業しない方がいい理由とは?



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ


関連記事
スポンサーサイト
2013.08.29 Thu l カウンセラーになりたい人へ l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/261-45437246
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味