【スポンサードリンク】
  



心理カウンセラーの田中勝悟です。

今回の記事は露木さんのこちらの記事に触発されました。
師匠を持たないカウンセラーさん

ちょっと偉そうなことを書きます。
こんなことをいうのもあれですが、私はカウンセリングはまあ自信がある方です。

「とりわけできる」というわけではないですが、5年以上もこの業界にいる辺り、まあできる方なんじゃないかと思います。
(もちろん、できないけれどもずっとこの業界にいる人もたくさんいますが・・・)

自信があるというのは、どこをどういうう風に聴いて、どう介入して、どう言葉を返せばいいのかが、ある程度感覚的につかめているということです。
もしクライエントが「私は生きている価値がないんです」と言われれば、その時の雰囲気や様子に応じて、質問するのか、じっと待つか、それともアドバイスや励ましをするか(ほとんどないですが)、「大丈夫?」と声掛けするのか、どれがいいか大体わかります。頭ではなく、感覚的に「これがいいかな?」と自然と身体が動く感じですかね。

カウンセリングの流れというのを自分の中で構築して、自分なりのスタイルをすでに出来上がっています。
それがある程度、感覚的に理解できているからこそ、臆せずにカウンセリングをすることができます。


これができるようになったのは、何と言っても師匠の存在がとても大きいです。

私自身、才能があったからではありません。

むしろ、カウンセリングの才能なんてほとんどなかったと思いますし、師匠に出会わなければカウンセラーの道はとっくの昔に諦めていたでしょう。

師匠は私のカウンセリングの癖や悪いところを指摘するのではなく、「こういう風に聴いたらいい」とポイントを一つ一つしっかりと教えてくださいました。また自分なりに発見したことを話すとしっかりと耳を傾けてくれ、意見やアドバイスをくれます。

この姿勢は大分私のカウンセリングに影響を与えていますね。
今思うと、一つのリードマネジメント、リアリティセラピーを常に受けていたのだろうと思います。

非常に良い師匠に出会えたなあと心から感じています。
自分と合わない人や経験不足の人に師事してしまうと行き詰ってしまいます。
合わないのに、それ以外の方法がわからず、ずっと合わないやり方を貫き通そうとしてしまいます。その分ストレスがたまってしまい、カウンセリングも柔軟性がなくなってしまうことにも繋がりかねません。

私は幸運にも良い師匠に巡り合えました。
カウンセラーを目指す人は、師匠選び、かなり大切だと思います。

そんな師匠である里見靖子先生が講師をしている日本選択理論心理学会 尼崎研究会は毎月第3土曜日の夜18:30~武庫之荘のトレピエで行っています。よろしければ、ぜひお越しください。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013.08.31 Sat l カウンセラーになりたい人へ l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/262-1c50878e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味