【スポンサードリンク】
  



最近、朝30分くらい近くの公園で軽く運動をするのが日課になっています。

私は学生時代、少林寺拳法をやっていて(今は仕事の都合でなかなかできませんが)、朝に突きや蹴りの練習をします。
基本はゆっくりと身体を動かすのですが、これが非常に気持ちいいのです。

運動というとジョギングやウォーキングなど、身体を思いっきり動かして汗を流すイメージがありますが、身体をゆっくりと動かすだけでも十分効果があります。
身体に語りかけるような感じで「この動きはしっくりくるな」「いや身体がずれたなあ」という感じで突き蹴りの練習をします。その中で自分の体がぴったりとくるような動きができることがあります。

そういう形で身体に語りかけながらゆっくり動かすだけでも、汗が噴き出てきて非常にスッキリします。また、こうした運動をすると感覚が鋭くなるため、カウンセリングもいつも以上にクライエントの気持ちに寄り添うことができるようになります。

さらに言えば、体力を使わないので、近年運動不足で困っている方にもおすすめです。

私の場合は少林寺拳法ですが、太極拳やヨガなどゆっくりと身体に語りかけながらゆっくりとした動きのスポーツは非常にストレス解消、リラックス効果、感情コントロールの練習に非常にいいだろうと思います。コツはいかに自分の感覚や体の状態に注意を向けて、「ぴったり」くる感覚を探すように動かしていくだろうと思います。

これができるようになると、非常に感覚に敏感になり、自分の身体の状態の変化に気づくことができるようになります。



↓ワンポチしてくれると嬉しいです。
カウンセラーブログランキングにほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
関連記事
スポンサーサイト
2013.09.29 Sun l その他 l コメント (0) トラックバック (0) l top
【スポンサードリンク】

コメント


 

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://counselornotubuyaki.blog.fc2.com/tb.php/273-c9639133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アンチエイジングの意味